馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

紫苑S(G3)2021【好走馬傾向(過去成績偏差値データ)】

【2021紫苑ステークス(G3)】過去好走馬傾向データ 

1【2021紫苑S】過去成績傾向(偏差値予想表)

土曜日に中山競馬場では「紫苑ステークス(G3)」が行われます。

3歳牝馬による秋華賞へのトライアルレースです。これが秋競馬の開幕初戦の重賞となります。

過去の偏差値重賞データ成績からの好走馬傾向をまとめています。

※過去5年分偏差値予想表(2016~2020年)

1-1【2021紫苑ステークス】出走登録馬

2021年9月11日(土) 紫苑ステークス(G3) 中山芝2000m

3歳牝・国際・指・馬齢

4回中山1日目 15:45発走

f:id:onix-oniku:20210910113952p:plain

【出走馬は18頭】(フルゲート18頭)

出走馬が確定しています!

枠順は金曜午前中に確定します

⇒枠順が確定しました!

※キヨラは地方所属馬です

 

 

 

【偏差値】はレース前日の夕方以降に確定します

 

 

★紫苑S 偏差値が確定しました!★

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

▼今週の重賞過去好走馬データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

 

 

 

 

 

【2021紫苑S 過去外厩傾向

「ノーザンファーム生産馬」

 

エクランドール

クリーンスイープ

シャーレイポピー

スルーセブンシーズ

ファインルージュ

プレミアエンブレム

ミスフィガロ

メイサウザンアワー

上記の8頭は【ノーザンF系Sランク外厩】を使われています。

 

これら以外に

ホウオウイクセル(レイクヴィラF 生産)

【ノーザンF系Sランク外厩】を使われています。

 

この紫苑Sは基本的に高偏差値のノーザンF系の馬が活躍するレースとなっています。

とくに重賞に昇格しての過去5年間で

良馬場で開催された4年間ではすべて【ノーザンF系Sランク外厩】を使われた馬が勝利しています。

良馬場で行われた時は、高偏差値のノーザンF系の馬が軸として信頼できる重賞と言えます。

 

 

 


【★ブログ5周年達成記念★】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

【◆⇧【クリックお願いします】⇧◆】


 

 

 

【外厩ランク別成績(紫苑S)】

 

  • Sランク・ピンク(ノーザンF系) 4-2-2-26(複勝率23.5%)
  • Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-2-15(複勝率16.7%)
  • Bランク・イエロー(標準外厩) 1-2-1-25(複勝率13.8%)
  • ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-4(複勝率0%)

 

紫苑Sでの外厩は素直にランク順位の通りに

S>A>B

と成績が良くなっています。

 

良馬場で行われた時はすべてノーザンF系の馬が勝利しています。

【Aランク上位外厩】

【Bランク標準外厩】

の馬は、基本的には相手として選ぶのが無難と言えるでしょう。

 

【外厩効果ナシ】

の馬にはかなり厳しい結果となっています。

アイリッシュムーン

エイシンチラー

キヨラ

の3頭には厳しいレースが予想されます。

 

 

 

※紫苑ステークス 過去5年の偏差値データより

 

 

 

 

【◆↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓◆】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所

【◆↑クリックお願いします↑◆】

 

 

 

 

 

【紫苑ステークス 過去好走馬傾向2021】


f:id:onix-oniku:20201010080919p:plain


【競馬の予想方法を知りたいですか?】

買い目提供ではなく、「予想方法」をお教えします。

2つ参考にするとベストです。

 

①まずは、私が出している「競馬偏差値予想表」

10/4 中山開催

スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。

そして、このブログでは公開していませんが、

個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、

 

②「うまとみらいと」の競馬指数

 

全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。

 

その代表例が、上に載せた画像です。

東京開催 NHKマイルカップ2020

三連単1527.5倍の大波乱を的中

1着:9人気 ラウダシオン M.デムーロ

2着:1人気 レシステンシア C.ルメール

3着:6人気 ギルデッドミラー 福永祐一

「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】

画像の馬番は、右から左へ、人気順に並び替えました。

すると、

1着:9人気 ラウダシオンの穴馬も、

3着:6人気 ギルデッドミラーの穴馬もきっちり抑えています。

これが無料で見れているので私は使っています。

 

有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

実績はこんな感じです。

 

うまとみらいと うまとみらいと

競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、

皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。

こちら(無料)

↓↓↓

うまとみらいと

 


1-2【2021紫苑S過去好走馬傾向

「2021紫苑ステークス」

過去の偏差値データからの1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

 

2020年9月12日(土) 第5回紫苑ステークス(G3) 中山芝2000m 芝:稍重

f:id:onix-oniku:20210909151614p:plain

1着 ⑩マルターズディオサ(偏差値5位 5番人気)

2着 ⑱パラスアテナ(偏差値11位 10番人気)

3着 ⑯シーズンズギフト(偏差値3位 3番人気)

2019年9月7日(土) 第4回紫苑ステークス(G3) 中山芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200910221058p:plain

1着 ⑮パッシングスルー(偏差値5位 2番人気)

2着 ⑥フェアリーポルカ(偏差値6位 6番人気)

3着 ⑭カレンブーケドール(偏差値1位 1番人気)

2018年9月8日(土) 第3回紫苑ステークス(G3) 中山芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210909152348p:plain

1着 ⑭ノームコア(偏差値1位 2番人気)

2着 ①マウレア(偏差値1位 1番人気)

3着 ⑧ランドネ(偏差値4位 7番人気)

2017年9月9日(土) 第2回紫苑ステークス(G3) 中山芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210909152523p:plain

1着 ⑯ディアドラ(偏差値2位 1番人気)

2着 ⑪カリビアンゴールド(偏差値12位 6番人気)

3着 ⑦ポールヴァンドル(偏差値3位 4番人気)

2016年9月10日(土) 第1回紫苑ステークス(G3) 中山芝2000m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210909152631p:plain

1着 ⑱ビッシュ(偏差値3位 1番人気)

2着 ⑨ヴィブロス(偏差値1位 3番人気)

3着 ②フロンテアクイーン(偏差値4位 5番人気)

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼紫苑ステークス 過去5年間偏差値成績結果はこちら▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

【紫苑ステークス 過去好走馬傾向2021】

 

 

【紫苑S 偏差値データ成績好走条件まとめ】

「2021紫苑ステークス」の過去の偏差値データからの好走馬の傾向を

【各偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

7~8枠が7頭来ている。やや外枠が有利の傾向か。重賞となった過去5年間では顕著な傾向。

【偏差値】

偏差値B判定以上の馬が15頭中13頭来ている。

【騎手乗り替わり】

前走からの継続が8回来ている。乗り下がりは2回来ている。

【騎手】

Bランク以上の騎手が15頭中13頭来ている。

【厩舎】

Bランク以上の厩舎が15頭中9頭来ている。

【追い切り】

15頭中10頭が追切の印つき。

【展開★】

15頭中12頭が展開★の印つき。勝ち馬は全て展開★の印つき。

「展開★(ピンク)」は0-0-1-4(複勝率20%)

【間隔】外厩効果を表す

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 4-2-2-26(複勝率23.5%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-2-15(複勝率16.7%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 1-2-1-25(複勝率13.8%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-3(複勝率0%)

【展開順偏差値予想表】

「前から8番手以内」の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に来ている(10頭該当)。

 

 

【紫苑ステークス 過去好走馬傾向2021】

 

 

 

【偏差値過去データからの好走傾向条件】

「2021紫苑ステークス」 

好走馬の傾向ポイントまとめ

 

◆傾向①【偏差値データの傾向は】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に15頭中13頭来ています。

重賞競走となった2016年以来、秋華賞トライアルとして機能しています。

質の高い出走馬となり、偏差値データの信頼が高いと言えます。

 

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が15頭中13頭来ています。

Bランク以上の厩舎が15頭中9頭来ています。

 

【騎手ランク】

上位ランクの騎手がかなりの好成績を収めています。

秋華賞へのステップ重賞に昇格して、ランクの高い騎手がそのまま活躍しています。

勝ち馬にはすべて【Bランク以上の騎手】が騎乗していました。

これは今後も続きそうな傾向と言えるでしょう。

 

2017年の2着3着馬には、ともにDランクの騎手が騎乗していました。

おまけに2頭ともに、前走から乗り下がりとなっていました。

乗り下がりで来たのはこの2回のみなので、これはかなり珍しい結果と言えるでしょう。

 

★上位ランク騎手を信頼★

 

 

 

 

 

◆傾向②【外厩が最優先でランク順通り】

  • Sランク・ピンク(ノーザンF系) 4-2-2-26(複勝率23.5%)
  • Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-2-15(複勝率16.7%)
  • Bランク・イエロー(標準外厩) 1-2-1-25(複勝率13.8%)
  • ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-0-0-4(複勝率0%)

 

▼S【ノーザンF系Sランク外厩】▼

4-2-2-26(複勝率23.5%)

成績はトップとなっています。

出走の数も多く、過去5年間で34頭が出走しています。

稍重となった2020年以外は、すべて【ノーザンF系Sランク外厩】を使われている馬が勝利していました。

やはりG1へのトライアル競争なので、ノーザンF系が最優先となります。

 

好走した8頭に共通するのは

【偏差値S判定 6頭】

【偏差値B判定 2頭】

偏差値S判定の、ノーザンF系の馬が軸馬としてふさわしいでしょう。

 

【偏差値C判定以下】

のノーザンF系の馬はかなり割り引きが必要でしょう。

 

 

▼A【Aランク上位外厩】▼

0-1-2-15(複勝率16.7%)

ノーザンF系Sランク外厩に比べると、出走の数はかなり減ります。

勝ち鞍もなく、やや厳しいようですね。

 

好走した3頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値D判定 1頭】

となっていました。

偏差値が上がる方が信頼度は高いと言えます。ただしヒモ相手として選ぶのが無難なところでしょう。

 

【偏差値E判定以下】

は軽視しても良さそうです。

 

 

▼B【Bランク標準外厩】▼

1-2-1-25(複勝率13.8%)

稍重となった2020年ではワンツーフィニッシュとなりました。

しかし良馬場で行われると、上位外厩に敵わないようです。良馬場だと信頼度はかなり低くなります。

 

好走した4頭に共通するのは

【偏差値S~D判定】

となっています。

稍重で行われた2020年を除くと、【偏差値A判定以上の馬】のみ好走しています。

 

【良馬場だと偏差値B判定以下は厳しい】

良馬場の時は、高偏差値の馬以外はかなり厳しいようです。

 

 

▼ナシ【外厩効果ナシ】▼

0-0-0-4(複勝率0%)

過去5年間で出走はわずか3頭のみとなっています。

 

【偏差値C判定 1頭】

【偏差値F判定 3頭】

ほとんど勝負になるような馬は出現していません。

やはり秋シーズン最初の重賞です。

連戦続きで外厩効果が消えている馬は、ローテーション的にも狙い目とはならないでしょう。

 

【外厩効果ナシの馬は非常に厳しい】

 

 

 

▼紫苑ステークスの外厩傾向▼

【ノーザンF系Sランクが中心】

とくに良馬場で行われる場合は、ほぼ勝ち馬はノーザンF系でしょう。

ローテーションが開いた外厩明け初戦で、高いポテンシャルを発揮できるのはやはり

【ノーザンF系Sランク外厩の高偏差値馬】

が非常に信頼できる重賞と言えるでしょう。

 

 

 

◆傾向③【展開は前目の位置に注目】

「前から8番手以内」の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に好走しています(10頭が該当)。

 

やはり芝の開幕週となる重賞です。

前目の位置に予想された馬が活躍するレースとなっています。

 

2019年は【前から5番手以内】の位置に予想された馬で3着以内を独占しています。

 

【前から12番手以降の位置】

で3着以内に来たのは、4頭のみで1年で来ても1頭のみとなっています。

その4頭に共通するのは

【偏差値S判定 3頭】

【偏差値D判定 1頭】

良馬場で行われた時は、3頭すべて偏差値S判定となっていました。

偏差値D判定の馬が来た時は、稍重で行われていました。

 

良馬場で行われるケースは

後方の位置に予想された馬は、偏差値S判定の馬のみ気をつければ良さそうです。

 

【後方の位置の低偏差値馬は消し】

 

 

 

 

 

※このブログでの過去5年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

 

 

 

【紫苑ステークス 過去好走馬傾向2021】

 

 

▼紫苑ステークス 過去5年間偏差値成績結果はこちら▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【◆↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓◆】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所

【◆↑クリックお願いします↑◆】

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

 

▼今週の重賞過去好走馬データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

【紫苑ステークス 過去好走馬傾向2021】

 


【★ブログ5周年達成記念★】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

【◆⇧【クリックお願いします】⇧◆】


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

ぜひフォローしてみましょう!

 


※全ての∂競馬偏差値∂予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2021 Onix-Oniku All rights reserved.