馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【東京新聞杯・きさらぎ賞】重賞予想・木曜確定版

【重賞予想・木曜確定版(東京新聞杯・きさらぎ賞)】

今週行われる重賞の出走馬が確定しました!

今週は日曜日に東西でダブル重賞が行われます。東京では古馬のマイルG3「東京新聞杯」が、京都では3歳の芝中距離G3「きさらぎ賞」です。

枠順は金曜午前中に確定します。

【2020東京新聞杯予想(東京)】

東京新聞杯(G3) 4歳以上・国際・特指・別定

東京芝1600m 2020年2月9日(日)

f:id:onix-oniku:20200206162518p:plain

 

フルゲートは16頭(芝Dコースを使用)

※騎手厩舎は去年の芝ダート別の複勝率になります。昨年1年間と今年の成績を元に7段階のランク分けをしています。

騎手厩舎ランク

【ピンク>オレンジ>イエロー>無色>ブルー>パープル>ブラック】

「間隔」の色は外厩効果を表しています。

【ピンク>オレンジ>イエロー】の3段階となっています。無色は外厩効果がゼロという事です。

↓完全無料予想ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


↑クリックお願いします↑


出走馬は16となりました。

ここは登録の16頭がそのまま出走となりました。回避馬が出なかったので、その他に登録のあった2頭は出走できませんでした。

 

【2020東京新聞杯出走馬】 

★ノーザンファーム生産馬★

クルーガー

ケイデンスコール

サトノアーサー

シャドウディーヴァ

プリモシーン

レイエンダ

レッドヴェイロン

ロワアブソリュー

ここはノーザンファーム生産馬が8頭の出走となります。

大将格はやはりルメール騎手騎乗のレッドヴェイロンでしょう。騎手厩舎外厩とオールピンクですね。当然ながら軸候補の有力な1頭となります。

その他にも「ノーザンF系」+「最上位厩舎(ピンク)」の組み合わせはキャンベルジュニア、ケイデンスコール、サトノアーサー、プリモシーン、レイエンダとレッドヴェイロンを合わせても有力馬候補はキラ星の如く集まっています。

キャンベルジュニアはノーザンファーム生産ではありませんが「ノーザンF系Sランク外厩」を使用しています。

 

【東京新聞杯上位人気予想チェック】

1番人気 2.5倍 レッドヴェイロン

2番人気 3.9倍 ヴァンドギャルド

3番人気 6.3倍 プリモシーン

※予想単勝オッズ(推定人気)

東京新聞杯(G3) オッズ | 2020年2月9日 東京11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

①レッドヴェイロン

1番人気予想はレッドヴェイロンです。これは日本で一番馬質の良いルメール騎手が騎乗します。ノーザンF系という事で、純粋にここで一番勝負になりそうな馬に騎乗します。

デビューから4-5-2-1で全て5着以内と本当に安定した成績を収めています。現在10連続3着以内と本当に崩れはないですね。よほど何か消したい要素がなければ、順当に馬券圏内には来そうですね。

2018年11月の修学院S2着のあと、脚部不安放牧に出ていましたが2019年10月に復帰して1,2着となっています。

ルメール騎手が鞍上の時は3-1-0-0と好成績なので、ここでは全く問題はなさそうですね。

 

②ヴァンドギャルド

2番人気予想はヴァンドギャルドです。この馬は非ノーザンF系ですね。これだけ他にノーザンF系がいるにも関わらず、上位人気に推されそうです。

現在条件戦を3連勝しています。上がり馬ですね。ただし重賞成績は0-0-2-3とややイマイチです。

現在は本格化して状態が良くなったのかもしれませんが、もともとは非ノーザンF系なので重賞で勝ち負けする力はややないかもしれません。稍重で1勝、重で2勝と、良馬場での成績には不安があります。

レース当日雨が降れば良さそうですが、パンパンの良馬場の場合にはノーザンF系のキレにやられてしまう可能性もあります。

 

③プリモシーン

3番人気予想はプリモシーン。この馬はノーザンF系ですが、2走前の府中牝馬Sで15着と謎の凡走がありました。その後はマイルCSで11着。これはどうなのでしょうか。

ノーザンF系の場合、好調期は安定した成績を収めていきやすいのですが、いったんつまずいてしまうと復活がほぼ見られないまま終わってしまうケースも多いです(サトノダイヤモンド・レイデオロ等)。

ここは状態次第ではありますが、軸にはちょっとできない感じでしょうか。相手候補に留めるのが無難かと思われます。

 

 


★重賞予想・月曜想定版★

www.baken-seikatsu.com

▼過去の全重賞予想結果は▼

2019年下半期重賞予想(7月~12月)

的中率41.0% 回収率140.4%を達成!

www.baken-seikatsu.com

↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします


【会員数27万人!】

超ビックサイト始動!

 

通常の競馬サイトは、多くても会員数1万人程です。

しかし、このサイトは27万人!

当たる!為になる!勝てる!

信用度が違いすぎます。

 

TV、メディア出演多数

血統評論家「栗山求」所属

2020年 平場で安定の的中を量産してくれています。

24,700円獲得

26,200円獲得

54,200円獲得

 

しかし、このサイトが27万人もの会員に支持されている理由は他にもあります。

それは「他の予想家の存在」 画像を添付します。

これは江戸川乱舞という予想家の日経新春杯のコラムです。

青文字が消し馬

赤文字が推奨馬

エーティーラッセンを押しまくりです。

結果11人気3着

実は、某競馬予想大会で2度優勝している凄腕予想家です。

知らないですよね?

けど、当たるんです。

これが現実で、これが支持されている理由の一つ。

百聞は一見にしかず。

27万人が使い続けている理由を体験して下さい!

こちら ⇒競馬スピリッツ
f:id:onix-oniku:20200123204719p:plain


【2020きさらぎ賞予想(京都)】

きさらぎ賞(G3) 3歳・国際・特指・別定

京都芝1800m 2020年2月9日(日)

f:id:onix-oniku:20200206165804p:plain
フルゲートは18頭(芝外回り)

 

↓完全無料予想ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


↑クリックお願いします↑


出走馬は8頭となりました。ほかに登録のあったクリノプレミアムとデアリングタクトは回避

 

【2020きさらぎ賞出走馬】

★ノーザンファーム生産馬★

アルジャンナ

ストーンリッジ

トゥルーヴィル

ここはノーザンファームの生産馬が3頭の出走となります。

ノーザンF系の場合、3歳のクラシックに向けてのエリート路線は

新馬勝ち→重賞即挑戦

となります。アルジャンナは新馬勝ちのあと東スポ杯2歳Sで2着に入りました。

ストーンリッジとトゥルーヴィルの2頭は、ともに新馬戦を勝ちここが重賞即挑戦となります。これは極めて良いローテーションです。偏差値次第ではありますが、妙味は十分でしょう。間違っても、即消さない方が良いのではないでしょうか。

レース間隔もほど良く空いて、ノーザンF系Sランク外厩の仕上げが唸りをあげます。

どうしても2,3歳のキャリアの浅い重賞の場合は、人気とのズレが発生する事もあり狙い目になるケースも多々あります。

 

【きさらぎ賞上位人気予想チェック】

1番人気 1.8倍 アルジャンナ

2番人気 4.6倍 ギベルティ

3番人気 5.2倍 グランレイ

※予想単勝オッズ(推定人気)

きさらぎ賞(G3) オッズ | 2020年2月9日 京都11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

 

①アルジャンナ

1番人気予想はアルジャンナです。

ノーザンF系で、新馬勝ちから東スポ杯2歳Sではコントレイルの2着でした。ただし0.8秒差をつけられての2着はどうなのでしょうか。

圧倒的1番人気になるのであれば、つけいるスキはあるかもしれません。

もちろん川田騎手が騎乗で、騎手厩舎外厩もオールピンクです。軸には良さそうですが、人気を背負って2,3着に敗れる可能性もあります。

 

②ギベルティ

2番人気予想はギベルティです。こちらは非ノーザンF系です。

新馬勝ちからの、いきなりの重賞挑戦です。この条件だと好走率はノーザンF系に比べると落ちます。血統やら評判やら雰囲気やらで人気になるのかもしれませんが、実際にノーザンF系と一緒に走ってみないとわかりません。

関東馬というのもどうなのでしょうか。基本的に現在は東京圏の人口が圧倒的なので、発信量が多い関東記者の新聞やネットでの評価が上がり影響を受けます。情報の少ない2,3歳戦なので、実力よりも人気を背負ってしますケースも考えられます。現時点では相手候補の1頭と見るのが無難なところでしょう。

 

③グランレイ

3番人気予想はグランレイです。こちらも非ノーザンF系です。

未勝利戦を勝ったあと、G1の朝日杯FSで3着に入りました。ただしあれは展開が向いたものです。Hペースで流れ、前に行く馬には厳しい展開でした。最初に他馬と接触して出遅れて後方からの競馬となりました。もしスタートでのアクシデントがなく前~中団で競馬をしていたら惨敗していた可能性もあります。

おまけに前走は14番人気での3着でした。今回は人気を集めそうなので、妙味は乏しそうですね。私だったらほぼ軸には買わないタイプです。ほかにノーザンF系もいますし。人気をある程度吸って、消えてくれれば良いタイプですね。こちらも相手候補に留めておくのが無難でしょうね。

 

 


【重賞予想更新スケジュール】

 

▼2020年2/7(金) 重賞予想・枠順確定(全頭詳細コメント付)

 東京新聞杯(G3)・きさらぎ賞(G3)

 金曜の午前中に枠順が確定します

 それに合わせて出走全馬のコメント予想解説がつきます

▼2/8(土) 重賞偏差値予想表確定

 東京新聞杯(G3)・きさらぎ賞(G3)

 偏差値が確定します(偏差値予想データ)

▼2/9(日) 重賞最終予想

 東京新聞杯(G3)・きさらぎ賞(G3)

 レース当日の午前中に最終予想を行います

 重賞最終予想では1レース2万円の勝負馬券の予想買い目も公開されます

 


★2020AJCC3連複&3連単的中★

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

▼過去の全重賞予想結果は▼

2019年下半期重賞予想(7月~12月)

的中率41.0% 回収率140.4%を達成!

www.baken-seikatsu.com

▼重賞最終予想バックナンバー▼

www.baken-seikatsu.com

※全ての偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。


<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報ならおまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20171219225553g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

 

(c)2016-2020 馬券生活☆競馬で生きていく All rights reserved.