馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【弥生賞ディープインパクト記念(G2)2021】過去5年成績傾向データ分析

【弥生賞ディープインパクト記念(G2) 2021】過去成績傾向データ分析

1【弥生賞2021】過去成績傾向(偏差値予想表)

日曜日に中山競馬場では「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」が行われます。いよいよ3歳春のクラシックへ向けて有力馬が始動します。

この弥生賞の1~3着馬にはG1皐月賞への優先出走権が与えられます。

過去の偏差値データ成績から、この弥生賞ディープインパクト記念での【好走傾向条件】をまとめていきましょう。

過去5年分の競馬偏差値データからの過去成績傾向を分析しています。

※過去5年分(2016~2020年)

1-1【弥生賞ディープインパクト記念2021】出走登録馬

 

2021年3月7日(日) 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 中山芝2000m

3歳・国際・指・馬齢

2回中山4日目 15:45発走

<img src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/onix-oniku/20210304/20210304162440.png" alt="弥生賞成績傾向データ分析">

出走馬は10頭(フルゲート18頭)

出走馬は木曜午後に確定します

⇒出走馬が確定しました!

登録のあったスペシャルトークとレインフロムヘヴンの2頭は回避し、10頭立てとなりました。

枠順は金曜午前中に確定します

 

▼弥生賞 枠順が確定しました▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

1-2【弥生賞ディープインパクト記念2021 過去外厩傾向

「弥生賞 ノーザンファーム生産馬」

 

  • シュネルマイスター
  • ダノンザキッド
  • テンバガー
  • ホウオウサンデー

 

以上の4頭は「ノーザンファーム」の生産馬で、「ノーザンF系Sランク外厩」を使われています。

シュネルマイスターは外国産馬で、ドイツ(独)のノーザンファームで生産されました。

 

それら以外に

ワンデイモア(レイクヴィラファーム 生産)

もノーザンF系Sランク外厩を使われています。

 

昨年のホープフルSを快勝したダノンザキッドがここから始動します。

「騎手」「厩舎」「外厩」

とオールピンク(最上位)になっています。ここはどういうレースを見せてくれるのでしょうか。

 

 

 

【弥生賞ディープインパクト記念 過去外厩成績傾向】

 

  • Sランク・ピンク(ノーザンF系) 2-4-2-5(複勝率61.5%)
  • Aランク・オレンジ(上位外厩) 1-0-1-12(複勝率14.3%)
  • Bランク・イエロー(標準外厩) 1-0-2-14(複勝率17.6%)
  • ランク外・無色(外厩効果ナシ) 1-1-0-9(複勝率18.2%)

 

 

この弥生賞はクラシック本番を見据えたレースなのでやはり

【ノーザンF系Sランク外厩】

が圧倒的な強さを見せつけています。

ただし勝ち星は2勝と、他の陣営に勝利を奪われているのは気になりますね。

とはいっても昨年からの2歳戦の流れをみると、やはりここもノーザンF系の馬が中心となりそうです。

 

 

 

※弥生賞ディープインパクト記念 過去5年分の競馬偏差値データより

 

 

 

 

 

 

★【ブログ5周年達成記念】★


中央競馬ランキング

⇧【クリックお願いします】⇧

 

 

 

★今週の重賞過去成績データ傾向★

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の競馬偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

 

▼ブログ5周年達成!▼

www.baken-seikatsu.com

いよいよこのブログ「馬券生活☆競馬で生きていく」も5周年を達成しました!

「競馬偏差値重賞データ」も過去5年分のストックが溜まっています

 

▼フェブラリーS 的中!▼

www.baken-seikatsu.com

 

▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

ぜひフォローしてみましょう!

 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

【弥生賞ディープインパクト記念 過去成績傾向データ分析2021】


f:id:onix-oniku:20201010080919p:plain


【競馬の予想方法を知りたいですか?】

買い目提供ではなく、「予想方法」をお教えします。

2つ参考にするとベストです。

 

①まずは、私が出している「競馬偏差値予想表」

10/4 中山開催

スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。

そして、このブログでは公開していませんが、

個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、

 

②「うまとみらいと」の競馬指数

 

全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。

 

その代表例が、上に載せた画像です。

東京開催 NHKマイルカップ2020

三連単1527.5倍の大波乱を的中

1着:9人気 ラウダシオン M.デムーロ

2着:1人気 レシステンシア C.ルメール

3着:6人気 ギルデッドミラー 福永祐一

「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】

画像の馬番は、右から左へ、人気順に並び替えました。

すると、

1着:9人気 ラウダシオンの穴馬も、

3着:6人気 ギルデッドミラーの穴馬もきっちり抑えています。

これが無料で見れているので私は使っています。

 

有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

実績はこんな感じです。

 

うまとみらいと うまとみらいと

競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、

皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。

こちら(無料)

↓↓↓

うまとみらいと

 


2【弥生賞ディープインパクト記念2021】過去成績傾向データ分析

2-1【弥生賞 2021】過去10年のレース傾向

こちらで弥生賞ディープインパクト記念での、過去のコースや展開・脚質の傾向データをまとめています。

▼中山芝2000メートル(内回り)・コースの特徴▼

 

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。

スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。

芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。

2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

歴史・コース:報知杯弥生賞ディープインパクト記念 今週の注目レース JRA

 

 

 

▼【弥生賞】過去10年のコース展開脚質傾向▼

 

4コーナー先頭馬 0-1-0-9

上がり3ハロン最速馬 3-4-0-3

3着以内馬の脚質 逃げ2 先行6 差し16 追込6

【4角先頭馬】 過去10年で0勝2着1回となっている。

【上がり最速馬】過去10年で3勝2着4回となっている。

【脚質の特色(傾向)】

「4コーナー先頭の馬」

2017年2着 マイスタイル

のただ1頭のみの好走となっています。最初のコーナーまでの距離が長く、急坂を2度も越える中山芝2000mのコース。逃げ馬にとっては息が入らず、後方からの馬に交わされてしまうようです。非常に厳しい傾向となっています。

 

「上がり最速馬」は、複勝率70%となっています。

しかし2014年に路盤が改修されてからは、7年連続で2着以内に好走を続けています。

完全に上がり最速馬にとって有利な状況と言えます。

 

 

脚質は「差し」が圧倒的に優勢となっています。

前に行く馬を見ながら、直線で鋭い脚を発揮できる「差し」馬に向くレースとなっています。

皐月賞や日本ダービーに向けて、馬のポテンシャルを発揮しやすい重賞と言えるでしょう。

「先行」と「追込」はほどほど。

「逃げ」が非常に厳しいですね。できれば4コーナーで先頭には立ちたくないレースとなっています。

 

 

※2011年~2020年の過去10年の弥生賞ディープインパクト記念の結果・成績を参考

 

【弥生賞ディープインパクト記念 過去成績傾向データ分析2021】

 

 

 


▼JRAからの【弥生賞2021】過去傾向データ▼

 

★JRA 弥生賞ディープインパクト記念 予想データ分析★

「過去に掲示板を外したことがある馬は割り引き」

「キャリア2戦から5戦で連勝経験のある馬に注目

「馬券の軸は安定感のある前走G1組」

「前走で鋭い末脚を使った馬が有力」

「ディープインパクト産駒が5連勝中(WIN5)」

 

データ分析:報知杯弥生賞ディープインパクト記念 今週の注目レース JRA

 

 

 


2-2【弥生賞2021】過去5年分好走馬傾向成績

過去の偏差値データからの「弥生賞ディープインパクト記念(G2)」1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

 

2020年3月8日(日) 第57回 芝:重


1着 ①サトノフラッグ(偏差値2位 2番人気)

2着 ⑧ワーケア(偏差値1位 1番人気)

3着 ⑩オーソリティ(偏差値3位 3番人気)

2019年3月3日(日) 第56回 芝:重

1着 ⑩メイショウテンゲン(偏差値8位 8人気) 

2着 ⑤シュヴァルツリーゼ(偏差値4位 6人気) 

3着 ⑧ブレイキングドーン(偏差値5位 4人気)

2018年3月4日(日) 第55回 芝:良


1着 ⑨ダノンプレミアム(偏差値1位 1人気) 

2着 ⑧ワグネリアン(偏差値2位 2人気) 

3着 ③ジャンダルム(偏差値4位 4人気)

2017年3月5日(日) 第54回 芝:良


1着 ⑪カデナ(偏差値1位 1人気) 

2着 ⑩マイスタイル(偏差値7位 8人気) 

3着 ④ダンビュライト(偏差値5位 5人気)

2016年3月6日(日) 第53回 芝:良

1着 ⑪マカヒキ(偏差値2位 2人気) 

2着 ⑩リオンディーズ(偏差値1位 1人気) 

3着 ④エアスピネル(偏差値3位 3人気)

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

【弥生賞ディープインパクト記念 過去成績傾向データ分析2021】

 

 

 

【弥生賞 偏差値データ成績好走条件まとめ】

弥生賞ディープインパクト記念の過去5年分の偏差値データからの好走馬の傾向を

【各偏差値データの条件別傾向】からまとめています

 

【枠順】

7~8枠が10頭来ている。5年連続で7枠1頭8枠1頭の馬が来ている。外枠有利の傾向。

【偏差値】

15頭中12頭がB判定以上。

【騎手乗り替わり】

前走からの継続が11回来ている傾向。

【騎手】

15頭中15頭がBランク以上。Cランク以下の騎手は全く来ていない傾向。

【厩舎】

15頭中11頭がBランク以上。Cランクの厩舎が4回来ている。Dランク以下の厩舎は全く来ていない傾向。

【追い切り】

15頭中12頭が追切の印つき。

【展開★】

15頭中10頭が展開★の印つき。

「展開★(ピンク)」の成績は1-0-2-2(複勝率60%)

【間隔】外厩効果を表す

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 2-4-2-5(複勝率61.5%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 1-0-1-12(複勝率14.3%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 1-0-2-14(複勝率17.6%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 1-1-0-9(複勝率18.2%)

【展開順偏差値予想表】

「前から5番手以降」の位置に予想された馬が毎年必ず3着以内に来ている傾向(9頭該当)。

 

 

 

【弥生賞 好走馬傾向ピックアップ】

弥生賞ディープインパクト記念 

過去5年分における好走馬の競馬偏差値データ成績からの傾向をピックアップしています

 

 

◆傾向①【外枠(7枠8枠)が強力】

過去5年間で7枠の馬が5頭、8枠の馬が5頭と毎年7枠と8枠の馬が1頭ずつ馬券圏内に来ています。

少頭数のレースとなる事が多いのですが、基本的に「外枠有利」の傾向となっています。

 

 

 

◆傾向②【騎手ランクは圧倒的に上位が強い】

「騎手ランク」がBランク以上の馬は15頭中15頭が3着以内に来ています。

過去5年間で3着以内に好走した馬の全てに

「Bランク以上」

の上位ランクの騎手が騎乗していました。

Cランク以下の騎手は全く馬券に絡むことができていません。

クラシック本番を意識したレースなので、上位ランクの騎手が中心となります。

 

 

 

◆傾向③【外厩はノーザンF系が非常に有利】

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 2-4-2-5(複勝率61.5%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 1-0-1-12(複勝率14.3%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 1-0-2-14(複勝率17.6%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 1-1-0-9(複勝率18.2%)

 

外厩は【ノーザンF系Sランク】が非常に良い成績を収めています。

複勝率は60%を超え、圧倒的に有利となっています。

Aランクの外厩は、完全にノーザンF系に喰われている感じですね。

 

 

 

 

◆傾向④【展開順位は後半の馬が好走】

展開順位で「前から5番手以降」の位置に予想されていた馬が、毎年3着以内に好走しています(9頭該当)。

基本的に、逃げ馬には向かない重賞です。

「前から5番手以降」の位置に予想された「差し馬」を中心に考えていくべきレースと言えるでしょう。

 

 

 

 

※このブログでの過去5年分の重賞偏差値予想表データが対象(それ以前はデータの作成はありません)

 

【弥生賞ディープインパクト記念 過去成績傾向データ分析2021】

 

 

 

 

↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


クリックお願いします

 


2-3【弥生賞ディープインパクト記念】過去成績結果5年分

過去5年の「弥生賞ディープインパクト記念」競馬偏差値予想表の結果・成績(払い戻し)をまとめています

 

2020年3月8日(日) 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 芝:重

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

 

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ①サトノフラッグ(偏差値2位 追切◎展開★)

2着 ⑧ワーケア(偏差値1位 追切▲展開★)

3着 ⑩オーソリティ(偏差値3位)

単勝 1 280円 複勝 1 8 10 110円 110円 120円 枠連 1-7 370円

馬連 1-8 370円 ワイド 1-8 1-10 8-10 170円 210円 200円    

馬単 1-8 690円 3連複 1-8-10 420円 3連単 1-8-10 1,510円

 

 

2019年3月3日(日) 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 芝:重


1着 ⑩メイショウテンゲン(偏差値8位)

2着 ⑤シュヴァルツリーゼ(偏差値4位 追切△)

3着 ⑧ブレイキングドーン(偏差値5位 追切注)

単勝 10 3,910円 複勝 10 5 8 780円 600円 250円 枠連 5-8 14,470円

馬連 5-10 32,600円 ワイド 5-10 8-10 5-8 6,170円 2,250円 1,890円    

馬単 10-5 69,140円 3連複 5-8-10 38,960円 3連単 10-5-8 457,370円

 

2018年3月4日(日) 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 芝:良


1着 ⑨ダノンプレミアム(偏差値1位 追切◎展開★)

2着 ⑧ワクネリアン(偏差値2位 追切注展開★)

3着 ③ジャンダルム(偏差値4位 追切〇)

単勝 9 180円 複勝 9 8 3 110円 110円 140円 枠連 7-8 270円

馬連 8-9 300円 ワイド 8-9 3-9 3-8 150円 230円 320円    

馬単 9-8 450円 3連複 3-8-9 500円 3連単 9-8-3 1,320円

 

 

2017年3月5日(日) 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 芝:良


1着 ⑪カデナ(偏差値1位 追切▲展開★)

2着 ⑩マイスタイル(偏差値7位 展開★)

3着 ④ダンビュライト(偏差値5位 展開★)

単勝 11 330円 複勝 11 10 4 160円 490円 270円 枠連 7-8 520円

馬連 10-11 4,360円 ワイド 10-11 4-11 4-10 1,290円 690円 2,170円    

馬単 11-10 5,480円 3連複 4-10-11 9,480円 3連単 11-10-4 46,720円

 

2016年3月6日(日) 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 芝:良


1着 ⑪マカヒキ(偏差値2位 追切◎展開★)

2着 ⑩リオンディーズ(偏差値1位 追切▲展開★)

3着 ④エアスピネル(偏差値3位 追切〇展開★)

単勝 11 260円 複勝 11 10 4 110円 110円 110円 枠連 7-8 220円

馬連 10-11 220円 ワイド 10-11 4-11 4-10 120円 160円 130円    

馬単 11-10 440円 3連複 4-10-11 190円 3連単 11-10-4 830円

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

【弥生賞ディープインパクト記念 過去成績傾向データ分析2021】

 

 

 


★【ブログ5周年達成記念!★


中央競馬ランキング

⇧【クリックお願いします】⇧

 

▼過去の全重賞予想結果(最終予想)は▼

www.baken-seikatsu.com

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

ぜひフォローしてみましょう!

 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

▼今週の重賞過去成績データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

 

▼ブログ5周年達成!▼

www.baken-seikatsu.com

▼フェブラリーS 的中!▼

www.baken-seikatsu.com

 


3【弥生賞ディープインパクト記念2021】過去成績データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

弥生賞(G2)偏差値データ成績(過去5年分)

2020年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 サトノフラッグ 66.85 S マーフィー -1 武豊 36.9 国枝 42.6 8 6
2 2 エンデュミオン 38.15 E 西村淳 -2 田中勝 15.2 清水久 25.6 2 4
3 3 パンサラッサ 52.12 C 継続 坂井 19.6 矢作 26.1 5 1
4 4 オーロアドーネ 47.46 C マーフィー -1 三浦 32.8 戸田 25.9 4 8
5 5 ブラックホール 49.79 C 継続 石川 16.4 相沢 22.5 9 5
6 6 ウインカーネリアン 46.69 D 松岡 -1 ミナリク 18.1 鹿戸 29.0 4 3
6 7 メイショウボサツ 43.58 D 藤岡康 横山典 23.2 西浦 24.6 12 11
7 8 ワーケア 68.4 S 継続 ルメール 58.2 手塚 33.5 9 10
7 9 アラタ 41.26 E 継続 大野 20.3 和田勇 8.7 6 7
8 10 オーソリティ 57.55 A 池添 +1 ヒューイット 0.0 木村 40.4 9 9
8 11 ディヴァイナシオン 38.15 E 武豊 -3 内田 18.2 15.3 1 2

2019年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 ラストドラフト 62.3 A 継続 ルメール 61.1 戸田 25.4 6 2
2 2 ニシノデイジー 61.4 A 継続 勝浦 18.0 高木 27.3 8 8
3 3 カントル 58.0 A 戸崎 +1 Mデムーロ 58.2 藤原英 47.9 4 5
4 4 サトノラディウス 52.0 C 継続 武豊 39.7 国枝 37.9 4 3
5 5 シュヴァルツリーゼ 52.9 B 藤岡康 +2 石橋 33.3 37.2 16 9
6 6 ヴァンケドミンゴ 42.7 D 浜中 -3 ミナリク 11.3 藤岡 32.4 12 1
7 7 ラバストーン 26.5 F 継続 江田照 8.4 大江原 9.4 0 10
7 8 ブレイキングドーン 52.0 C 継続 福永 42.4 中竹 28.0 8 4
8 9 ナイママ 46.9 D 継続 柴田大 16.5 河津 0.0 2 6
8 10 メイショウテンゲン 45.2 D 継続 池添 28.6 池添兼 24.5 3 7

 

2018年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 オブセッション 58.0 A 継続 ルメール 58.0 藤沢和 41.0 12 7
2 2 アラウン 36.7 F 野中 +4 ミナリク 33.3 20.3 3 8
3 3 ジャンダルム 56.1 B 継続 武豊 35.0 池江 44.7 8 4
4 4 リビーリング 52.2 C 継続 戸崎 43.8 萩原 25.6 4 3
5 5 ヘヴィータンク 34.1 F 野中 11.4 20.3 -
6 6 アサクサスポット 40.6 E 継続 武藤 13.2 戸田 29.0 3 6
7 7 トラストケンシン 43.1 D 岩田康 -1 内田 25.2 高橋文 23.7 2 9
7 8 ワグネリアン 59.3 A 継続 福永 40.9 友道 42.6 14 5
8 9 ダノンプレミアム 64.5 S 継続 川田 45.9 中内田 39.6 10 2
8 10 サンリヴァル 55.4 B 田辺 -1 藤岡佑 26.5 藤岡 42.3 8 1

2017年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 ベストアプローチ 54.0 B 内田 +3 戸崎 43.9 藤原英 36.8 4 8
2 2 テーオーフォルテ 44.4 D 継続 城戸 10.7 藤岡 28.3 2 6
3 3 グローブシアター 57.7 A 福永 川田 44.0 角居 39.2 9 7
4 4 ダンビュライト 56.5 B 継続 ルメール 52.6 音無 23.7 3 4
5 5 サトノマックス 46.8 D ルメール -2 シュタルケ 25.5 38.0 2 9
5 6 キャッスルクラウン 29.9 F 継続 中野省 0.0 渋谷博 0.0 2 12
6 7 コマノインパルス 60.1 A 継続 田辺 30.2 菊川 16.7 6 11
6 8 スマートエレメンツ 35.9 F 武豊 -2 蛯名 23.4 鹿戸 28.3 2 5
7 9 ダイワキャグニー 61.3 A 継続 北村宏 23.3 菊沢 21.8 4 3
7 10 マイスタイル 48.0 C 浜中 -1 横山典 27.2 26.8 2 2
8 11 カデナ 62.5 S 継続 福永 43.2 中竹 23.8 13 10
8 12 ディアシューター 43.2 D 田辺 -3 大野 15.5 高木 18.3 2 1

2016年 

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 アドマイヤエイカン 52.7 B 継続 岩田康 36.3 須貝 31.0 0 7
2 2 シャララ 35.9 F 大野 -1 江田照 11.7 田村 17.5 2 6
3 3 タイセイサミット 52.7 B 継続 内田 24.2 矢作 25.7 7 4
4 4 エアスピネル 62.3 A 継続 武豊 32.1 笹田 21.0 10 3
5 5 ヴィガーエッジ 39.5 E 継続 横山典 27.2 池上 19.8 6 8
5 6 モウカッテル 46.7 D バルジュ 三浦 26.7 30.2 3 12
6 7 ケンホファヴァルト 45.5 D 継続 小崎 25.5 30.2 2 2
6 8 イマジンザット 47.9 C 石川 +5 戸崎 38.7 斎藤誠 29.3 1 5
7 9 モーゼス 43.1 D 大野 +2 蛯名 28.2 大江原 20.3 1 1
7 10 リオンディーズ 68.3 S 継続 Mデムーロ 44.5 角居 34.3 10 9
8 11 マカヒキ 64.7 S 継続 ルメール 48.3 友道 38.5 5 11
8 12 エディクト 40.7 E 三浦 -2 大野 16.8 二ノ宮 21.5 1 10

 

 

このブログでの「重賞偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。 

「競馬偏差値」はオニキスお肉が作成した完全オリジナル指数です

【弥生賞ディープインパクト記念 過去成績傾向データ分析2021】

 

 


※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2021 Onix-Oniku All rights reserved.