馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【関屋記念(G3)最終予想2022】勝負馬券を無料公開!

1【2022関屋記念(G3) 最終予想】

2022年JRA重賞ファイル079

2022年8月14日(日)

「第57回関屋記念(G3)」

関屋記念の最終予想を行っていきます。

新潟競馬場で行われる芝マイルG3です。

サマーマイルシリーズの対象レースとなります。

ここで馬券の最終決断を下していきます。

関屋記念の勝負馬券をレース当日午前中に完全無料で公開です!

【関屋記念 最終予想2022】

【関屋記念 無料勝負馬券公開2022】

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

1-1【2022関屋記念 最終予想】

【関屋記念はこのようなレースです】

新潟競馬場が新潟市郊外の笹山に移転した翌年の1966年に、4歳(現3歳)以上の馬によるハンデキャップの重賞競走として創設。新潟競馬場で施行される重賞競走では、新潟記念についで古い歴史を持つ。

2012年からはサマーマイルシリーズの第2戦(2020年からは第3戦)に指定されている。

施行距離は当初右回り芝2000m(内回り)だったが、1970年から右回り芝1800m(内回り)に、1975年から右回り芝1600m(外回り)に変更された。その後、2001年のコース改修で右回りから左回りに変更されたため、以降は左回り芝1600m(外回り)となり現在に至っている。

関屋記念 - Wikipedia

 

 

 

 

2022年8月14日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m

3歳以上・国際・特指・別定

3回新潟2日目 15:45発走

【競馬偏差値】が確定しています 

※①イルーシヴパンサーは岩田望騎手(A)⇒木幡巧騎手(E)に変更

※⑭ピースワンパラディは柴田善騎手(F)⇒石橋騎手(C)に変更

 

 

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ①⑦⑧⑫

展開★    ④⑪

推奨穴馬   ④⑤

4角先頭馬  ⑫  

上がり最速馬 ①⑨

 

 

▼今週の競馬偏差値データ▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

▼2022/8/14(日)関連偏差値データ▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼関屋記念 関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

※関屋記念の過去の偏差値データからの好走馬傾向をまとめています

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼2022年重賞は77戦36勝!▼

www.baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.8%!★

 

▼ブログ6周年達成記念▼

www.baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

2022年からブログ7年目に突入!

 

 

 

 

【2022関屋記念 追切】

 

◎ ウインカーネリアン

◯ スカイグルーヴ

▲ ダノンザキッド

注 イルーシヴパンサー

△ ゴールデンシロップ

▽ リアアメリア

 

関屋記念の「追切◎」はウインカーネリアンです!

前走からの上昇度が抜群に良かったです。

ここは間違いなく良い状態で出走できそうです。

「追切◯」はスカイグルーヴ

こちらも前走からの上昇度、そして仕上がり変化が良かったです。

「追切▲」はダノンザキッド

総合的な調教内容が良く、3番手評価となりました。

 

 

【2022関屋記念 追切リポート】

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

1-2【2022関屋記念 最終予想】勝負馬券

 最終予想の結論を下していきます。

【偏差値予想表】

※①イルーシヴパンサーは岩田望騎手(A)⇒木幡巧騎手(E)に変更

※⑭ピースワンパラディは柴田善騎手(F)⇒石橋騎手(C)に変更

【展開順偏差値予想表】

 

 

 

【2022関屋記念 好走馬傾向まとめ】

【①外枠(6~8枠)が有利】

【②偏差値C以上が有利】

【③D以上騎手が中心】

【④騎手継続騎乗は有利】

【⑤B以上厩舎が中心】

【⑥追切と展開★はプラス】

【⑦高偏差値のNF系が軸馬】

【⑧偏差値C以上のA外厩は良い】

【⑨偏差値C以下のB外厩に注意】

【⑩偏差値C以上の外厩ナシは良い】

【⑪前から7番手以内が有利】

【⑫前から9番手以降は偏差値C以上で】

 

【好走馬傾向(デメリット)】

【①偏差値D以下は厳しい】

【②D以下厩舎は不振】

【③低偏差値のNF系は消し】

【④偏差値D以下のA外厩は消し】

【⑤B外厩は不振傾向】

【⑥偏差値D以下の外厩ナシは消し】

【⑦前から9番手以降の偏差値D以下は消し】

 

 

 

 

 


 

 

競馬予想をするために必要な情報を集めるのは

なかなか大変です

よくそういった問い合わせを受ける事があります

 

できれば的中しやすい予想を

シンプルに教えて欲しい

そして毎週的中を積み重ねる事ができれば

収支も安定していきますよね

 

とにかく的中できる実力を持った予想家の予想を知りたい!

しっかりと利益を上げる予想を教えてもらいたい!

そこで専属の馬券師を豊富にかかえ

実力がなければ成績次第で入れ替えも行っている

そういったサイトもあるようですね

予想を的中する事によって毎週プラスを積み重ねていく

競馬を投資にしていく事も可能な専属馬券師の予想

 

▼それがこちらにあります▼

ウマニキ

【ウマニキ】

専属のプロ馬券師をスカウトし

厳しい審査で成績次第の実力主義!

競馬を投資に変えていく確かな予想が

ここにあります!

ウマニキ

【7月31日(日)新潟11R 1,068,240円獲得】

【アイビスSD 3連単2670.6倍的中!】

ウマニキ

【7月30日(土)新潟6R 1,853,570円獲得】

【2歳新馬 3連単2648.1倍的中!】

 

▼こちらから無料で登録が可能です▼

ウマニキ

▲プロ馬券師の予想を無料で見てみましょう▲

 

 


 

 

【2022関屋記念 最終本命馬予想】

 

【新潟競馬場 馬場状態】

 

新潟競馬場の芝(Aコース)は朝の時点で稍重となっています。

土曜日の午後3時過ぎに大雨が降り、芝は重まで悪化。

その後、日付が変わる頃にまた大雨が降りました。

新潟の水捌けは非常に良いのですが、まだ稍重までしか回復していません。

水分もかなり残っていて、パンパンの良馬場とは違う状態です。

クッション値8.6(標準)で、土曜日(9.6)に比べると少し軟らかめの状態となっています。

 

 

◎ スカイグルーヴ

 

関屋記念の本命馬はスカイグルーヴです。

偏差値1位のS判定となっています。

稍重なら何とかこなしてくれるでしょう。

もしさらに雨が降って重馬場まで悪化すると厳しそうですが。

鞍上のルメール騎手は非常に頼もしいですね。

やはりJRA競馬では一枚上手です。

人気も朝の時点で単勝4番人気と、あまり人気になっていないのも良いですね。

好走馬傾向にも多く合致していました。

 

 

◯ ダノンザキッド

 

対抗はダノンザキッドです。

偏差値は3位のA判定です。

稍重はあまりプラスにはならないでしょう。

鞍上の川田騎手はやはり頼もしいですね。

こちらも好走馬傾向にも多く合致していました。

 

 

▲ ウインカーネリアン

 

3番手はウインカーネリアンです。

偏差値は4位のB判定です。

非ノーザンF系なので、雨が降ったのはプラスになるでしょう。

◎と◯の2頭に、雨のぶん近寄って来そうです。

好走馬傾向には一番多く合致していました。

ここは侮れない存在となりそうです。

 

 

注 ディヴィーナ

 

4番手はこの馬です。

偏差値は5位のB判定です。

雨はプラスにもマイナスにもならなそうです。

好走馬傾向にも多く合致していました。

 

この上位4頭が馬券の中心となります。

 

良馬場ならスカイグルーヴ一択の予想となっていましたが、少し他馬にも気をつけた方が良さそうですね。

 

 

? イルーシヴパンサー

 

偏差値は2位のA判定です。

鞍上が岩田望騎手(Aランク)から木幡巧騎手(Eランク)に乗り下がりました。

これは非常にマイナスでしょう。

もともと岩田望騎手でも大してプラスにはならなさそうと考えていましたが、木幡巧騎手では非常に厳しいでしょう。

重賞で人気になる馬に騎乗する騎手ではありません。

好走馬傾向に多く合致していましたが、騎手乗り下がりで少しマイナスになりました。

最内枠の差し追込馬と、なかなかに乗りにくい状況と言えます。

ここはスルーしても良いかもしれません。

 

 

 

リアアメリア

この馬も好走馬傾向に多く合致していたので買おうと思っていたのですが、道悪はマイナス。

良馬場でしか好走できない馬です。

残念ながら消しとしましょう。

 

 

買いたいと思える馬は、他には見当たりませんでした。

 

 

 

 

【2022関屋記念 最終穴馬予想】

 

ディヴィーナ

 

人気は朝の時点で単勝6番人気となっています。

買いたい馬の中では、一番妙味がありそうではあります。

 

 

 


▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

1-3【2022関屋記念 無料買い目公開】

 

【推奨ワイド馬券】

 

ワイド BOX⑦⑧⑪⑫ 6点

1,300×6=7,800円

 

ここは雨が降ったので、上位4頭のボックス馬券とします。

不確定要素が入ってしまったので、致し方ないです。

 

 

【推奨3連複馬券】

※3連複馬券の提供はありません。

 

 

合計金額 7,800円

 

これが関屋記念での【勝負馬券】となります。

 

 

 

 

【2022関屋記念 レース結果】

 

 

 

ワイド ⑧⑫ 的中

1,300×3.5=4,550円

 

合計払戻 4,550円

 

ここはワイド馬券1点のみの的中に終わりました。

スカイグルーヴは4着。

間にシュリ(2着)に入られてしまい、ワイドトリプル的中は逃しました。

 

やはり雨の影響はあったのでしょうね。

 

ここは全く期待に届かない払戻しでした。

結局、札幌記念までに軍資金を貯める事はできませんでした。

厳しい戦いが続いていますね。

早く死のロードを脱出したいところではあります。

 

 

 

 

 

▼2022小倉記念 最終予想▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

 

 2【2022関屋記念(G3) 最終予想】攻略データ


2-1.2022関屋記念 過去好走馬傾向

「2022関屋記念(G3)」

過去の偏差値データからの1~3着までの【好走馬の成績(結果)】をまとめています

※ブログ6周年を達成したので

【過去の偏差値データ6年分で傾向を探る】

 

2021年8月15日(日) 第56回関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

1着 ⑥ロータスランド(偏差値6位 4番人気)

2着 ⑬カラテ(偏差値8位 6番人気)

3着 ⑪ソングライン(偏差値1位 1番人気)

2020年8月16日(日) 第55回関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210812161820p:plain

1着 ⑰サトノアーサー(偏差値6位 4番人気)

2着 ⑱トロワゼトワル(偏差値5位 8番人気)

3着 ③アンドラステ(偏差値2位 1番人気)

2019年8月11日(日) 第54回関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200813175118p:plain

1着 ⑬ミッキーグローリー(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑭ミエノサクシード(偏差値10位 6番人気)

3着 ⑥ソーグリッタリング(偏差値6位 4番人気)

2018年8月12日(日) 第53回関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210812162428p:plain

1着 ⑫プリモシーン(偏差値2位 1番人気)

2着 ⑩ワントゥワン(偏差値8位 5番人気)

3着 ④エイシンティンクル(偏差値6位 3番人気)

2017年8月13日(日) 第52回関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210812162616p:plain

1着 ③マルターズアポジー(偏差値15位 7番人気)

2着 ⑮ウインガニオン(偏差値7位 4番人気)

3着 ⑩ダノンリバティ(偏差値5位 5番人気)

2016年8月14日(日) 第51回関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200813175314p:plain

1着 ⑰ヤングマンパワー(偏差値2位 3番人気)

2着 ⑫ダノンリバティ(偏差値8位 7番人気)

3着 ⑦マジックタイム(偏差値1位 1番人気)

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 

【関屋記念 偏差値データ好走傾向】

 

「2022関屋記念(G3)」

過去の偏差値データからの【好走馬の傾向】

【偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

6~8枠が11頭来ている。やや外枠が有利の傾向か。

 

【偏差値】

S:4 A:5 B:4 C:4 D:0 E:0 F:1】

【偏差値B判定以上 13/18(72.2%)】

 

【騎手乗り替わり】

【前走からの継続】12回来ている。

【乗り下がり】3回来ている。

 

【騎手】

S:4 A:1 B:5 C:3 D:3 E:1 F:1】

【騎手Bランク以上 10/18(55.6%)】

 

【厩舎】

S:5 A:3 B:7 C:2 D:0 E:0 F:1】

【厩舎Bランク以上 15/18(83.3%)】

 

【追い切り】

【追切の印つき 12/18(66.7%)】

 

【展開★】

【展開★の印つき 12/18(66.7%)】

【展開★(ピンク)】0-0-0-3(複勝率0%)

 

【間隔】外厩効果を表す

【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 4-1-3-25(複勝率24.2%)

【Aランク】オレンジ(上位外厩) 1-3-2-24(複勝率20%)

【Bランク】イエロー(標準外厩) 1-1-0-23(複勝率8%)

【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-1-11(複勝率15.4%)

 

【展開順偏差値予想表】

有利になる展開位置(6年連続馬券圏内)

【前から7番手以内の位置】(10頭該当)

 

 

 

 

 

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

 

 

【関屋記念 好走傾向条件】

 

「2022関屋記念(G3)」 

【好走馬の傾向】ポイントまとめ

 

過去6年間で外枠(6~8枠)の馬が11頭来ています。

過去10年間で見ても17頭が来ています。

外枠(6~8枠)が有利の重賞でしょう。

【①外枠(6~8枠)が有利】

 

◆傾向①【偏差値データの傾向】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に18頭中13頭来ています。

偏差値データの信頼度はそれなりに高いと言えるでしょう。

 

偏差値B判定以上の馬を除くと

【偏差値C判定 4頭】

【偏差値F判定 1頭】

ほぼ偏差値C判定以上で決まっています。

基本的には偏差値D判定以下は厳しいでしょう。

【②偏差値C以上が有利】

【①偏差値D以下は厳しい】

 

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が18頭中10頭来ています。

Bランク以上の厩舎が18頭中15頭来ています。

 

【騎手データ】

Bランク以上の騎手を除くと

【Cランク騎手 3頭】

【Dランク騎手 3頭】

【Eランク騎手 1頭】

【Fランク騎手 1頭】

C~Dランクの騎手が6回来ています。

E~Fランク騎手も2回来ています。

基本的にはDランク以上の騎手が中心となります。

【③D以上騎手が中心】

 

 

【騎手乗り下がり】

前走からの継続騎乗が12回来ています。

騎手の継続騎乗はやや有利となります。

前走から【騎手が乗り下がり】の場合は3回来ています。

騎手乗り下がりはまあまあというところです。

【④騎手継続騎乗は有利】

 

 

【厩舎データ】

Bランク以上の厩舎を除くと

【Cランク厩舎 2頭】

【Fランク厩舎 1頭】

Cランク厩舎はやや侮れないです。

Dランク以下厩舎はほぼ厳しいでしょう。

基本的には【Bランク以上の厩舎】が中心です。

【⑤B以上厩舎が中心】

【②D以下厩舎は不振】

 

 

 

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が18頭中12頭来ています。

展開★の印がついた馬が18頭中12頭来ています。

【追切】と【展開★】の印の信頼度はそれなりでしょう。

【⑥追切と展開★はプラス】

 

 

 

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

◆傾向②【S・A外厩がやや有利】

 

【間隔】外厩効果を表す

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 4-1-3-25(複勝率24.2%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩) 1-3-2-24(複勝率20%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩) 1-1-0-23(複勝率8%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-1-11(複勝率15.4%)

 

S【ノーザンF系外厩】

4-1-3-25(複勝率24.2%)

関屋記念での【ノーザンF系Sランク外厩】

一番良い成績となっています。

4勝を挙げており、中心的存在となっています。

 

好走した8頭に共通するのは

【偏差値S判定 3頭】

【偏差値A判定 3頭】

【偏差値B判定 2頭】

やはり高偏差値(偏差値B判定以上)だと信頼できるでしょう。

低偏差値(偏差値C判定以下)の馬だと厳しい結果となりそうです。

【⑦高偏差値のNF系が軸馬】

【③低偏差値のNF系は消し】

 

 

 

 

A【Aランク上位外厩】

1-3-2-24(複勝率20%)

【Aランク上位外厩】は2番めに良い成績となっています。

2着3着の期待が高くなっています。

 

好走した6頭に共通するのは

【偏差値S判定 1頭】

【偏差値A判定 2頭】

【偏差値B判定 1頭】

【偏差値C判定 2頭】

偏差値C判定以上で好走できます。

偏差値D判定以下だと厳しいでしょう。

【⑧偏差値C以上のA外厩は良い】

【④偏差値D以下のA外厩は消し】

 

 

B【Bランク標準外厩】

1-1-0-23(複勝率8%)

【Bランク標準外厩】も一番良くない成績です。

やや厳しい成績と言えるでしょう。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値C判定 1頭】

【偏差値F判定 1頭】

好走する時は幅広い偏差値となっています。

【⑨偏差値C以下のB外厩に注意】

【⑤B外厩は不振傾向】

 

 

ナシ【外厩効果ナシ】

0-1-1-11(複勝率15.4%)

【外厩効果ナシ】の馬はそれなりの成績です。

出走の数があまり多くありません。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値B判定 1頭】

【偏差値C判定 1頭】

偏差値C判定以上だと好走の確率があります。

偏差値D判定以下は厳しいでしょう。

【⑩偏差値C以上の外厩ナシは良い】

【⑥偏差値D以下の外厩ナシは消し】

 

 

 

◆傾向③【展開は前目が有利】

【前から7番手以内】の位置に予想されていた馬は、

毎年必ず3着以内に好走しています(10頭が該当)

前目の位置がかなり有利となります。

【前から9番手以降】の位置で好走した8頭は

すべて【偏差値C判定以上】となっていました。

後方の位置から好走するには、高偏差値の方が良いです。

偏差値D以下の後方の馬は厳しいでしょう。

【⑪前から7番手以内が有利】

【⑫前から9番手以降は偏差値C以上で】

【⑦前から9番手以降の偏差値D以下は消し】

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

【2022関屋記念 好走馬傾向まとめ】

 

【好走馬傾向(メリット)】

【①外枠(6~8枠)が有利】

【②偏差値C以上が有利】

【③D以上騎手が中心】

【④騎手継続騎乗は有利】

【⑤B以上厩舎が中心】

【⑥追切と展開★はプラス】

【⑦高偏差値のNF系が軸馬】

【⑧偏差値C以上のA外厩は良い】

【⑨偏差値C以下のB外厩に注意】

【⑩偏差値C以上の外厩ナシは良い】

【⑪前から7番手以内が有利】

【⑫前から9番手以降は偏差値C以上で】

 

【好走馬傾向(デメリット)】

【①偏差値D以下は厳しい】

【②D以下厩舎は不振】

【③低偏差値のNF系は消し】

【④偏差値D以下のA外厩は消し】

【⑤B外厩は不振傾向】

【⑥偏差値D以下の外厩ナシは消し】

【⑦前から9番手以降の偏差値D以下は消し】

 

 

 

 

 

※このブログでの過去6年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

 

 

▼関屋記念 好走馬傾向はこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 

 

 

▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 


2-2.関屋記念【騎手チェックシート】

 

こちらで各騎手の【重賞のみ】での最近の好不調がわかります

▼重賞騎手調子チェックシート▼

2022 関屋記念(G3) 新潟芝1600m

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末の時点の成績)

※①イルーシヴパンサーは岩田望騎手(A)⇒木幡巧騎手(E)に変更

※⑭ピースワンパラディは柴田善騎手(F)⇒石橋騎手(C)に変更

 

 

 

【好調騎手】

【ピックアップ ★近30戦★好調継続騎手】

 

【最近30戦】の好調順に並べています。

トップは川田騎手複勝率53%となっています。

そしてルメール・武豊騎手複勝率40~30%となっています。

 

川田騎手の重賞での安定感は抜けた存在となっています。

 

 

【ピックアップ ★近10戦★好調騎手】

 

こちらは【最近10戦のみ】に特化して並べています。

トップはルメール騎手複勝率60%となっています。

そして川田騎手複勝率50%で続いています。

菅原明・武豊騎手複勝率30%となっています。

 

今週からルメール騎手がJRA競馬に復帰します。

やはり川田・ルメールの2強状態となっています。

 

 

 

 

【不調騎手】


【過去30戦】
での不調騎手(複勝率15%未満)を並べています。

秋山真・三浦騎手複勝率7%となっています。

吉田豊騎手複勝率10%となっています。

戸崎・柴田善騎手複勝率13%となっています。

 

三浦騎手はもうずっと重賞では不調の状態が続いています。

 

戸崎騎手は良い頃と比べると、重賞での不振が見られますね。

 

 

 

▼騎手調子チェックシートとは▼

www.baken-seikatsu.com

▲こちらで騎手チェックシートの詳細な説明が見られます▲

【2022関屋記念 最終予想】

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

 


2-3【2022関屋記念 展開予想】

 

▼展開順偏差値予想表▼

 

新潟芝1600m

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

※①イルーシヴパンサーは岩田望騎手(A)⇒木幡巧騎手(E)に変更

※⑭ピースワンパラディは柴田善騎手(F)⇒石橋騎手(C)に変更

 

 

 

 

 

【展開★】

ウインカーネリアン

ダノンザキッド

スカイグルーヴ

ディヴィーナ

ザダル

イルーシヴパンサー

 

 

【展開★(ピンク)】の印の馬は

いませんでした

 

 

【4コーナー予想先頭馬】

テンの3ハロン・マクリ能力等を判断して選びます

ウインカーネリアン

 

 

【上がり3ハロン予想最速馬】

上がり最速の末脚を出せる馬を選びます

イルーシヴパンサー

エンデュミオン

 

 

【展開位置有利ゾーン】 

★関屋記念 過去連続好走位置★

【前から7番手以内の位置】

前目の位置が展開に恵まれます



 

【前から9番手以降の位置】

※偏差値C判定以上のみ好走可能

 

 

 

 

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 

▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 


2-4【2022関屋記念】過去10年のレース傾向

こちらで【2022関屋記念(G3)】での、過去のコースや展開・脚質の結果分析データをまとめています。

 

▼新潟芝1600メートル(外回り)・コースの特徴▼

 

 

スタート地点はバックストレッチの2コーナー寄りで、3コーナーまでの距離は500メートル以上ある。バックストレッチ後半は外回りコースに入り急カーブの3コーナーと4コーナーを回って、ゴール前の直線(658.7メートル)に向いていく。2本の長い直線と急なコーナーで構成されたコース。バックストレッチ後半が緩やかな上り勾配になっているのと、最後の長い直線が意識されるため、この距離としてはゆったりとした流れになる傾向がある。その分、レース後半が速くなりやすく、特に古馬の上のクラスになると、極端に速い上がりの決着になることが珍しくない。直線では横に広がって迫力ある追い比べが繰り広げられる。一瞬の切れ味だけでなく、鋭い脚を長く使い続けられることが好走の条件になる。

 

歴史・コース:関屋記念 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

▼2022関屋記念 過去10年コース展開脚質分析▼

 

【4コーナー先頭馬 2-1-1-6】

【上がり3ハロン最速馬 1-3-1-5】

【3着以内馬の脚質 逃げ8 先行8 差し8 追込6】

 

【4角先頭馬】 過去10年で【2勝2着1回3着1回】となっている。

【上がり最速馬】過去10年で【1勝2着3回3着1回】となっている。

 

【脚質の特色(傾向)】

「4角先頭馬」は過去10年で【複勝率40%】となっています。

直線の非常に長い新潟芝外回りコースですが、意外に展開に恵まれると残るケースがあります。

前でマイペースでいけるかがカギとなりそうです。

 

「上がり最速馬」【複勝率50%】と、あまり良い成績ではありません。

最速の上がりを繰り出しても、わずか1勝のみと勝ちきれません。

直線の長さに惑わされて、かなりの苦戦を強いられています。

上がりの末脚自慢の馬を過信するのは禁物と言えるでしょう。

 

 

「脚質」「逃げ」「先行」「差し」が並んでいます。

前に行く馬から、その時の展開次第で残る馬が変わってきます。

後方からだとまだ「差し」は届きますが、

「追込」になると脚を余すケースも見られます。

 

 

※2012年~2021年の過去10年の成績を参考

全て「新潟芝1600m(外回り)」で施行。

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 


▼JRAからの【2022関屋記念】過去傾向データ▼

 

★JRA 関屋記念 予想データ分析★

【王座を目指すトップマイラーが真夏の新潟で激突】

2021年の関屋記念で自身初の重賞制覇を果たしたロータスランドは、サマーマイルシリーズにおける獲得ポイントを20まで伸ばし、そのまま同年のシリーズチャンピオンとなった。2012年から行われているサマーマイルシリーズでシリーズチャンピオンとなった8頭(2012年・2016年・2018年・2019年は該当馬なし、2015年・2017年は2頭が同点優勝)のうち、この関屋記念でポイントを獲得していなかったのは、2017年のグランシルクのみである。

シリーズの趨勢を左右しそうな注目の一戦を展望すべく、今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

 

「前走好走馬と重賞ウイナーが中心」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、前走の着順が6着以内だった。一方、7着以下だった馬は3着内率10.3%とやや苦戦している上、2016年以降の過去6年に限ると〔1・2・0・44〕(3着内率6.4%)である。直近のレースで7着以下に敗れていた馬は割り引きが必要だ。

ちなみに、前走の着順が7着以下だったにもかかわらず3着以内となった8頭のうち6頭は“前年以降、かつJRAの1600メートル以上の重賞”において1着となった経験がある馬だった。

一方、この経験がなかった馬は3着内率3.4%と苦戦している上、2016年以降の過去6年に限ると〔0・0・0・36〕である。大敗直後、かつ前年以降に1600メートル以上のJRA重賞を勝っていない馬は、思い切って評価を下げるべきだろう。

 

「4大場の1マイル戦における実績がポイント」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、“前年以降の4大場(東京・中山・京都・阪神)、かつ1600メートルのレース”において2着以内となった経験がある馬だった。

一方、この経験がなかった馬は3着内率3.2%と苦戦している上、2016年以降の過去6年に限ると〔0・0・0・39〕である。2020年以前のレースや、ローカル場のレース、1600メートル以外のレースでしか連対していない馬は、過信禁物とみておきたい。

 

「臨戦過程に注目」

過去5年の3着以内馬15頭中14頭は、前走の距離が1400メートル超、かつ重賞だった。該当馬は3着内率も28.0%と比較的優秀な水準に達している。

1400メートル超の重賞を経由してきた馬は、それなりに信頼できるとみてよさそうだ。

 

「近年は牝馬と大型馬が優勢」

過去5年の3着以内馬15頭中8頭は牝馬で、牡・せん馬は3着内率11.7%とやや苦戦している。今年も牝馬が出走してきたら高く評価すべきだろう。

なお、牡・せん馬だったにもかかわらず3着以内となった7頭のうち4頭は、前走の馬体重が520キログラム以上だった。520キログラム未満だった馬は3着内率6.1%と苦戦している。520キログラム未満の牡・せん馬は上位に食い込む可能性が低いとみるべきかもしれない。

 

「7歳以上馬は不振(WIN5)」

過去5年の優勝馬5頭は、いずれも年齢が6歳以下だった。ちなみに、年齢が7歳以上だった馬は2014年以降の過去8年に限ると〔0・0・0・22〕である。

また、優勝馬5頭は、“前年以降の4大場(東京・中山・京都・阪神)、かつ1600メートルのレース”において2着以内となった経験があった点、前走の距離が1400メートル超だった点、前走が重賞だった点も共通している。

 

データ分析:関屋記念 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

 

 

▼レースの概要▼

2022年8月14日(日)

「第57回関屋記念(G3)」

 

関屋記念は、新潟競馬場で行われる重賞競走の中で新潟記念に次いで歴史が古く、1966年に3歳以上、ハンデキャップ、芝2000メートル(内回り)を舞台とした重賞として創設された。

その後幾度か距離・条件が変更されたのち、2001年に新潟競馬場の馬場全面改修工事が竣工し、従来の右回りコースから左回りコースに生まれ変わったため、本競走は同年より左回りの芝1600メートル(外回り)で行われている。

2012年に、従来のサマーシリーズに加えて「サマーマイルシリーズ」が新設され、本競走はその第2戦に指定されたが、2020年から第3戦に変更された。

競走名の「関屋」とは、旧新潟競馬場の所在地。旧新潟競馬場は新潟市関屋字青山下百問割にあったが、戦後長期間にわたって中央競馬は開催されていなかった。1960年台前半になると競馬再開の機運が高まり、1965年に新潟市東部の現在地に新たな新潟競馬場が完成し、22年ぶりに中央競馬が再開された。

 

歴史・コース:関屋記念 今週の注目レース JRA

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 

▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

2-5【2022関屋記念 競馬偏差値確定】

 

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

※①イルーシヴパンサーは岩田望騎手(A)⇒木幡巧騎手(E)に変更

※⑭ピースワンパラディは柴田善騎手(F)⇒石橋騎手(C)に変更

 

【偏差値 S判定】

偏差値1位【65.0 S】

⑦スカイグルーヴ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中12週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/22】

 

 

 

 

【偏差値 A判定】

偏差値2位【61.7 A】

①イルーシヴパンサー

生産:追分ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/20】

偏差値3位【60.0 A】

⑧ダノンザキッド

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中9週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/19】

 

 

【偏差値 B判定】

偏差値4位【55.8 B】

⑫ウインカーネリアン

生産:コスモヴューファーム

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中7週(外厩明け4戦目)】

外厩効果は消滅している。

偏差値5位【55.0 B】

⑪ディヴィーナ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中12週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/20】

偏差値6位【54.2 B】 

③ゴールデンシロップ

生産:Hall of Fame Stud(愛国)

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中37週(外厩明け初戦):帰厩日2022/6/21】

偏差値7位【53.3 B】

④ザダル

生産:新冠橋本牧場

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中8週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/16】

※新冠橋本牧場の生産馬だがノーザンF系外厩を使用

偏差値8位【52.5 B】

⑤リアアメリア

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中7週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/20】

 

 

 

 

【偏差値 C判定】

偏差値9位【51.7 C】

②エアファンディタ

生産:Sekie Yoshihara & Tsunebumi Yoshihara(米国)

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中7週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/21】

※外国産馬だがノーザンF系外厩を使用

 

 

【偏差値 D判定】

偏差値10位【44.2 D】

⑨エンデュミオン

生産:谷川牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中8週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/28】

※チャンピオンヒルズ系外厩使用

 

 

【偏差値 E判定】

偏差値11位【41.7 E】

⑩ワールドバローズ

生産:大島牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中12週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/19】

※チャンピオンヒルズ系外厩使用

偏差値12位【40.0 E】

⑥シュリ

生産:ノースヒルズ

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中11週(外厩明け初戦):帰厩日2022/7/14】

 

 

【偏差値 F判定】

偏差値13位【35.8 F】

⑬レッドライデン

生産:坂東牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中3週(外厩明け2戦目)】

偏差値14位【29.1 F】

⑭ピースワンパラディ

生産:高山牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中83週(外厩明け初戦):帰厩日2022/6/22】

 

 

 

 

 

▼関屋記念 偏差値データはこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 

 

 

 

▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

【2022関屋記念 上位人気単勝オッズ】

1番人気 4.1倍 ダノンザキッド

2番人気 4.6倍 イルーシヴパンサー

3番人気 5.0倍 ウインカーネリアン

 

関屋記念(G3) オッズ | 2022年8月14日 新潟11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※関屋記念 レース当日朝8:32時点での単勝人気オッズ

 

 


▼今日のデータ更新▼

2022年8月14日(日)

厳選軸馬・大穴激走馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼関屋記念 関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

※関屋記念の過去好走馬傾向をこちらでまとめています

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼2022年重賞は77戦36勝!▼

www.baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は46.8%!★

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼

www.baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

 

 

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼2022/8/14(日)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

【2022関屋記念 最終予想】

 


2-6【2022関屋記念】過去成績データ

過去6年間の【競馬偏差値予想表】の結果・成績(払い戻し)をまとめています

【2022関屋記念 過去偏差値成績結果】

 

 

2021年8月15日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

※⑯プールヴィル(出走取消)

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑬カラテ(追切△) 6番人気

 

 

 

2020年8月16日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑱トロワゼトワル(偏差値5位追切注展開★) 8番人気

 

 

 

2019年8月11日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

※⑮ファストアプローチ(出走取消)

【結果・成績(払い戻し)】



2着 ⑭ミエノサクシード(追切△) 6番人気

 

 

 

 

 

2018年8月12日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2017年8月13日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ③マルターズアポジー(展開★) 7番人気

 

 

 

2016年8月14日(日) 関屋記念(G3) 新潟芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑫ダノンリバティ(追切◎) 7番人気

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼関屋記念 成績結果はこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【2022関屋記念 最終予想】

 

 


3【2022関屋記念(G3)】データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2022年8月14日(日) 

関屋記念(G3)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 イルーシヴパンサー 61.7 A 田辺 岩田望 31.3 久保田 27.3 9 12
2 2 エアファンディタ 51.7 C 松山 +1 田辺 30.9 池添学 38.6 7 13
3 3 ゴールデンシロップ 54.2 B 継続 Mデムーロ 41.2 木村 51.2 37 11
3 4 ザダル 53.3 B レーン -1 戸崎 38.5 大竹 16.5 8 10
4 5 リアアメリア 52.5 B 菅原明 24.7 中内田 45.1 7 5
4 6 シュリ 40.0 E 秋山真 津村 19.9 池江 37.5 11 9
5 7 スカイグルーヴ 65.0 S 継続 ルメール 54.0 木村 51.2 12 3
5 8 ダノンザキッド 60.0 A 継続 川田 59.6 安田隆 26.7 9 2
6 9 エンデュミオン 44.2 D 継続 秋山真 21.2 清水久 25.5 8 14
6 10 ワールドバローズ 41.7 E 継続 和田竜 30.3 石坂 28.2 12 8
7 11 ディヴィーナ 55.0 B 継続 武豊 38.5 友道 36.8 12 6
7 12 ウインカーネリアン 55.8 B 継続 三浦 32.2 鹿戸 28.2 7 1
8 13 レッドライデン 35.8 F 丸山 -1 吉田豊 10.5 鹿戸 28.2 3 4
8 14 ピースワンパラディ 29.1 F 福永 -6 柴田善 4.3 大竹 16.5 83 7

 

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値はオニキス029が作成したオリジナル指数です。

【2022関屋記念 最終予想】

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

▼重賞最終予想バックナンバー▼

www.baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2022 Onix-Oniku All rights reserved.