馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

プロフィール【オニキスお肉】

【プロフィール】

オニキスお肉

年齢は40代です。競馬歴は25年以上です。

名前の由来は、特に意味はありません。語呂というかノリでつけたようなものです。ただし競馬で勝って焼肉を食べるのは最高に好きですね。

2016年2月からこのブログ「馬券生活☆競馬で生きていく」をスタートして現在まで運営しています。ブログの運営は私一人でやっています。

「競馬偏差値」は私が独自に開発した「完全オリジナル指数」です。

 

【競馬歴】

【1990年】 テレビで競馬の何の知識もなくオグリキャップの引退レース(有馬記念勝利)を見て感動する。これが競馬との最初の出会い。

【1993年】 11月、友人と一緒に初めて東京競馬場へ行く。ホクトベガが勝ったエリザベス女王杯(京都)の日でもあった。この時初めて馬券を購入する。外れたものの競馬の面白さに感動してハマる。ファミコンのダービースタリオン(全国版)にもハマる。PC98版のダービースタリオンも購入することとなる。

【1994年】 本格的に競馬にのめり込む。ほぼ毎週東京競馬場に通うようになる。ナリタブライアン(この年の3冠馬)とヒシアマゾンの強さを目の当たりにし、強い馬が強い競馬をして勝つ事に感動する。有馬記念でワンツー決着の馬券を的中する。この頃オグリキャップの現役時代のレースをVTRで見て、改めてその凄さに感動を覚える。同時にタマモクロス、イナリワン、スーパークリークといった昭和の名馬にも憧れる。昭和の空前の競馬ブームを知る事となる。

【1995年】 競馬中心の生活になる。毎週土日必ず東京競馬場に通い、朝からパドックに張り付く。サンデーサイレンス旋風が巻き起こりその威力に驚愕する。

【1997年】 マヤノトップガンの春の天皇賞で勝負し勝つ。この年の上半期は馬券で連戦連勝を重ねる。ある意味ピークの一つでもあった。

思い出の馬券 天皇賞・春 1997 マヤノトップガン - 馬券生活☆競馬で生きていく

【1998年】 秋の天皇賞でサイレンススズカの非業の死を東京競馬場で目の当たりにする。甚大なショックを受ける。これ以降PAT(電話投票)を導入した事もあり、競馬場への足が遠のく事となる。

【2000年】 仕事が忙しくなり、競馬中心の生活から仕事中心の生活にシフトする。馬券は購入するもライト層と同じとなる。

約10年間は仕事中心の生活。教育関係の仕事がメインとなり、中学受験・高校受験・大学受験と色々な受験産業の仕事を複数行う。ブログで扱う「偏差値」という言葉のきっかけにもなった。

キングカメハメハ・ディープインパクト・ウオッカ・ダイワスカーレット等数々の名馬と出会う。馬券はコンスタントに重賞レースを買い続ける。

【2012年】 当時勤務していた会社とトラブルになりうんざりする。ジャパンカップでジェンティルドンナとオルフェーヴルの馬券を取り、再び競馬中心の生活への思考に至る。

以降約3年間再び競馬の研究に没頭する。デジタル思考の競馬攻略が中心。

【2015年】 ツイッターのアカウントを作成し活動を始める。ブログ開始のきっかけともなる。

【2016年】 2月、ブログ「馬券生活☆競馬で生きていく」開始。ほぼ同時に東京を離れ地方に赴く。仕事も完全に辞める。

これ以降ブログの運営が仕事の中心となり現在に至る。

【2020年】 ブログが満4年となり、5年目の活動へと入る。

 

(c)2016-2020 馬券生活☆競馬で生きていく All rights reserved.