馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【大阪杯 最終予想2020】無料で買い目公開

【2020 大阪杯最終予想(G1)】

★G1スペシャル★

2020年JRA重賞ファイル038

2020年4月5日(日)

「第64回大阪杯(G1)」

最終予想を行っていきます。阪神の芝は今週からA⇒Bコースに変わりました。芝の状態は良くフェアな舞台で行えそうです。芝中距離路線の春の古馬の争いです。

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

【2020 大阪杯偏差値予想表】

【大阪杯はこのようなレースです】

2020年4月5日(日) 大阪杯(G1) 阪神芝2000m

春の中距離路線の国内での最強馬決定戦となっている。1957年に「大阪盃競争」として創設された。競争名は1964年に「サンケイ大阪盃」と改称された後、1989年より「産経大阪杯」となった。

創設時は阪神競馬場の芝1800mで施行されていたが、1972年より芝2000mで定着。施行時期も1982年より、桜花賞の前週に移され現在に至る。

2017年よりG1に昇格し、名称を「大阪杯」と変更された。優勝馬には当該年の アイリッシュチャンピオンステークスへの優先出走権が与えられる。なお同年より天皇賞・春、宝塚記念とともに同一年に行われる3競争を全て優勝した馬に褒賞金が贈られる事となった。

4歳以上・国際・指・定量

2回阪神4日目 15:40発走

f:id:onix-oniku:20200404183343p:plain

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ⑤⑧⑫

展開★    ②⑪

推奨穴馬   ②

 

▼4/5(日)の関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

厳選軸馬の該当はありませんでした

www.baken-seikatsu.com

 

▼2020 大阪杯関連データ▼

【大阪杯 2020】偏差値1位はクロノジェネシス! - 馬券生活☆競馬で生きていく

大阪杯【2020出走馬確定】全頭詳細コメントつき - 馬券生活☆競馬で生きていく

大阪杯 過去好走馬傾向2020【過去成績データ】 - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


↑クリックお願いします↑

★中央競馬の開催について★

4/19(日)までの中央競馬の発売・払戻は電話・インターネットのみとなります

競馬場・ウインズ等での馬券発売・払戻はありません

【!】4月19日(日曜)までの中央競馬の開催等について JRA

 

【2020 大阪杯予想勝負馬券】

【5段階評価】

★★★★★ ⑤⑫

★★★★  ⑧

★★★   ③④

★★    ②

★     ①⑥⑦⑨⑩⑪

【大阪杯 本命馬予想】

 中心は2頭。

クロノジェネシスは前走の京都記念を重馬場で勝利。雨が非常に強く状態の悪い馬場で圧勝でした。今回は良馬場で条件はかなり違います。では今回は下げる必要があるかと言うとそんな事はありません。

もともとはデビュー2戦目のアイビーSで上がり32秒5の末脚を繰り出していた馬です。稍重の秋華賞でG1初勝利を挙げましたが、良馬場でのスピード能力には何も問題はありません。

この馬の能力が一番出せるのが「レース間隔」が空いた時。ノーザンF系らしく中8週以上間隔が空くと3戦3勝。新馬戦も勝っています。逆にレース間隔が詰まると良くなく、中3週のエリザベス女王杯はこの馬が初めて馬券圏外となる5着に敗れました。

今回は中6週とギリギリ能力を出せる範囲内だと思われます。偏差値も1位となり、同じノーザンF系の中での力関係も上でしょう。アーモンドアイやリスグラシューとまではいかないでしょうが、強い牝馬としてのトレンドにも乗っています。牡馬より2kg軽い斤量は有利となります。最後の1ハロンで牝馬らしいキレが活きるでしょう。鞍上の北村友騎手も昨年のこの舞台でG1初制覇を飾りました。力を十分に発揮できるでしょう。

 

ラッキーライラックは意外にも国内のG1で牡馬とやり合うのは初めてです。

昨年のエリザベス女王杯はスミヨンの好騎乗でG1制覇しました。そして今年はM・デムーロ騎手が鞍上です。

どうも古馬になり距離がマイルだと足りていない印象です。ですから今年はマイル路線ではなくこの大阪杯に照準を合わせて来ました。前走の中山記念は2着。今回は距離が1ハロン伸びるのは間違いなく良いでしょう。

ローテーションも去年の府中牝馬S⇒エリザベス女王杯(中3週)と似ています。

斤量もやはり牝馬なので2kg軽い恩恵を受けられます。あとは鞍上のミルコの乗り方次第でしょう。彼も復活モードに入りつつあります。牡馬相手でも全くヒケを取らないでしょう。

 

【大阪杯 対抗馬予想】

ダノンキングリーは3番手です。

ダノンの馬自体なぜかG1は勝てていないですね。この馬は三嶋牧場の生産で外厩はノーザンF系のSランク外厩を使われています。ですから他のノーザンF系と遜色ありません。

しかし鞍上が「横山典騎手」。

現在G1では22連続4着以下となっています。G1を勝ったのは2018年の京都で行われたJBCレディスクラシックでのアンジュデジールの勝利が最後となっています。それを除くと、2017年の宝塚記念でのゴールドアクターの2着、勝利だと2017年NHKマイルCのアエロリットまで遡ります。

昨年のマイルCSもこの鞍上で5着に敗れました。どうもG1での勝負弱さを感じてしまうのは私だけではないでしょう。騎手の要素で下げたくなってしまいます。

おまけにこの馬はレース間隔にも注意が必要です。中9週以上だと3戦3勝(これ以外に新馬戦も勝利)。しかし中5週以内だとダービー2着、マイルCS5着に敗れています。

今回も中山記念を勝って中4週でここに臨みます。どうもラッキーライラックに比べるとここでは逆転されるイメージを受けてしまいます。3番手までという印象ですね。

ここまでの3頭は全て「追切」と「展開★」の印がつきました。

 

ブラストワンピースは4番手です。この馬には「展開★」の印がつきませんでした。偏差値予想データを作り始めて5年目に入りました。このレースの過去4年の傾向を見ると、「展開★」がついていなかった馬は2019年の3着ワグネリアンだけ。それ以外は全て「展開★」の印がついていました。これはかなりのマイナスでしょうね。

あとは川田騎手。この馬とは札幌記念とAJCCで勝利を挙げて、手は合っています。ただしこの鞍上のG1を勝つイメージがないというのはマイナスでしょう。2,3着なら十分なんでしょうが。今回も2000mのG1を勝つスピード能力自体もこの馬に果たしてあるのでしょうか。

あとは「関東馬」というところです。ダノンキングリーもそうなのですが、この大阪杯というレース自体7年連続関西馬が3着までを独占しています。そういう面でも下げたくなる要因はありますね。

 

ワグネリアンは昨年のこのレースは3着でした。正直なところ昨年は内枠からインを突いて最後に3着に上がったというやや恵まれての印象があります。

この馬自体を見ても2400mのダービーや神戸新聞杯のパフォーマンスが圧倒的でした。ジャパンカップも適した舞台でしたが、残念ながら雨に祟られ重馬場での3着でした。良馬場なら間違いなく勝っていたところでしょう。

2000mの距離だとどうしてもパフォーマンスが落ちます。昨年の3着の競馬をしても、今年はさらにそれを上回る馬が現れて来そうです。現状では5頭の中の5番手。とてもではないですが勝つイメージは全くありません。上位4頭に何かがあったケースに浮上するだけというイメージです。

 

【大阪杯 穴馬予想】

ここは上位5頭が相当に強力です。その5頭以外の馬で買うに値するのはやはりサトノソルタスでしょう。偏差値は上位5頭から少し離れたC判定の6位。

しかしこの馬もノーザンF系です。前走の金鯱賞2着はフロックではありません。偏差値もその時は2位でしたし、純粋に能力の高さで来ていたのです。

今回はやはり上位5頭に何かがあった時に紛れて浮上するしかないというイメージです。しかし「展開★」の印が入ったのは恵まれました。鞍上も好調の藤岡康騎手。穴をあけるとすればこの1頭しかないでしょうね。

 

あとはもう買いたい馬は全くいません。ロードマイウェイは朝の時点で単勝6番人気となっています。しかしこの馬は非ノーザンF系。残念ながら全く勝負にならないでしょう。瞬発力の差は歴然です。

カデナは「展開★」の印が入りましたが偏差値が低すぎます。さすがにG1のこの舞台でどうこう言える馬ではないでしょう。

 

 

【大阪杯 勝負馬券の買い目公開】

f:id:onix-oniku:20200405074440p:plain

3連複 ⑤1頭軸流し 相手②③④⑧⑫ 10点

3連複 ⑫1頭軸流し 相手②③④⑤⑧ 10点

いつもの3連複ダブル1頭軸流しです。低配当で決まったら仕方がないという感じです。

 

f:id:onix-oniku:20200405074521p:plain

3連単フォーメーション ⑤⑫-⑤⑧⑫-②③④⑤⑧⑫

こちらは3連単です。

意思としては、勝つのは牝馬の⑤か⑫のどちらか。ダノンは来ても2着まで。③か④の2頭は来ても3着までというイメージです。いちおう3着に②も配置してあります。

 

f:id:onix-oniku:20200405074600p:plain

馬連⑤⑫ 1点

最後に⑤⑫の馬連を抑えておきます。

これで大阪杯の勝負馬券となります。ぜひ3連単がヒットして欲しいですね。それではレースを楽しみに待ちましょう。

 

 

【大阪杯 レースの予想結果は】

⑤⇒⑫⇒⑧で決着!

勝ったのはラッキーライラックでした!

レースは逃げたい馬がいなく、何とダノンキングリーが先頭に立ってレースを進めました。その中で道中は前から3番手前後の位置で進めました。そしてスローのまま直線に入り、ミルコはインで我慢します。空いたインをキッチリと抜け出し見事にこのレースを制覇しました!

ミルコも久々のG1勝利で嬉しそうでしたね。おめでとうございます。

2着はクロノジェネシス。大外枠でしたが、スムーズに先行する事ができました。最後は本当に良く伸びているのですが、枠の差でしょうか。強い競馬をしたと思います。やはり高い能力を感じさせてくれました。

3着は逃げたダノンキングリー。スローで逃げて上がりの競馬に持ち込みましたが、やはり斤量が2kg軽い牝馬のキレにやられた印象です。関西圏でも能力を示す事ができました。

 

f:id:onix-oniku:20200405173613p:plain

f:id:onix-oniku:20200405173626p:plain

馬連2,000×11.1=22,200円的中!

 

f:id:onix-oniku:20200405173638p:plain

f:id:onix-oniku:20200405173649p:plain

f:id:onix-oniku:20200405173853p:plain

3連複500×2×13.5=13,500円的中!

 

f:id:onix-oniku:20200405173711p:plain

f:id:onix-oniku:20200405173719p:plain

3連単500×78.1=39,050円的中!

ここは馬連・3連複・3連単全てがパーフェクト的中となりました!

買った馬券が全て的中すると気持ちが良いですね。

結果も予想とほぼ一致しました。

やはりノーザンF系の牝馬は外厩で鍛えられ、その瞬発力が伸びていきます。しかも牡馬より斤量も軽いわけですから、それは最後の伸びが違いますよね。

M・デムーロ、北村友騎手も馬の能力を100%発揮させてくれたので良かったです。

 

ちなみにワグネリアンは5着、ブラストワンピースは7着に敗れました。やはりこのレースには傾向が合っていなかったようです。それに「展開★」の印もついていなかったですしね。逆に「展開★」がついていたカデナは人気薄ながら4着に健闘しました。これは正直、ビックリしましたね。馬券は抑えていなかったのでヒヤヒヤものでした。

 

ツイッターでは本当に本当にたくさんの方々から的中報告をいただきました。的中されたみなさま、本当にありがとうございます。そして

本当におめでとうございます!

 

どうかこの偏差値データを末永くよろしくお願いいたします。

 

このブログは全て無料でご覧になれるよう私が作成しています。

今回の予想を良いと思われた方はぜひブログランキングのクリックをお願いします。


中央競馬ランキング

 

 

阪神11R 大阪杯(G1)

1着 ⑤ラッキーライラック(追切注展開★)

2着 ⑫クロノジェネシス(追切△展開★)

3着 ⑧ダノンキングリー(追切〇展開★)

単勝 ⑤410円 複勝 ⑤140円 ⑫160円 ⑧140円 枠連 ⑤⑧1,130円

馬連 ⑤⑫1,110円 ワイド ⑤⑫370円 ⑤⑧340円 ⑧⑫390円    

馬単 ⑤⑫1,970円 3連複 ⑤⑧⑫1,350円 3連単 ⑤⑫⑧7,810円

 

 


【この仕組みがわかる人は勝てる!】

潰れない理由とは?

 

1、2年で潰れる競馬サイトは多いです。

 

知る人ぞ知る著名人が参入している

有名なサイトのお話しをします。

 

現在2020年

サイト運営が2010年から

会員数270,952人

1つの競馬サイトが10年以上も運営を続けているのは他にないでしょう。

 

なぜ10年以上潰れないのか?

重賞とメインレースの無料買い目、馬連と三連単があり毎週楽しめますが、有料コンテンツが別にあります。

 

【潰れない理由】

有料コンテンツを使い続けている会員がたくさんいるから。

 

ではなぜ、有料コンテンツを使い続けているのか?

考えるまでもないですね。

 

有料コンテンツ代以上に会員が儲かっているから。

 

【結論】

無料コンテンツで稼げるのは大事。

しかしそれ以上に、

会員が儲からないサイトは潰れる。

会員が儲かっているサイトは必然的に潰れない。

 

会員数270,952人

388週(約5年間)毎週的中し続けている有名なサイトです。 

こちら ⇒競馬スピリッツ

 

f:id:onix-oniku:20200402191509p:plain
 f:id:onix-oniku:20200307224717p:plain

 


【2020 大阪杯競馬偏差値確定】

【S判定】

偏差値1位クロノジェネシス【62.9 S】△★

⑫クロノジェネシス

【騎手】北村友騎乗時(5-1-2-1) 相性は抜群に良いデビューから継続騎乗

【過去成績】重賞成績は3-1-2-1。デビューから5-1-2-1と全て5着以内に好走

【コメント】ノーザンF系。前走の京都記念1着は重馬場でも完勝だったが、本来は良馬場が向く。レース間隔が詰まると能力がやや衰える。今回は中6週がカギ。秋華賞1着のようにレース間隔が空いた時がベスト。

クロノジェネシス | 競走馬データ - netkeiba.com

 

【A判定】

偏差値2位ラッキーライラック【60.8 A】注★

⑤ラッキーライラック

【騎手】M・デムーロ騎乗時(0-1-0-0) 前走はテン乗りで中山記念2着に好走。

【過去成績】重賞成績は4-4-2-3。外国人騎手で1-2-0-0。

【コメント】ノーザンF系。前走を使って良化気配。外厩明け2戦目で厩舎の仕上げがカギを握る。距離伸びるのは良い。若干1600~1800mだと距離が足りなくなっている。渋馬場はこなせるが良馬場がベスト。

ラッキーライラック | 競走馬データ - netkeiba.com

 

偏差値3位ブラストワンピース【59.7 A】

③ブラストワンピース

【騎手】川田騎乗時(2-0-0-1) 相性は良い。札幌記念1着・AJCC1着のレース見る限り手が合っている。

【過去成績】重賞成績は5-0-0-5。1着か4着以下と極端な成績。

【コメント】ノーザンF系。前走のAJCC1着は故障馬のアオリを食らってなお勝利。力が違う。後方で溜めなくても先行して競馬もできる鞍上。内枠で王道のレースができれば。

ブラストワンピース | 競走馬データ - netkeiba.com

 

偏差値3位ワグネリアン【59.7 A】

④ワグネリアン

【騎手】福永騎乗時(4-1-1-3) 相性は良い。川田(S)⇒福永(S)乗り替わり。

【過去成績】重賞成績は3-1-2-3。

【コメント】ノーザンF系。前走のJC3着は渋馬場のぶん敗れた。2400~2500mがベスト。2000mだと若干距離足りない印象。ここは乗り方次第。

ワグネリアン | 競走馬データ - netkeiba.com

 

 

偏差値3位ダノンキングリー【59.7 A】〇★

⑧ダノンキングリー

【騎手】横山典騎乗時(1-0-0-1) 

【過去成績】重賞成績は3-1-1-1。デビューから5-1-1-1と全て5着以内

【コメント】ノーザンF系外厩使用。マイルCSはこの鞍上がインを突いて伸びず5着に敗れた。ここは完全に乗り方次第。良馬場の瞬発力競馬が得意の舞台。中9週以上は3戦3勝。叩かれて調子落ちるタイプ。ここは間隔詰まっての競馬で力を発揮できるか(中4週ながら外厩使用してきた)。関西への遠征はマイナスの可能性アリ。

ダノンキングリー | 競走馬データ - netkeiba.com

 

【C判定】

偏差値6位サトノソルタス【49.4 C】

②サトノソルタス

【騎手】藤岡康騎乗時(0-1-0-0) 前走はテン乗りで金鯱賞2着に好走。

【過去成績】重賞成績は0-2-0-2。前走は前で展開が向いた。

【コメント】ノーザンF系。今回は外厩明け2戦目で仕上がりがカギ。ブリンカーもあり、ここは乗り方次第。

サトノソルタス | 競走馬データ - netkeiba.com

 

【D判定】

偏差値7位ロードマイウェイ【46.3 D】

①ロードマイウェイ

【騎手】武豊騎乗時(初騎乗) 川田(S)⇒武豊(A)乗り替わりは1マイナス

【過去成績】重賞成績は1-0-0-1。G1は初挑戦。

【コメント】非ノーザンF系。前走の金鯱賞10着はスタートで完全に後手を踏みスローでレースにならず惨敗。立ち回りは良く、スムーズなレースができれば。渋馬場は向く。あとはノーザンF系との力関係。

ロードマイウェイ | 競走馬データ - netkeiba.com

 

偏差値7位ジナンボー【46.3 D】

⑩ジナンボー

【騎手】藤岡佑騎乗時(初騎乗) シュタルケ(A)⇒藤岡佑(A)乗り替わり。日本人騎手が乗るのは初めて。

【過去成績】重賞成績は0-1-1-1。

【コメント】ノーザンF系。前走の小倉大賞典3着は荒れ馬場もこなした。渋馬場もこなせるタイプ。レース間隔空いた方が良いタイプ。

ジナンボー | 競走馬データ - netkeiba.com

 

 

偏差値9位マカヒキ【45.3 D】

⑨マカヒキ

【騎手】ヒューイットソン騎乗時(初騎乗) 武豊(A)⇒ヒューイットソン(B)乗り替わりは1マイナス

【過去成績】重賞成績は3-2-2-11。G1だと9連続4着以下

【コメント】ノーザンF系。もう全盛期の能力はとうに衰えている。スタート良くない。さすがにG1では厳しすぎる。

マカヒキ | 競走馬データ - netkeiba.com

 

【E判定】

偏差値10位ステイフーリッシュ【42.2 E】

⑦ステイフーリッシュ

【騎手】岩田康騎乗時(0-0-1-0) 前走はテン乗りで京都記念3着。

【過去成績】重賞成績は1-4-5-7。G1は0-0-1-3で2歳G1以外は全て2桁着順

【コメント】非ノーザンF系。瞬発力に劣る。渋馬場荒れ馬場は得意。良馬場のG1では全てが向かない。ジリ脚。

ステイフーリッシュ | 競走馬データ - netkeiba.com

 

【F判定】

偏差値11位カデナ【34.9 F】

⑪カデナ

【騎手】鮫島駿騎乗時(1-0-1-1) 相性は良い

【過去成績】重賞成績は3-1-1-10。G1は0-0-0-4で全て9着以下

【コメント】非ノーザンF系。ここのところ復調しているがやはりG1では能力厳しい。とくに良馬場では出番はなさそう。荒れ馬場や上がり掛かる展開向き。

カデナ | 競走馬データ - netkeiba.com

 

偏差値12位レッドジェニアル【32.8 F】

⑥レッドジェニアル

【騎手】酒井騎乗時(2-0-0-4) 武豊(A)⇒酒井(D)乗り替わりは3マイナス

【過去成績】重賞成績は1-0-0-4。現在4連続4着以下。G1では力足りない印象。

【コメント】非ノーザンF系。瞬発力はノーザンF系に劣る。上がり掛かる展開が向く。Hペースになれば。

レッドジェニアル | 競走馬データ - netkeiba.com

 

▼全頭詳細コメントはこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

 


【2020 大阪杯騎手CS】

▼騎手調子チェックシート▼

2020 大阪杯(G1) 阪神芝2000m

f:id:onix-oniku:20200404173008p:plain

 

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末の時点の成績)

【好調騎手】

武豊、藤岡康、川田、M・デムーロ、岩田康、横山典、ヒューイットソン、北村友騎手

ここは好調騎手が揃いました。各自それぞれ能力を発揮できる舞台でしょう。3着以内もこれらの騎手で独占してしまうのではないでしょうか。

福永騎手は好調でも不調でもなく。微妙な立ち位置ですね。今回も相当に微妙な立場にあります。軸には決してできないでしょう。

 

【不調騎手】

酒井、藤岡佑、鮫島駿騎手

さすがにG1でこの不調騎手が来るとは思えません。騎乗馬を見ても微妙な馬ばかり。いらないでしょうね。

 

▼詳しい見方は▼

www.baken-seikatsu.com

↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします


【2020 大阪杯展開予想】

▼展開順偏差値予想表▼

阪神芝2000m

f:id:onix-oniku:20200404184711p:plain

 

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

【展開★】

クロノジェネシス

ラッキーライラック

ダノンキングリー

カデナ

サトノソルタス

このレース自体は「追込」が強いレースです。今回速い上がりを出せそうなのはカデナとサトノソルタスあたりでしょうか。ただし能力自体が微妙な面もありますが。後方から行く①⑥⑨の3頭は「展開★」がつかなかったので厳しいでしょうね。

あとは⑫⑤⑧の3頭が有利になるでしょうね。素直に有力馬が強い競馬をしそうです。

ワグネリアンとブラストワンピースは「展開★」がつきませんでした。能力の高さは認めますが、何か勝ち負けするにはあと少し足りない印象があります。

 

【大阪杯 過去10年のレース傾向】

▼阪神芝2000メートル(内回り)・コースの特徴▼

f:id:onix-oniku:20200403114755p:plain

 

レースについて:大阪杯 今週の注目レース JRA

芝内回りコースを使用。スタンド前の直線からスタートし、最初のコーナーまでの距離は325m。スタート直後に坂を上るため、ペースはあまり上がりにくい。ただし内回りコースのため、外回りコースほど道中の緩みは少なく持久力勝負となりやすい。最後はゴール前に坂があるので、末脚を伸ばし続けるタフさも求められる。

 

▼過去10年のコース展開脚質傾向▼

4コーナー先頭馬 1-1-1-7

上がり3ハロン最速馬 3-2-1-4

3着以内馬の脚質 逃げ3 先行9 差し4 追込14

【4角先頭馬】過去10年で3着以内は3回。2018年1着スワーヴリチャードのマクリも含まれる。

【上がり最速馬】過去10年で複勝率60%とまあまあ。

【脚質の特色】「追込」が有利な舞台。内回りだが、なかなかタフな舞台で後方からの馬でも十分届く。中途半端に差すよりも追込に徹した方が良い。あとは素直に先行できる馬も有力。

 

※2010年~2019年の過去10年の成績を参考

G1昇格は2017年以降

 


【2020 大阪杯過去好走馬傾向】

2019年3月31日(日) 第63回 芝:良

f:id:onix-oniku:20200402232516p:plain

1着 ③アルアイン(偏差値2位 9人気)

2着 ⑥キセキ(偏差値1位 2人気)

3着 ②ワグネリアン(偏差値7位 4人気)

2018年4月1日(日) 第62回 芝:良

f:id:onix-oniku:20200402232823p:plain

1着 ⑮スワーヴリチャード(偏差値4位 1人気)

2着 ⑤ペルシアンナイト(偏差値3位 6人気)

3着 ⑧アルアイン(偏差値2位 2人気)

2017年4月2日(日) 第61回 芝:良

f:id:onix-oniku:20200402232857p:plain

1着 ⑤キタサンブラック(偏差値2位 1人気)

2着 ④ステファノス(偏差値4位 7人気)

3着 ⑬ヤマカツエース(偏差値7位 4人気)

2016年4月3日(日) 第60回 芝:良

f:id:onix-oniku:20200402232929p:plain

1着 ⑨アンビシャス(偏差値4位 2人気)

2着 ⑦キタサンブラック(偏差値6位 5人気)

3着 ⑧ショウナンパンドラ(偏差値2位 4人気)

 

【2020 大阪杯偏差値予想データ好走条件まとめ】

【枠順 1枠は過去4年で来ていない

【偏差値】C判定以上で3着以内独占。勝ち馬は全てA判定以上

【騎手乗り替わり】乗り下がりは2016年1着アンビシャスのみ。-2以下は来ていない

【騎手】全てBランク以上。上位騎手が強い

【厩舎】2016・2017年キタサンブラックを除くと全てBランク以上

【追い切り】12頭中8頭該当

【展開★】12頭中11頭該当。圧倒的に強い

【間隔】全て外厩使用。Sランクは12頭中7頭

【展開順偏差値予想表】毎年前から4番手以内の展開★つきが3着以内

「展開★」が非常に有利な舞台となっています。2019年3着のワグネリアン以外は全てきています。ちなみにワグネリアンはノーザンF系です。非ノーザンF系で★がつかなかった馬は大変に厳しいでしょう。

騎手厩舎とも上位ランクが圧倒的に強いです。下位ランクの騎手は全く来ないですし、騎手の乗り下がりも厳しい傾向です。

キタサンブラックを除くと、非ノーザンF系の場合はSランクの騎手厩舎が望ましいです。

このレースは「展開★」がついた馬が過去4年の3着以内で12頭中11頭が来ています。★がついていなかったのは2019年3着ワグネリアンだけです。来ても3着までというイメージですね。

あとはG1に昇格してからとくにピンク色が有力です。騎手も厩舎もそうですし、素直に信頼できそうですね。年々ノーザンF系の侵食具合が高まっています。今年は3着以内もノーザンF系が独占しそうな勢いもあります。

 

※このブログでの過去4年分の重賞偏差値予想表が対象(それ以前はデータの作成はありません)

▼大阪杯過去傾向はこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


↑クリックお願いします↑

 

【大阪杯 上位人気単勝オッズ】

1番人気 3.9倍 ダノンキングリー

2番人気 4.2倍 ラッキーライラック

3番人気 5.1倍 ブラストワンピース

大阪杯(G1) オッズ | 2020年4月5日 阪神11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※レース当日朝7:15時点での単勝オッズ

 

★レースの概要★

 「第64回大阪杯(G1)」

1957年に創設された4歳以上、ハンデキャップの重賞競走「大阪杯」が本競走の前身で、1964年に「サンケイ大阪杯」、1989年に「産経大阪杯」に改称され、2017年より現在の「大阪杯」となった。創設当初は、3月に阪神競馬場・芝1800メートルで行われていたが、幾度かの距離・開催時期の変更を経て、1972年に距離が2000メートルに、1981年に開催時期が桜花賞の前週に移された。

上半期の大レースに向けた重要な前哨戦として熱戦が繰り広げられてきたが、中距離適性を持つ一流馬の国内の春季競馬における出走機会を拡充するため、2017年にGⅠに昇格されるとともに、負担重量が別定から定量に変更された。また、同年より優勝馬に愛チャンピオンSの優先出走権等が付与されることとなった。

レースについて:大阪杯 今週の注目レース JRA

 

▼JRA大阪杯予想データ▼

データ分析:大阪杯 今週の注目レース JRA


▼今日のデータ更新▼

2020年4月5日(日)

厳選軸馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

www.baken-seikatsu.com

厳選軸馬の該当はありませんでした

www.baken-seikatsu.com


★高松宮記念予想3連複228倍的中★

www.baken-seikatsu.com

★金鯱賞予想馬連3連複的中★

www.baken-seikatsu.com

★ファルコンS予想馬連3連複的中★

www.baken-seikatsu.com

★2020東京新聞杯予想3連複197.3倍的中★

www.baken-seikatsu.com

★2020アメリカジョッキークラブカップ予想★

AJCC3連複&3連単的中

www.baken-seikatsu.com

 

【2020 大阪杯データベース用】

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2020年4月5日(日) 大阪杯(G1)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 ロードマイウェイ 46.3 D 川田 -1 武豊 36.9 杉山 23.8 2 10
2 2 サトノソルタス 49.4 C 継続 藤岡康 24.0 43.4 2 9
3 3 ブラストワンピース 59.7 A 継続 川田 55.6 大竹 33.1 9 7
4 4 ワグネリアン 59.7 A 川田 福永 42.5 友道 40.3 18 3
5 5 ラッキーライラック 60.8 A 継続 Mデムーロ 40.0 松永幹 34.5 4 5
5 6 レッドジェニアル 32.8 F 武豊 -3 酒井 13.7 高橋忠 28.7 10 11
6 7 ステイフーリッシュ 42.2 E 継続 岩田康 29.6 矢作 26.1 6 2
6 8 ダノンキングリー 59.7 A 継続 横山典 23.2 萩原 33.7 4 6
7 9 マカヒキ 45.3 D 武豊 -1 ヒューイットソン 28.6 友道 40.3 18 12
7 10 ジナンボー 46.3 D シュタルケ 藤岡佑 30.4 43.4 5 1
8 11 カデナ 34.9 F 継続 鮫島駿 24.1 中竹 27.2 5 8
8 12 クロノジェネシス 62.9 S 継続 北村友 37.5 斉藤崇 31.3 6 4

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値はオニキスお肉が作成したオリジナル指数です。

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

2019年下半期重賞予想(7月~12月)

的中率41.0% 回収率140.4%を達成!

www.baken-seikatsu.com

▼重賞最終予想バックナンバー▼

www.baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2020 Onix-Oniku All rights reserved.