馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

ヴィクトリアマイル 全頭解説 今日のレース5/15(日)

さて、ヴィクトリアマイルですね。

ヴィクトリアマイル~G1スペシャルvol.1~出走馬確定 - 馬券生活✩競馬で生きていく

ヴィクトリアマイル~G1スペシャルvol.2~偏差値確定 - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

 前日予想は

明日の厳選軸馬&9R以降偏差値表 5/15(日) - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

重賞の表や偏差値の見方は

重賞予想偏差値表~詳細編~+外厩 - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

馬券生活 公式買い目とは

重賞予想~偏差値で衝撃のトータル回収率335.7%! - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

 

ヴィクトリアマイル(G1) 東京 2016年5月15日(日)

f:id:onix-oniku:20160514190707p:plain

 [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

3連複

①→⑦⑩⑪⑫⑮

⑦→①⑩⑪⑫⑮

⑩→①⑦⑪⑫⑮

この買い目から重複を除いた計19点が、公式買い目です。

 

 

  [ 全頭解説 ] ✩5段階評価(最大✩✩✩✩✩)

 

偏差値18位 ⑧メイショウマンボ 23.2 ✩

おそらくこの偏差値は、いろいろ各馬のポイントがあるのですが、ほとんど上乗せがない状態ですね。もしかしたら今までの最低偏差値かもしれません。

残念ながらG1馬ですが、買える材料は一つもありません。

 

 

17位 ⑱ショウナンアデラ 35 ✩

2歳女王ですが、さすがに1年以上の休養明けとなると「外厩」も関係ないでしょう。

少しだけ人気してるみたいですが、このブログ的には全く買えない馬です。

 

 

16位 ⑰トーセンビクトリー 40.8 ✩✩

ローズS3着、秋華賞0.5秒差の8着。

実はそんなに上位とは能力差があるわけではないかもしれません。

ただ「追切」「外厩」ともに無印なのがマイナスです。

ショウナンアデラよりは遥かに買い材料はあると思いますが。

 

 

14位 ⑤レッドリヴェール 43.8 ✩

ハープスターと接戦していたのは昔の栄光ですね。

昨年のこのレースは0.5秒差の4着でした。

前走は馬体重+16kgでしたので、今回は馬体を絞ってこないと好走は難しいでしょう。

今回はブリンカーをつけてきたのですね。 

 

 

14位 ⑯シュンドルボン 43.8 ✩✩+

エリザベス女王杯が0.2秒差の7着。

前走はルージュバックを敗っての中山牝馬S1着。

確かに面白いと思います。

ただし、騎手が「吉田豊」騎手レベルEです。さすがにこの豪華騎手メンバーに入ったら見劣りするでしょう。馬は良いのですが。

 

 

13位 ⑭ウキヨノカゼ 46.7 ✩

スプリンターズS3着ですね。

やはり1600mの距離に疑問符がつきます。

前走は馬体重が休養明けを叩かれても減らず490kg。

スプリンターズSの好走時が478kgなので、今回は馬体重が絞れないと厳しいでしょう。

 

 

12位 ③シャルール 48.2 ✩✩✩

いよいよここからC判定のゾーンですね。

実はこの馬は穴候補にしていました。

ただマイナス点は、「追切」「外厩」ともに無印です。

前走の福島牝馬S2着の時と比べても追切の状態は落ちています。

「横山典」+「関西馬」というのは爆発パターンなのですが。

 

 

9位 ④ウリウリ 49.7 ✩✩

最近は1200m1400m路線だったのですが、ひさびさのマイルへ。

マイルは京都牝馬Sを勝っているので問題はなさそうです。

「藤原英」「ノーザンFしがらき」と非常に恵まれています。

 

普通なら自信を持って穴馬に推したいのですが、

騎手が「三浦皇」。

今年の成績は2-7-4-93(芝のみ) 複勝率12.3%

このブログでも重賞で彼が騎乗した馬はまだ馬券に絡んだ事がありません(SやA判定にも多く騎乗)

 

馬は本当に魅力的です。穴を開ける要素は満載です。

私は買いませんが、もしこの馬を買ってダメだった場合は全て騎手のせいです。

 

 

9位 ⑥マジックタイム 49.7 ✩✩✩+

前走はロゴタイプ、サトノアラジン相手にダービー卿CT1着。

確実に力をつけています。

「ボウマン」「ノーザンF天栄」と関東馬の好走パターンに入っています。

買える材料ばかりになりますね。

 

ただし、脚質的に差し馬。

今回上がり能力が高いのは⑩⑮⑫と3頭います。

前に行ける有力馬も沢山いるので、展開的にどうなのでしょうか。

先行しても、この馬の先行能力は秀でたものはないですし、上がり勝負だとしても前述の⑩⑮⑫の3頭にはおよびません。

 

安定性はあるのですが、爆発力はないタイプです。

現在単勝5番人気(11:11現在)

 

ごめんなさい、この人気ならほかに買うべき馬は沢山います。

関東馬なので実力以上の過剰人気になっている可能性もあります。

私は買いません。

 

 

9位 ⑬ストレイトガール 49.7 ✩✩+

このレースは過去3着、1着。スプリンターズSも1着です。

もっと人気になると思っていたのですが、単勝7番人気(11:17現在)。

 

どちらかというと人気になって消えて欲しいと思っていたのですが。

やはり昨年制した時は「外厩」を使っていましたが、今回は使っていません。

「追切」も無印ですね。

正直、昨年よりも今年のメンバーは1枚も2枚も分厚くなっていると思います。

上位の分厚い層は破れないと私は見ます。

やはり、この馬よりも他に買うべき馬は沢山います。

 

 

8位 ⑨カフェブリリアント 52.6 ✩✩✩✩

いよいよここからB判定のゾーンに入ります。

前走の阪神牝馬Sは0.2秒差の4着。その時の上位3頭と差があるわけではありません。

 

今回は中4週で外厩「栗山育成牧場」これはプラスですね。

「堀」「栗山育成牧場」の相性は 2-1-2-12(芝のみ) 複勝率29.4%

やはり堀厩舎の場合は「ノーザンFしがらき」複勝率43.9% がメインではあるのですが。

 

鞍上が「福永」。この騎手は牝馬と短距離はご褒美か、というくらい好走します。

特にこういう人気の時は、前半は無理に力を使わず、ラストにかけて3着を狙う、という騎乗をします。

 

この単勝14番人気(11:33現在)なら買わない手はありません。

絶対に抑えたほうが良いです。

偏差値8位なので「公式買い目」からは漏れているので、チャレンジではぜひ抑えましょう。メリットだらけです。

 

 

7位 ②スマートレイアー 55.6 ✩✩✩✩+

東京新聞杯で突然の逃げに出て、好走。現在1600mを2連勝中です。

以前は直線の長いコースで差し脚を活かすという馬だったのですが、変わりましたね。

連勝中の牝馬にはあまり逆らわない方がいいという事も聞きますが・・・

 

偏差値7位なので「公式買い目」から漏れています。

本命にする、というタイプではないのですが、抑えは当然必要です。

買い目に入れましょう。

 

 

6位 ⑪レッツゴードンキ 57 ✩✩✩✩

桜花賞馬です。レベルが低かったとも言われますが、マイルCSはモーリスに0.5秒差の6着。意外に侮れません。

今回は「追切◎」+「吉澤S-WEST」。

ある意味、ストレイトガールとは真逆ですね。良いと思います。

 

やはりこの「ヴィクトリアマイル」というレースは前に行った馬が穴を開けます。

前で穴を開けるのはこの馬かウインプリメーラのどちらかでしょう。

ヒモにはぜひ加えるべきです。消すのはもったいないです。

 

 

4位 ⑫クイーンズリング 60 ✩✩✩✩✩

ここからA判定のゾーンです。

1400mフィリーズR、京都牝馬S1着

2200mエリザベス女王杯8着、2400mオークス9着

 

あきらかに2000m以上の距離よりも、今回の1600mが向いている馬です。

「追切〇」外厩は「社台F山元TC」。完全にこのレースを狙って来ています。

休養明けうんぬんがよく言われますが、もうそういう時代ではありません。

 

前走から中11週で、外厩で仕上げ、さらに厩舎でしっかり追切をかけた。

理想的なローテーションとも言えます。

 

「吉村圭」と「社台F山元TC」の相性は 2-1-1-6(芝のみ) 複勝率40%

悪くないですね。

鞍上は「ミルコ」です。4歳馬ですし、マイナス面が一切ありませんね。

 

偏差値が1位にならなかったのは、「吉村圭」厩舎レベルがCだからでしょう。

しかし、外厩を使い、追切も上々。

実は本命はこの馬かなと思っています。

マイルなら⑩や⑮よりも適性はピッタリ合うでしょう。 

 

 

4位 ⑮ショウナンパンドラ 60 ✩✩✩✩+

JC馬です。確かに牝馬同士なら力は抜けているのでしょう。

しかし偏差値1位にはなりませんでした。距離適性が合わないのか。もっと良い馬が他にいるのか。難しいところです。

 

やはり、1600mが合わず、謎の凡走というのも考えられます。

偏差値が同じであれば、こちらよりも⑫をマイル適正の差で上にしたいと思います。

 

あと、前走で馬体重+14kgの456kgでした。これは生涯最高体重です。

前走は3着とはいえ、今回はG1。当日の馬体重が前走よりもさらに増えていたら消しでしょう。ある程度馬体重が減っていないとマイナス要因ですね。

 

 

1位 ①ウインプリメーラ 61.5 ✩✩✩✩+

今年は1600m以下の距離を使われ1着、3着、3着。

阪神牝馬Sは3着でしたが0.1秒差。

そんなに1着スマートレイアーや2着ミッキークイーンと差があるのでしょうか・・・?

 

はい、偏差値1位です。

②や⑩と差はありませんでした。

むしろ②とは偏差値で逆転しています。

中4週で外厩使いも良いですね。

 

「大久龍」と「吉澤S-WEST」の相性は5-4-3-18(芝のみ) 複勝率40.0%

こちらも良いですね。

人気を考えるとこの馬を買わないのは、寿司屋に行って寿司を食べないくらい、有り得ない行為です。

 

もちろん実力的に少し劣るのはわかります。

しかし、馬券からは絶対に消さない方が良い馬なのは間違いありません。

 

 

1位 ⑦ルージュバック 61.5 ✩✩✩✩

この馬が偏差値1位になるとは思いませんでした。

「騎手」と「外厩」のプラスも大きいのでしょうね。

1600m桜花賞9着

2200mエリザベス女王杯4着2400mオークス2着

 

実は⑩や⑮よりも、この馬の方がマイル適正は疑問ではないのでしょうか。

単勝4番人気(12:50現在)

もう少し人気がなかったら、狙ってもいいのでしょうが・・・

どうもこの馬には潜在的な人気があるようです。

 

「関東馬」なので、年々先細りになっていきます。

牝馬限定戦なら、エリザベス女王杯のほうが合っていると思います。

評価は、上位より1枚劣るという事で✩4つにします。

 

 

1位 ⑩ミッキークイーン 61.5 ✩✩✩✩✩

前走の阪神牝馬Sで2着とマイルに適性をみせました。

もともと1600mのクイーンCを2着しているので大丈夫なのかもしれません。

 

2400mのオークスでは1着でしたがこちらは牝馬限定戦。

同じ2400mのJCでは8着と差をつけられました。

もしかしたらこの馬のベストは1600~2000mの可能性もあります。

 

浜中騎手が故障明けでうんぬん言われていますが、もしダメそうなら今回は騎乗しないはずです。

ミルコやルメールが通年騎乗してますから、お手馬をいつ失ってもおかしくない状態です。

ここはベストとはいかなくてもキチンと最低限の騎乗はしてくれるはずです。

 

ショウナンパンドラと比べると、脚はこちらがやや短め。

1600mなら ミッキークイーン>ショウナンパンドラの序列でしょう。

 

軸は⑩か⑫のどちらかでしょう。

 

 

正直、ここまでの大混戦は見たことがありません。

偏差値1位が3頭並んでいます。

S判定がいなく、AからB判定も8頭ひしめいています。

C判定も4頭いて、どこからも入れそうですね。

 

今日は全頭の解説と、チャレンジで公式とは別に3連複の買い目を出して行きたいと思います。

 

最終チャレンジ買い目は馬体重が発表される、レース1時間前を過ぎて発表します。

 

 [ チャレンジ3連複最終買い目 ]

ショウナンパンドラは馬体重-10kgの446kgと絞ってきましたね。

これは実力を発揮できる状態です。

 

レッドリヴェールとウキヨノカゼはともに-6kgとまあまあの状態ですね。

 

クイーンズリングは+10kgの460kg。

あれだけ調教をやってきて馬体重を増やしてきました。

秋華賞2着時が458kg。今回はマイルですしパワーアップを図った上での馬体重増ですね。

これは良いです。こちらを本命にします。

 

3連複

⑫→①②⑨⑩⑮の10点です。

これをチャレンジ最終買い目とします。

 

ルージュバックは偏差値1位ですが、マイルへの対応力の面で削りました。

レッツゴードンキは公式買い目で拾っているので、こちらでは買いませんでした。

そのかわり、カフェブリリアントとスマートレイアーを拾いました。

 

馬券生活 公式買い目の3連複19点って、

①⑦⑩⑪⑫⑮の3連複BOX20点から

⑪⑫⑮の買い目1点を抜いたものなんですね。

 

ちなみに3連複⑪⑫⑮のオッズが300倍以上ついています。

これが来たらものすごくイヤですね。

 

3連複⑪⑫⑮の1点を、チャレンジ買い目に追加します。

 

※チャレンジ最終買い目

3連複⑫→①②⑨⑩⑮の10点。

3連複⑪⑫⑮の1点。

 

合わせて計11点とします。

 

⑬→⑩→⑮で決着。

⑬は圧勝でしたね。馬券的には完敗です。

2~4着は人気馬が順当に来ましたね。

 

⑬は消したので、どうやっても取れませんでした。残念です・・・

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング