馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

関屋記念 エルムS 偏差値的重賞回顧

先週おこなわれた2つの重賞を振り返っていきたいと思います。

 

まずはこちらから

 

関屋記念(G3) 新潟芝1600m 2016年8月14日(日)

f:id:onix-oniku:20160813185744p:plain

 スポンサーリンク

 

外厩データはJRDV.sp

f:id:onix-oniku:20160815154613p:plain

偏差値2位→8位→1位での決着でした!

 

それでは着順ごとに「全頭徹底解説」から振り返ってみましょう。

レース当日の予想はこちら

関屋記念 重賞偏差値予想 偏差値確定! - 馬券生活✩競馬で生きていく


    1着 ヤングマンパワー

 

⑰ヤングマンパワー 偏差値2位 ★★★★+

戸崎圭騎乗時(1-0-0-0) 「戸崎圭」騎乗は前走の1600万下のみ。相性は良さそう。重賞はアーリントンC1着と、関屋記念、京成杯AH3着がある。昨年のこのレースは9番人気3着だが、今年も順調にきている。厩舎外厩の相性は33.3%非常に良し

「戸崎圭」「手塚」「ノーザンF天栄」

出走中最高の組合せ展開★あり。マジックタイムには劣るが2番手として評価したい。アクシデントがなければ確実に好走できそう。

 

  2着 ダノンリバティ

 

⑫ダノンリバティ 偏差値8位 ★★★

松若風騎乗時(1-0-0-2) 武豊(S)→松若風(D)乗り替わり。乗り替わりは大マイナス。重賞は毎日杯2着。あとダートの重賞で好走あり。芝はOP特別なら良さそうだが、重賞は厳しいか。「追切◎」。騎手面のマイナス以外は面白そう。ヒモで。

 

  3着 マジックタイム

 

⑦マジックタイム 偏差値1位 ★★★★★

ルメール騎乗時(初騎乗) ボウマン(A)→ルメール(S)乗り替わり。乗り替わりはプラス。重賞はダービー卿CT1着と、クイーンC、京都牝馬S2着がある。前走はG1のヴィクトリアMだったので6着だったが、G3は過去3戦して全て3着以内に好走。ここはかなり面白そう。厩舎外厩の相性は52.9%非常に良し

「ルメール」「中川」「ノーザンF天栄」

いかにも好走できる組合せ。追切展開とも印あり「厳選軸馬」に該当しました!マイナス要素が一切なし。3着以内という事を考えると1番の評価。軸として最適

 


    以上がレース当日の全頭徹底解説からでした。

 

このレースを予想する上で私は2つのポイントを重要視していました。

 

 ①マジックタイムの軸は堅い

やはり偏差値1位(しかも2位とやや離れた数値)で、全ての面で安定。おまけに「厳選軸馬」にも選ばれていました。鞍上のルメール騎手はどちらかというと、1着で勝ちきるよりも安定して3着以内(馬券圏内)にもってくるタイプでしょう。今回も3連複の軸として最適だと考えていました。

 

 ②フルゲートなので1頭は人気薄が絡む

やはり今回は18頭立てのフルゲート。おまけに猛暑で牝馬の出走も多かったです。その馬の履歴も考えて偏差値だけではカバーできない穴馬まで考えておくべきだと考えていました。

 

 

結果として①はまさにその通りでしたね。道中はやや後ろの位置で、直線も追い出しが遅れた部分もあり届くかは微妙なトコでしたが、最後の猛追でキッチリ3着は確保しました。やはり重賞で偏差値72.8のS判定は安定感が違いました。安心して馬券の軸にできますね。

 

ただし2着は、偏差値8位のダノンリバティでした。この馬は7番人気だったので、まあ穴馬とはいえるでしょう。8位だったので公式買い目からは漏れてしまうという微妙な順位でしたね。

穴に挙げたダンスアミーガ(14番人気)が4着だったので、私としてはダノンリバティと入れ替わってくれれば・・・という思いは少し感じてしまいました。

 

そして勝ったのは戸崎騎手騎乗のヤングマンパワーでした!本当に戸崎騎手は重賞で安定しています。そしてキッチリ勝ちきる事も多いですね。彼の騎乗馬は本当に安心して馬券を購入する事ができます。

 

マジックタイムとヤングマンパワーを2頭軸にされて馬券を購入された方も多かったのではないでしょうか。そこからB判定までの6頭に流せば、結果的に3連複53.4倍を6点で的中できたことになります。

 

ある程度偏差値の優位性を示すことができたレースだったと思います。

 

あと今後への注目として2頭


クラリティスカイ

この馬は偏差値3位でした。けっこうこのブログでも高偏差値になる事が多い馬なのですが、今回は8着とイマイチな結果に終わりました。今までも人気時は好走するのですが、今回は8番人気と人気通りの着順でした。人気がない時は評価を下げても良い感じですね。

 

ラングレー

今回は6着でした。善戦したと言っても良いのでしょうが、結局これで重賞は9戦して全て3着以内なしを続けています。当日も6番人気と微妙な人気でした。これはもしかしたら重賞だとずっと消していってもいいかもしれません。大切な買い目をこの馬に費やすのはもったいないかもしれないですね。


 

あと、穴でダンスアミーガ(14番人気)を推せた理由としては、この馬は前走の中京記念で16番人気で4着と激走しました。そして今レースで、中京記念2着のピークトラムと3着のケントオーがけっこう人気になっていましたね。その馬たちと差のない競馬をしていたので、今回は人気にならなければ面白いなと感じていました。得てして前走大穴をあけた馬が次走人気になるとコケる事が多いのですが、当日も全く人気になりませんでした。結果は4着と惜しくも馬券圏内には届きませんでしたが、狙いとしては面白かったのではないでしょうか。

 

前走人気薄で激走→当日、人気なら消し人気薄なら買い

このスタイルで良いと思います。

 

  


 

予想の結果は 

  [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

3連複

⑦→②⑨⑩⑪⑰ 10点

 

不的中に終わりました。

 

続いてはこちら

 

エルムステークスG3) 札幌ダ1700m 2016年8月14日(日)

f:id:onix-oniku:20160813184000p:plain

スポンサーリンク

 

f:id:onix-oniku:20160815162559p:plain

偏差値8位→7位→3位での決着でした!

 

それでは着順ごとに「全頭徹底解説」から振り返ってみましょう。

レース当日の予想はこちら

エルムステークス 重賞偏差値予想 偏差値確定! - 馬券生活✩競馬で生きていく

 


  1着 リッカルド

 

④リッカルド 偏差値8位 ★+

黛騎乗時(初騎乗) 戸崎圭(S)→黛(D)乗り替わり。乗り替わりは大幅マイナス。前走1600万下を勝ち上がりOP重賞は初挑戦。戸崎圭騎手継続ならまだしも、ここは厳しい。追切印あり。追切の分だけ+。

 

  2着 クリノスターオー

 

⑫クリノスターオー 偏差値7位 ★★

幸騎乗時(6-4-2-4) 相性は非常に良く、幸騎手で11連続5着以内に好走中。重賞は地方交流含め3着以内8回で、3勝している。この鞍上だと全く大崩れなく、ここでも掲示板は確実。この馬を上回る馬を何頭見つけられるかがカギとなりそう。厩舎外厩の相性は15.2%とあまり良くないが、この馬自身は成績を残している意外に偏差値が伸びなかった。これでは高評価はできません。ヒモの最低ランクでしょう。

 

  3着 モンドクラッセ

 

⑪モンドクラッセ 偏差値3位 ★★★★+

三浦皇騎乗時(5-0-0-1) 鞍上との相性はバツグン。この騎手は北海道開催なら信頼できる。重賞は東海S2着。ダートではまだ底を見せていない。前走の大沼Sを0.5秒差で圧勝したので、人気にはなるだろうが評価を下げる事はできない追切展開ともに印あり「厳選軸馬」に該当しました!マイナス要素はありません。3強の一角。

 


  以上がレース当日の全頭徹底解説からでした 

 

1着はリッカルドでした。いやあ、ちょっとこの馬は予想外でした。鞍上の乗り替わりも含め全くノーマークの馬でした。まあOP重賞初挑戦だったので、馬が本当に強かったケースかもしれませんね。次走はやはり注目となるでしょう。

 

2着はクリノスターオー。やはり幸騎手との相性はバツグンでしたね。非常に安定感があります。偏差値7位だったので買い目までまわらなかった、というのが正直なところです。

 

そして3着はモンドクラッセでした。鞍上が「三浦皇(B)」から「柴山雄(C)」へ急遽乗り替わりでした。これだと僅かですが偏差値が落ちてしまいますので、実際は偏差値4位になっていたのですが・・・

やはり「厳選軸馬」に該当していた事もあり、実力はある程度出せたようです。

 

偏差値1位ショウナンアポロンは4コーナー手前からズルズルと下がってしまい12着と最下位に終わりました。ハナを切る事ができず惨敗してしまいましたね。ただしこういう脚質の馬なので次走人気が下がるようであれば、絶好の狙い目になる可能性もありますね。

 


 

予想の結果は

  [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

3連複

⑩→③⑤⑧⑨⑪ 10点

 

残念ながら不的中でした。

  

 


今までのブログ開始から重賞のトータルの収支は(2016年2月27日~)

  [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

59レース中21レース的中(的中率35.6%)

 

投資金額70,200円 回収金額190,120円

回収率270.8% 純利益119,920円

 

 

今週は夏の1番の注目レース「札幌記念(G2)」です!マイル王モーリスの登録もあり盛り上がりそうですね。明日の8/16火曜から重賞偏差値予想を更新していきますのでよろしくお願いします!

スポンサーリンク

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング


  ブログの更新スケジュールについて

月曜(18時頃) 偏差値的重賞回顧

   先週おこなわれた重賞を回顧します

火曜(18時頃) 「厳選軸馬」「新偏差値表」 結果編

   先週の厳選軸馬と新偏差値表の結果を振り返ります

木曜(18時頃) 今週の重賞出走馬確定

   重賞の出走馬を全頭外厩付きで発表します

金曜(21時前後) 「厳選軸馬」「新偏差値表」土曜版

   土曜の厳選軸馬と新偏差値表の更新です

土曜(朝10時前後) 「今日のレース」

   当日のポイントや結果を更新していきます

(21~22時前後) 「厳選軸馬」「新偏差値表」日曜版

   日曜の厳選軸馬と新偏差値表の更新です

日曜(朝10時前後) 「今日のレース」

   当日のポイントや結果を更新していきます

 

※重賞がある場合は

レース前日(金or土)18時前後 「重賞偏差値予想(偏差値確定版)」

   重賞を偏差値(完全無料指数)で予想していきます

レース当日朝9時前後 「全頭徹底解説」

   出走全馬を解説しより深く序列をつけていきます

※G1の場合はイレギュラーで「G1スペシャル」大特集します

 スポンサーリンク

 


それから、最後にこのブログでの私の競馬への考え方に深く関わっているサイト等を紹介します。

www.jrdb.com

競馬に関するほぼあらゆるデータが集まっています。初めはリアルタイムでのパドック情報配信に興味があったのですが、「能力」「展開」「調教」「騎手」「厩舎」「オッズ」「パドック」「外厩」等、あらゆるものが指数化されています。アナログなものもデジタルに変換している感じですね。


f:id:onix-oniku:20160706194945p:plain

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」

実際に競馬で1億円以上を稼いで馬券裁判になった「卍氏」の競馬に関する考え方が記載された本です。私がこのブログで「偏差値」を開発して発表するきっかけになったのがコレです。色々なデータを組合せて自分独自の指数を作成していく。実際に競馬で稼いだという事実があるので重みが違います。もちろん指数だけではなく、馬券の買い方がいかに重要かという事がハッキリわかります。

※「卍氏」の新刊が2016年7月29日発売です!

f:id:onix-oniku:20160706200040p:plain

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方


f:id:onix-oniku:20160706201547p:plain

外厩ブラックボックス馬券術 (競馬最強のハンドブック) 

 「外厩」といったらコレです。外厩という競馬新聞にも載っていない制度。これがいかにJRA競馬を攻略するのに必要かがわかります。賞金の高い高額条件の重賞(とくにG1)がなぜ外厩使用馬で埋め尽くされるのか・・・

このブログの「重賞偏差値予想表」に外厩データが入っている理由の一つです。


f:id:onix-oniku:20160801172216p:plain

競馬王 2016年 09 月号

こちらもかなり長いあいだお世話になっています。昔は月刊誌だったのですが、現在は隔月刊で発刊となっています。