馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

東京新聞杯(G3) 2021【過去成績データ傾向】

【東京新聞杯(G3) 2021】過去傾向データ 

1【東京新聞杯2021】過去成績傾向(偏差値予想表)

日曜日に東京競馬場では東京新聞杯が行われます。マイルのG3ですね。東京芝コースは幅員の狭いDコースで行われます。

※過去4年分(2017~2020年)

1-1.東京新聞杯 2021出走登録馬

 

2021年2月7日(日) 東京新聞杯(G3) 東京芝1600m

4歳以上・国際・特指・別定

1回東京4日目 15:45発走

f:id:onix-oniku:20210204170540p:plain

出走馬は16頭(フルゲート16頭)

出走馬は木曜午後に確定します

⇒出走馬が確定しました!

登録のあったヴェロックスは出走を回避しました。

代わりに

プロディガルサン

が繰り上がりで出走となりました。

枠順は金曜午前中に確定します

 

★東京新聞杯 枠順が確定しました★

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

 

 

【東京新聞杯 2021 過去外厩傾向

「ノーザンファーム生産馬」

 

  • カテドラル
  • サトノアーサー
  • シャドウディーヴァ
  • プロディガルサン

 

上記の4頭はともにノーザンファーム系のSランク外厩を使われています。

 

ここは上位ランクの

「ルメール」「福永」「戸崎」

騎手のいずれも、非ノーザンF系の馬に騎乗予定となっています。ここは波乱の目も有り得るという事になるのでしょうか。

 

 

 

 

【間隔】外厩効果を表す

 

  • Sランク・ピンク(ノーザンF系) 4-3-0-18(複勝率28%)
  • Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-3-7(複勝率36.4%)
  • Bランク・イエロー(標準外厩) 0-0-1-12(複勝率7.7%)
  • ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-8(複勝率0%)

 

ここは「ノーザンF系Sランク外厩」を使われた馬

過去4年間で4勝2着3回とほぼ上位を独占しています。

ノーザンF系外厩を使われた馬が出走数自体でも圧倒しています。まずは優先的に「Sランク外厩」の馬から選んでいきたいところですね。

 

続いて「Aランク外厩」を使われた馬も、勝ち星こそないものの好走の確率は非常に高くなっています。これにも注意が必要ですね。

 

「外厩効果ナシ」の馬は過去4年間で1頭も馬券に絡んでいません

 

 

 

※東京新聞杯 過去4年の偏差値データより

 

 

 

 

 

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


クリックお願いします

 

 

 

★今週の重賞過去成績データ傾向★

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

 

【東京新聞杯 過去好走馬傾向2021】


f:id:onix-oniku:20201010080919p:plain


【競馬の予想方法を知りたいですか?】

買い目提供ではなく、「予想方法」をお教えします。

2つ参考にするとベストです。

 

①まずは、私が出している「競馬偏差値予想表」

10/4 中山開催

スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。

そして、このブログでは公開していませんが、

個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、

 

②「うまとみらいと」の競馬指数

 

全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。

 

その代表例が、上に載せた画像です。

東京開催 NHKマイルカップ2020

三連単1527.5倍の大波乱を的中

1着:9人気 ラウダシオン M.デムーロ

2着:1人気 レシステンシア C.ルメール

3着:6人気 ギルデッドミラー 福永祐一

「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】

画像の馬番は、右から左へ、人気順に並び替えました。

すると、

1着:9人気 ラウダシオンの穴馬も、

3着:6人気 ギルデッドミラーの穴馬もきっちり抑えています。

これが無料で見れているので私は使っています。

 

有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

実績はこんな感じです。

 

うまとみらいと うまとみらいと

競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、

皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。

こちら(無料)

↓↓↓

うまとみらいと

 


1-2.東京新聞杯 過去10年のレース傾向

こちらで東京新聞杯での、過去のコースや展開・脚質の傾向データをまとめています。

▼東京芝1600メートル・コースの特徴▼

 

f:id:onix-oniku:20210203155036p:plain

 

2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、その後300メートルはほぼ平坦。

前半が速くなりやすく、坂を上った後にゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。

速い時計の決着になるとスプリンタータイプやインを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには中距離タイプや末脚のしっかりしたタイプが好走しやすい。

歴史・コース:東京新聞杯 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

▼過去10年のコース展開脚質傾向▼

4コーナー先頭馬 2-1-0-7

上がり3ハロン最速馬 0-3-0-7

3着以内馬の脚質 逃げ5 先行7 差し12 追込6

【4角先頭馬】 過去10年で2勝2着1回となっている。

【上がり最速馬】過去10年で0勝2着3回となっている。

【脚質の特色(傾向)】

4コーナー先頭の馬は2勝と2着が1回となっています。展開に恵まれると2着までに来る可能性があります。

上がり最速馬は2着が3回のみで複勝率30%と上がり最速馬の条件としては非常に悪い成績となっています。

これは幅員の狭い東京芝Dコースが関係しているのではないでしょうか。コーナーの曲がる角度もきつくなり、スムーズに後方から上がり最速を繰り出しても他の馬を交わす事ができないという事なのでしょう。

 

脚質は差し」が一番好走しています。上がり2~5位くらいの鋭い脚を使い、上手く馬群を捌けるようなタイプの馬に向いています。

「先行」「追込」「逃げ」はあまり変わらずという感じですね。

その時のペースによって「逃げ」が残ったり、「追込」が届いたりというのが繰り返されているようです。

 

 

 

※2011年~2020年の過去10年の成績を参考

 

【東京新聞杯 過去好走馬傾向2021】

 

 

 


▼JRAからの東京新聞杯 過去傾向データ▼

 

★JRA 東京新聞杯 予想データ分析★

「前走が3勝クラスまたはJRA・G1だった馬に注目」

「前年のJRA・G1における成績をチェック

「牝馬が大活躍」

「年齢や枠順に特徴あり(WIN5)」

 

データ分析:東京新聞杯 今週の注目レース JRA

 

 


1-3.東京新聞杯 2021 過去好走馬傾向

過去の偏差値データからの1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

 

2020年2月9日(日) 第70回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203191740p:plain

1着 ①プリモシーン(偏差値2位 4番人気)

2着 ⑫シャドウディーヴァ(偏差値6位 6番人気)

3着 ⑬クリノガウディー(偏差値8位 5番人気)

2019年2月3日(日) 第69回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203191849p:plain

1着 ②インディチャンプ(偏差値4位 1番人気)

2着 ⑥レッドオルガ(偏差値6位 6番人気)

3着 ①サトノアレス(偏差値3位 4番人気)

2018年2月4日(日) 第68回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203191939p:plain

1着 ⑧リスグラシュー(偏差値4位 3番人気)

2着 ③サトノアレス(偏差値5位 5番人気)

3着 ⑮ダイワキャグニー(偏差値2位 2番人気)

2017年2月5日(日) 第67回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203192010p:plain

1着 ②ブラックスピネル(偏差値2位 3番人気)

2着 ⑤プロディガルサン(偏差値4位 5番人気)

3着 ⑦エアスピネル(偏差値2位 1番人気)

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

【東京新聞杯 過去好走馬傾向2021】

 

 

 

【東京新聞杯 偏差値データ成績好走条件まとめ】

東京新聞杯の過去の偏差値データからの好走馬の傾向を【各偏差値データの条件別傾向】からまとめています

 

【枠順】

1~4枠が7頭来ている。やや内枠有利の傾向。

【偏差値】

12頭中11頭がB判定以上。上位2着までは全てB判定以上。D判定以下は全く来ていない。

【騎手乗り替わり】

前走からの継続が4回のみ。乗り下がりも6回来ている。

【騎手】

12頭中8頭がBランク以上。勝ち馬はすべてAランク以上。

【厩舎】

12頭中7頭がBランク以上。Cランクが4頭来ている。

【追い切り】

12頭中11頭が追切の印つき。勝ち馬はすべて印アリ。

【展開★】

12頭中9頭が展開★の印つき。

【間隔】外厩効果を表す

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 4-3-0-18(複勝率28%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-3-7(複勝率36.4%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 0-0-1-12(複勝率7.7%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-8(複勝率0%)

【展開順偏差値予想表】

「前から6番手以内」に予想された馬が必ず来ている(8頭該当)

 

 

 

【偏差値過去データからの好走傾向条件】

東京新聞杯 好走馬の傾向ポイントまとめ

 

 

◆傾向①【偏差値上位が信頼できる】

偏差値B判定以上の馬が12頭中11頭3着以内に来ていました。

その内、2着までは全て偏差値B判定以上で決着していました。そして勝ち馬はすべて偏差値A判定以上となっています。

3着に来た残りの1頭も偏差値C判定となっています。

偏差値D判定以下の馬の好走の確率はかなり低いと予測できます。

 

 

 

◆傾向②【騎手の乗り下がりは気にしない】

騎手ランクは12頭中8頭がBランク以上が3着以内に来ていました。勝ち馬はすべてAランク以上の騎手によるものです。

あとは、前走からの継続騎乗は4回しか来ていません。

その内、騎手が乗り下がったケースが6回も来ています。騎手の乗り下がりには神経質になる事はないでしょう。

 

 

 

◆傾向③【追切の印に大注目!】

「追切」の印がついていた馬が12頭中11頭が3着以内に来ていました。

勝ち馬にはすべて追切の印がついていました。

 

2020年3着 クリノガウディー

この馬は唯一「偏差値C判定」で3着以内に好走していましたが

「追切◎」と、その追切は非常に良いものでありました。

「追切◎」の馬は過去4年すべて3着以内に好走しています。やはり最重要に近い印という事になるでしょう。

 

 

 

◆傾向④【外厩は上位ランクが強い】

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 4-3-0-18(複勝率28%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-3-7(複勝率36.4%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 0-0-1-12(複勝率7.7%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-8(複勝率0%)

 

過去4年で「ノーザンF系」の外厩を使われていた馬

4勝2着3回

と好走のほとんどを占めています。

ノーザンF系の外厩馬が25頭も出走と、数で圧倒していますね。

まずはやはりノーザンF系外厩馬の取捨がポイントとなりそうです。

 

続いて「Aランク外厩」の馬もその好走の確率は高くなっています。3着まではほぼ上位外厩で独占されていますね。

「外厩効果ナシ」の馬の好走はゼロと非常に厳しい傾向となっています。

 

2018年9着 グレーターロンドン(1番人気)

こちらの馬にも外厩効果はありませんでした。今考えると、凡走の理由も頷けますね。

 

 

 

 

◆傾向⑤【前目の位置に予想された馬が強い】

展開順位で、「前から6番手以内」の位置に予想されていた馬が、過去4年間で毎年3着以内に来ています(該当馬は8頭)。

やはり東京芝Dコースは幅員の狭いコースなので、前目の位置で上手く立ち回れる馬に展開利があると言えます。

絶好の狙い目ポイントとなりそうです。

 

「逆に前から8番手以降」の位置に予想されていた馬で、3着以内に好走した3頭は、全て偏差値A判定以上となっていました。

後方の位置に予想された低偏差値の馬は評価を下げるべきでしょう。

 

 

 

※このブログでの過去4年分の重賞偏差値予想表データが対象(それ以前はデータの作成はありません)

【東京新聞杯 過去好走馬傾向2021】

 

 

 

 

↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


クリックお願いします

 


1-4.東京新聞杯 過去成績データ

過去4年の「東京新聞杯」競馬偏差値予想表の結果・成績(払い戻し)をまとめています

 

2020年2月9日(日) 東京新聞杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203185727p:plain

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

 

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ①プリモシーン(偏差値2位 追切◯展開★)

2着 ⑫シャドウディーヴァ(偏差値6位 追切▽展開★)

3着 ⑬クリノガウディー(偏差値8位 追切◎展開★)

単勝 1 780円 複勝 1 12 13 290円 340円 300円 枠連 1-6 1,960円

馬連 1-12 7,270円 ワイド 1-12 1-13 12-13 1,980円 1,460円 1,690円    

馬単 1-12 12,920円 3連複 1-12-13 19,730円 3連単 1-12-13 125,560円

 

 

2019年2月3日(日) 東京新聞杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203185808p:plain

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ②インディチャンプ(偏差値4位 追切◎展開★)

2着 ⑥レッドオルガ(偏差値6位 展開★)

3着 ①サトノアレス(偏差値3位 追切▲展開★)

単勝 2 270円 複勝 2 6 1 140円 240円 240円 枠連 2-4 1,740円

馬連 2-6 1,840円 ワイド 2-6 1-2 1-6 630円 630円 940円    

馬単 2-6 2,840円 3連複 1-2-6 4,300円 3連単 2-6-1 18,190円

 

 

 

 

2018年2月4日(日) 東京新聞杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203185850p:plain

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ⑧リスグラシュー(偏差値4位 追切◎)

2着 ③サトノアレス(偏差値5位 追切▽)

3着 ⑮ダイワキャグニー(偏差値2位 追切注展開★)

単勝 8 550円 複勝 8 3 15 210円 280円 170円 枠連 2-4 1,230円

馬連 3-8 2,450円 ワイド 3-8 8-15 3-15 980円 610円 760円    

馬単 8-3 4,430円 3連複 3-8-15 4,630円 3連単 8-3-15 27,390円

 

 

2017年2月5日(日) 東京新聞杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210203185929p:plain

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ②ブラックスピネル(偏差値2位 追切◎展開★)

2着 ⑤プロディガルサン(偏差値4位 追切◯)

3着 ⑦エアスピネル(偏差値2位 追切注展開★)

単勝 2 640円 複勝 2 5 7 160円 240円 110円 枠連 2-5 2,890円

馬連 2-5 3,150円 ワイド 2-5 2-7 5-7 870円 230円 390円    

馬単 2-5 5,190円 3連複 2-5-7 1,610円 3連単 2-5-7 15,460円

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

【東京新聞杯 過去好走馬傾向2021】

 

 

 

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

www.baken-seikatsu.com

 

↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

 

▼今週の重賞過去成績データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 


1-5.東京新聞杯 過去成績 データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

【東京新聞杯 過去好走馬傾向2021】

2020年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 プリモシーン 66.4 S ビュイック -1 Mデムーロ 40.0 木村 40.4 11 3
1 2 ヴァンドギャルド 57.2 B 岩田望 +4 福永 42.5 藤原英 33.3 10 4
2 3 モルフェオルフェ 38.0 E 丹内 -2 江田照 10.8 大江原 10.8 2 1
2 4 クルーガー 46.2 D マカヴォイ -3 フォーリー 12.5 高野 33.8 14 12
3 5 サトノアーサー 56.3 B ルメール -1 田辺 32.8 池江 40.7 10 8
3 6 レイエンダ 58.1 A ルメール -2 丸山 25.8 藤沢和 44.4 11 15
4 7 ケイデンスコール 49.0 C 北村友 -1 石橋 28.8 安田隆 37.4 10 10
4 8 スウィングビート 43.5 D ミナリク +2 大野 20.3 加藤征 31.4 3 11
5 9 レッドヴェイロン 70.0 S ムーア ルメール 58.2 石坂正 39.6 10 6
5 10 ロワアブソリュー 39.8 E 坂井 吉田豊 16.8 須貝 28.4 10 14
6 11 キャンベルジュニア 45.3 D 石橋 -3 ミナリク 18.1 43.4 15 5
6 12 シャドウディーヴァ 54.5 B 三浦 -1 岩田康 29.6 斎藤誠 20.5 8 2
7 13 クリノガウディー 49.0 C 藤岡佑 -2 横山典 23.2 藤沢則 8.9 11 7
7 14 ゴールドサーベラス 30.7 F 坂井 内田 18.2 清水英 11.1 11 13
8 15 ケイアイノーテック 52.6 B 津村 23.8 平田 26.3 9 16
8 16 ドーヴァー 43.5 D 福永 -3 北村宏 22.7 伊藤圭 17.7 4 9

2019年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 サトノアレス 64.0 S 川田 -4 柴山 17.0 藤沢和 47.5 5 15
2 2 インディチャンプ 58.4 A 継続 福永 42.4 音無 31.8 6 8
2 3 テトラドラクマ 51.9 C 石川 +3 田辺 29.9 小西 22.0 11 2
3 4 ストーミーシー 34.3 F 継続 杉原 15.0 斎藤誠 20.0 2 12
3 5 タワーオブロンドン 64.9 S ビュイック ルメール 61.1 藤沢和 47.5 9 7
4 6 レッドオルガ 53.8 B Cデムーロ -1 北村友 34.9 藤原英 47.9 6 6
4 7 ゴールドサーベラス 36.1 F 柴山 +1 大野 22.8 清水英 5.4 3 11
5 8 ロードクエスト 46.4 D 福永 -2 三浦 27.7 小島茂 30.6 3 14
5 9 ヤングマンパワー 38.0 E 丸山 -2 ブロンデル 13.3 手塚 25.0 3 5
6 10 ロジクライ 65.8 S Cデムーロ -2 横山典 25.7 須貝 40.7 10 1
6 11 ジャンダルム 47.3 D 継続 武豊 39.7 池江 44.0 10 10
7 12 ショウナンアンセム 44.5 D 吉田隼 -1 ミナリク 15.4 田中剛 21.1 2 3
7 13 リライアブルエース 55.6 B 継続 坂井 25.6 矢作 26.2 3 13
8 14 レアリスタ 41.7 E 継続 石橋 33.3 37.2 16 4
8 15 レイエンダ 47.3 D ルメール -3 北村宏 20.3 藤沢和 47.5 8 9

2018年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 アドマイヤリード 54.6 B 戸崎 -3 藤岡康 21.3 須貝 38.1 15 12
1 2 デンコウアンジュ 37.4 F 継続 蛯名 24.8 荒川 19.6 6 14
2 3 サトノアレス 57.3 B ルメール -4 柴山 16.5 藤沢和 41.0 9 6
2 4 ディバインコード 56.0 B ルメール -3 北村宏 20.1 栗田博 28.8 7 2
3 5 トウショウピスト 44.1 D 古川 田中勝 15.2 角田 24.8 5 1
3 6 ガリバルディ 45.4 D 岩田康 -1 三浦 21.8 藤原英 44.6 10 11
4 7 クルーガー 63.9 S 継続 浜中 31.6 高野 27.7 3 8
4 8 リスグラシュー 59.9 A 福永 武豊 35.0 矢作 28.9 11 15
5 9 ハクサンルドルフ 42.7 D 大野 +3 戸崎 43.8 西園 23.2 14 10
5 10 ダノンプラチナ 56.0 B 蛯名 +1 田辺 33.4 国枝 35.2 2 7
6 11 ベルキャニオン 49.3 C 継続 石橋 28.5 36.6 6 5
6 12 マイネルアウラート 30.8 F 丹内 +1 柴田大 21.3 高橋裕 18.5 3 4
7 13 カデナ 36.1 F 継続 福永 40.9 中竹 14.2 3 16
7 14 ストーミーシー 42.7 D 継続 大野 21.9 斎藤誠 29.2 3 9
8 15 ダイワキャグニー 62.6 S 継続 横山典 21.8 菊沢 23.4 3 3
8 16 グレーターロンドン 61.2 A 田辺 +1 川田 45.9 大竹 26.2 6 13

2017年

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 ダイワリベラル 42.4 E 継続 北村宏 23.3 菊沢 21.8 2 5
2 2 ブラックスピネル 61.6 A 福永 Mデムーロ 43.8 音無 23.7 4 4
3 3 マイネルアウラート 49.6 C 継続 柴田大 25.4 高橋裕 29.2 2 1
4 4 ストーミーシー 31.6 F 継続 江田照 8.2 斎藤誠 28.5 0 7
5 5 プロディガルサン 54.4 B 継続 田辺 30.2 国枝 31.5 14 6
6 6 ブラックムーン 43.6 D 浜中 -2 内田 22.2 西浦 29.5 4 10
7 7 エアスピネル 61.6 A 継続 武豊 32.9 笹田 24.3 4 3
7 8 タガノブルグ 41.2 E 藤岡康 吉田隼 28.2 鮫島 25.8 8 8
8 9 ロイカバード 49.6 C 武豊 -1 横山典 27.2 松永幹 26.1 6 9
8 10 ヤングマンパワー 64.0 S バルザローナ +2 戸崎 43.9 手塚 28.3 10 2

 

 

このブログでの「重賞偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。 

「競馬偏差値」はオニキスお肉が作成した完全オリジナル指数です

 

 


※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2021 Onix-Oniku All rights reserved.