馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【中山金杯 最終予想2021】新春競馬のオススメ馬は

1【中山金杯 最終予想】2021(G3)

2021年JRA重賞ファイル001

 

2021年1月5日(火)

「第70回日刊スポーツ賞中山金杯(G3)」

中山金杯の最終予想を行っていきます。いよいよ2021年の競馬が開幕します。中山では東の金杯が行われます。中山芝は今週からA⇒Cコースへと変更になります。

ここで馬券の最終決断を下していきます。

【中山金杯 最終予想2021】

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

1-1【中山金杯 最終予想】2021

【中山金杯はこのようなレースです】

1952年に、5歳(現4歳)以上の馬による重賞として「金杯」の名称で創設。

1966年から1995年までは京都競馬場でも同名の競走(現・京都金杯)が行われていたが、1996年より東西の金杯を区別するため現名称に変更された。

負担重量は別定とされた1954年から1960年を除き、ハンデキャップで行われている。施行場は幾度かの変更を経た後、1980年から中山競馬場で定着。創設時の施行距離は芝2600mだったが、1961年より芝2000mに短縮されている。施行時期も1961年から新年最初の節で行われるようになり、新年度の中央競馬の開幕を飾る重賞として定着した。

中山金杯 - Wikipedia

 

2021年1月5日(火) 中山金杯(G3) 中山芝2000m

4歳以上・国際・特指・ハンデ

1回中山1日目 15:35発走

f:id:onix-oniku:20210104175621p:plain

競馬偏差値が確定しています 

 

 

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ③⑩⑭

展開★    ②⑫⑬

推奨穴馬   ②③⑬

追切特注馬  ③

www.baken-seikatsu.com

中山金杯 ココロノトウダイが追切特注馬に該当しています。

 

 

 

★1/5(火)展開穴馬はこちらから★

全場から展開で穴をあけそうな馬をセレクト!


中央競馬ランキング

★NEW↑↑ こちらをクリック ↑↑NEW★

 

 

 

▼2021/1/5(火)関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼中山金杯 関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

※中山金杯の過去の偏差値データからの好走馬傾向をまとめています

 

【中山金杯 最終予想2021】

 

1-2【中山金杯 最終予想】2021勝負馬券

 最終予想の結論を下していきます。

【中山金杯 最終本命馬予想】

候補は3頭です。

ヴァンケドミンゴ

この馬が偏差値1位となりました。今回は藤岡康騎手に乗り替わりですね。ただし同馬は、藤岡康騎手だと0-0-0-4と良い結果を残せていません。酒井騎手との相性が良かったので、そこはやや気になるところです。

ただし差し展開向きで上がりの末脚も十分にあります。時計の掛かる馬場向きで、展開もこの中山金杯の傾向とも合っています。

 

ココロノトウダイ

偏差値2位はココロノトウダイでした。Cコース変わりという事で、インでの粘りを見せられそうです。中山金杯で有利となる内枠に入りました。

「追切◎」という事で非常に良い追切を見せました。「追切特注馬」にも該当しています。馬自身の状態は非常に良いと言えるでしょう。

ただし問題は鞍上の「丸山騎手」。この馬にはデビューからずっと継続騎乗なのですが、重賞だと0-0-0-3と結果を残せていません。これはどうなのでしょうか。

好走も福島が多く、中山だと0-0-0-2と結果がよくありません。坂が合わないのでしょうか。

そして何よりも丸山騎手の重賞での成績が非常に良くありません。この馬はノーザンファームの生産馬なのですが、そういったノーザンF系の有力馬にかなり騎乗しても全くと言っていいほど結果を残せていません。ここでダメなら当然乗り替わりをすべきでしょう。

馬は本当に状態も良く、この中山金杯で好走できそうな気配にあります。あとはこの鞍上を信じられるかどうかだけでしょうね。

 

シークレットラン

偏差値3位です。ノーザンファームの生産馬ですね。しかしデビューからずっと、なぜか内田騎手が鞍上でした。当然ながら重賞では結果を出せず。そこで乗り替わりとなり、条件戦で力をつけてきました。

前走は3勝クラスを勝利。ここで川田騎手から横山武騎手に乗り替わりとなりました。

横山武騎手は非常に成績を上げてきましたが、正直なところ重賞ではまだ結果が出ていません。ここは勝負のかかるところではないでしょうか。

こういう関東のレースで乗り替わりで結果を出せると大きいのですが。

 

 

 

【中山金杯 最終穴馬予想】

人気がないところで面白そうな馬を挙げていきましょう。

 

アールスター(妙味アリ)

朝の時点で単勝12番人気と全く人気がありません。鞍上は長岡騎手とやや不安なのですが

「偏差値C判定」「Bランク厩舎」「展開有利」

と実は好走条件が揃っています。人気も全くないので、妙味も十分ですね。非常に面白い穴馬と言えるでしょう。

 

 

1-3【中山金杯 最終予想】複勝コロガシ

 

【新春競馬複勝コロガシ】

「東西金杯」⇒「シンザン記念」⇒「フェアリーS」

と3つのレースで複勝コロガシを行っていきます。

この中山金杯で1頭選んでいきたいと思います。

 

候補は3頭。

ヴァンケドミンゴ

ココロノトウダイ

シークレットラン

 

この3頭の中で脱落するのは、やはりココロノトウダイでしょう。内枠や前での粘りが期待できそうですが、鞍上の丸山騎手でアウトです。やはり重要な選択で選ぶ騎手ではありません。重賞だと勝負弱さしか感じないのです。ですから除外します。

 

あとはヴァンケドミンゴとシークレットランのどちらかが候補となります。

 

ただこの中山金杯の不思議な傾向として、過去4年間の偏差値データを取っていて

S・Aランク厩舎は0-0-0-19

と、全くこの中山金杯で結果を出せていないんですよね。

 

その代わり、Bランク厩舎は非常に良い結果を残せています。過去4年間でBランク厩舎の馬が8頭も3着以内に来ています。

せっかくなので、この傾向を利用させてもらいます。

ヴァンケドミンゴ(藤岡厩舎:Aランク)

シークレットラン(田村厩舎:Bランク)

これで結論が出ますね。シークレットランを選んでいきましょう。

あと、ココロノトウダイもAランク厩舎でしたか。それならなおさら選ぶべきではないでしょうね。

 

 

f:id:onix-oniku:20210105071535p:plain

f:id:onix-oniku:20210105071615p:plain

複勝 ⑬シークレットラン 1,000円

こちらで新春競馬の東の金杯は勝負していきます!

 

 

 

 

【中山金杯 レース結果】

 

中山11R 中山金杯(G3)

1着 ⑨ヒシイグアス

2着 ③ココロノトウダイ(追切◎展開★)

3着 ⑯ウインイクシード(追切▽)

単勝 9 310円 複勝 9 3 16 160円 310円 610円 枠連 2-5 2,000円

馬連 3-9 1,990円 ワイド 3-9 9-16 3-16 810円 1,850円 5,560円    

馬単 9-3 2,760円 3連複 3-9-16 18,300円 3連単 9-3-16 64,390円

 

複勝は不的中に終わりました。

 

シークレットランは7着に敗れました。最後は良い末脚で追い上げたのですが、いかんせん4コーナーでの位置が絶望的過ぎました。

ココロノトウダイは2着に好走していました。結果的にはこちらを選んでいれば複勝は的中していたのかもしれませんが、それはナイです。

まあ内枠が良かったという事だったのでしょうね。

かなり前残りの流れで、後方から追い上げたのはアールスター(5着)とシークレットランの2頭だけという感じでした。

幸先の良くない結果に終わりましたね。

 

 

 

 

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


↑クリックお願いします↑

 

 

【中山金杯 最終予想2021】

 


f:id:onix-oniku:20201010080919p:plain


【競馬の予想方法を知りたいですか?】

買い目提供ではなく、「予想方法」をお教えします。

2つ参考にするとベストです。

 

①まずは、私が出している「競馬偏差値予想表」

10/4 中山開催

スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。

そして、このブログでは公開していませんが、

個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、

 

②「うまとみらいと」の競馬指数

 

全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。

 

その代表例が、上に載せた画像です。

東京開催 NHKマイルカップ2020

三連単1527.5倍の大波乱を的中

1着:9人気 ラウダシオン M.デムーロ

2着:1人気 レシステンシア C.ルメール

3着:6人気 ギルデッドミラー 福永祐一

「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】

画像の馬番は、右から左へ、人気順に並び替えました。

すると、

1着:9人気 ラウダシオンの穴馬も、

3着:6人気 ギルデッドミラーの穴馬もきっちり抑えています。

これが無料で見れているので私は使っています。

 

有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

実績はこんな感じです。

 

うまとみらいと うまとみらいと

競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、

皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。

こちら(無料)

↓↓↓

うまとみらいと

 


 2【中山金杯 最終予想】2021攻略データ


2-1.中山金杯2021 過去好走馬傾向

過去の偏差値データからの1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

 

2020年1月5日(日) 第69回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102150424p:plain

1着 ⑦トリオンフ(偏差値1位 2人気)

2着 ⑧ウインイクシード(偏差値10位 6人気) 

3着 ①テリトーリアル(偏差値7位 11人気)

2019年1月5日(土) 第68回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102150457p:plain

1着 ⑪ウインブライト(偏差値5位 3人気)

2着 ⑮ステイフーリッシュ(偏差値8位 7人気)

3着 ①タニノフランケル(偏差値14位 9人気)

2018年1月6日(土) 第67回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102150542p:plain

1着 ⑥セダブリランテス(偏差値1位 1人気)

2着 ①ウインブライト(偏差値3位 2人気)

3着 ⑪ストレンジクォーク(偏差値10位 10人気)

2017年1月5日(木) 第66回 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102150626p:plain

1着 ③ツクバアズマオー(偏差値4位 1人気)

2着 ②クラリティスカイ(偏差値5位 6人気)

3着 ①シャイニープリンス(偏差値8位 4人気)

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

【中山金杯 最終予想2021】

 

 

 

【中山金杯 偏差値データ成績好走条件まとめ】

中山金杯の過去の偏差値データからの好走馬の傾向を【各偏差値データの条件別傾向】からまとめています

 

【枠順】

1~4枠で9頭来ている。過去4年全て1枠1番の馬が来ている。内枠有利の傾向。

【偏差値】

12頭中6頭がB判定以上。C判定の馬が5頭も来ている。

【騎手乗り替わり】

前走からの継続が8回。マイナス3の乗り下がりが3頭来ている。

【騎手】

12頭中4頭がBランク以上。C~D判定が6頭来ている。上位騎手が苦戦の傾向。

【厩舎】

12頭中8頭がBランク以上。しかしS~Aランクは全く来ていない。やや独特な傾向か。

【追い切り】

12頭中6頭が追切の印つき。追切◎と◯ならやや信頼できるか。

【展開★】

12頭中7頭が展開★の印つき。

【間隔】外厩効果を表す

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 3-0-1-14(複勝率22.2%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 0-1-1-10(複勝率16.7%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 1-2-0-13(複勝率18.8%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-1-2-14(複勝率17.6%)

【展開順偏差値予想表】

「前から8番手以降」に予想された馬が毎年来ている(6頭が該当)。

「前から4番手以内」に予想された馬で来ていたのは「全て展開★つき」。

 

 

【偏差値過去データからの好走傾向条件】

 

中山金杯 好走馬の傾向ポイントまとめ

 

 

◆傾向①【内枠有利の傾向】

過去4年で1~4枠の馬が9頭も3着以内に来ています。そして1枠1番の馬が4年連続で3着以内に好走しています。

中山芝がA⇒Cコースに変わったばかりの週なので、インを通れる内枠の馬が完全に有利と言えるでしょう。

 

 

◆傾向②【上位騎手が苦戦傾向】

騎手ランクは12頭中4頭がBランク以上です。上位ランクの騎手がかなり苦戦しています。

中位のC~Dランクの騎手が6人来ています。この6人の内、5人が関東の騎手となります。中山を乗りなれた中位ランクの関東騎手も侮れないです(E~Fランクで来たのも全て関東騎手)。

穴も関東騎手からと言えるでしょう。

あとは騎手の乗り下がりでも問題はありません。マイナス3の乗り下がりが3回来ています。

 

 

◆傾向③【S・Aランク厩舎が好走できない】

厩舎ランクは12頭中8頭がBランク以上です。

しかしS・Aランクの厩舎は全く馬券に絡む事ができていません(4年間で0-0-0-19)。

という事は、上位の中ではBランクの厩舎だけが8頭来ているという事です。

これは非常に変わった傾向と言えるでしょう。この傾向がどこまで続くか見ものですが、やはり新春競馬という事で風変わりな重賞と言えます。

 

※必然的に上位騎手と上位厩舎の成績が良くないので「偏差値」上位の馬も苦戦傾向です。これは頭の片隅に置いておいた方が良さそうです。

 

 

◆傾向④【展開順は前の★つきか8番手以降が有力】

「前から8番手以降」に予想された馬が4年連続で来ています(該当馬は6頭)。

この6頭全てが「偏差値C判定」となっていました。これもまた面白い傾向ですね。

 

「前から4番手」以内に予想されていて来ていた馬には全て「展開★」の印がついていました(該当馬は5頭)。

 

2020年3着 テリトーリアル(11番人気)

2019年3着 タニノフランケル(9番人気)

これら2頭の穴馬に共通するのは

「前から1番手の位置に予想されていた」「展開★つき」

前に行く馬で、展開★がついた馬は積極的に狙っていきたいですね。

 

▼中山金杯 過去好走馬傾向はこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

※このブログでの過去4年分の重賞偏差値予想表データが対象(それ以前はデータの作成はありません)

【中山金杯 最終予想2021】

 

 

 

↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

Umamob(ウマモブ)|競馬予想まとめ


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします

 


2-2.中山金杯【騎手調子チェックシート】

こちらで各騎手の重賞のみでの最近の好不調がわかります

▼騎手調子チェックシート▼

2021 中山金杯(G3) 中山芝2000m

f:id:onix-oniku:20210104165810p:plain

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末の時点の成績)

 

 

 

【好調騎手】

【ピックアップ ★近30戦★好調継続騎手】

 

f:id:onix-oniku:20210104165850p:plain

戸崎騎手複勝率33%でトップになっています。

 

 

【ピックアップ ★近10戦★好調騎手】

 

f:id:onix-oniku:20210104165920p:plain

こちらは【最近10戦のみ】に特化して並べています。

和田竜騎手複勝率50%となっています。

そして松山騎手複勝率30%で続いています。全体的に見て、好調騎手はかなり限られていますね。

 

ここは西の金杯とのダブル重賞という事で、有力騎手がバラけています。このメンバーだと有力なのはやはり

戸崎・和田竜・松山騎手の3人となりますね。あとは正直なところけっこう不安なメンバーとも言えるでしょう。

安定感の戸崎騎手、そして近走かなり好調の和田竜騎手が面白そうですね。

 

 

 

 

【不調騎手】

 

f:id:onix-oniku:20210104165950p:plain

丸山・石川・丹内・北村宏・横山武・池添騎手が不振となっています。

丸山騎手は非常に重賞では頼りない面を見せています。特に芝の重賞だと、かなりノーザンファームの有力馬に乗せてもらっているのですが、全くと言っていいほど結果を出せていません。条件戦だと良いのですが。重賞になるととたんに馬脚を現してしまいます。勝負弱いのでしょうか。ここでもやはり不安を感じさせてしまいます。

石川・丹内・北村宏騎手というのも重賞ではイマイチですね。ほぼ10回に1回馬券に絡んでくる結果となっております。

2020年に大ブレイクした横山武騎手も、重賞ではまだそこまで結果を残せていません。ただし騎乗馬の質は上がっているので、この2021年には成果を上げて来そうな感じもありますが。

池添騎手も重賞ではそこそこの成績にとどまっています。

 

 

 

▼騎手調子チェックシートとは▼

www.baken-seikatsu.com

こちらで騎手チェックシートの詳細な説明が見られます

 

【中山金杯 最終予想2021】

 

 


2-3【中山金杯2021 展開予想】

 

▼展開順偏差値予想表▼

中山芝2000m

f:id:onix-oniku:20210104180716p:plain

 

 

 

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

【展開★】

ロザムール

ココロノトウダイ

テリトーリアル

シークレットラン

アールスター

ヴァンケドミンゴ

 

この中山金杯は過去のコース展開傾向を見ると、圧倒的に「差し」馬に有利となっています。中団からやや後方にかけてから、上がり2~5位あたりの末脚を繰り出せる馬が有力となります。

中団だとシークレットラン、アールスターあたりが良さそうですね。

ヒシイグアス・ダーリントンホール・ヴァンケドミンゴあたりが後方から、最後に追い上げて来そうです。

前で粘るのなら「展開★」つきです。

前から4番手以内の位置に予想された馬で「★つき」は

ロザムールとココロノトウダイの2頭となります。前残りの展開なら、この2頭が浮上しやすいでしょう。

 

 

 

★中山金杯の過去のコース展開傾向はこちらから★

www.baken-seikatsu.com

 

 

【中山金杯 最終予想2021】

 

 


2-4.中山金杯 過去10年のレース傾向

こちらで中山金杯での、過去のコースや展開・脚質の傾向データをまとめています。

 

▼中山芝2000メートル(内回り)・コースの特徴▼

 

f:id:onix-oniku:20201222135958p:plain
 

ホームストレッチの直線入り口からスタートして、1コーナーまでは約400メートル。スタート直後に急勾配の上りがあり、1コーナーの途中までは緩い上りが続く。そこから向正面半ばまでが緩い下りで、3コーナー、4コーナーにかけてはほぼ平坦。最後の直線は310メートルだが、直線の半ばには再び急勾配の上りが待ち受ける。

芝2000メートルのコースの中では、中京と並びタフな構造と言えるが、2014年の路盤改修後は、3コーナーからスピードに乗りやすくなった印象を受ける。

2度の直線の坂越えをこなすパワーがある馬の中で、3コーナーから直線でスピードを持続できる馬ほど、好走しやすいコースと言えるだろう。

 

歴史・コース:日刊スポーツ賞中山金杯 今週の注目レース JRA

 

 

 

▼過去10年のコース展開脚質傾向▼

 

4コーナー先頭馬 0-1-1-8

上がり3ハロン最速馬 1-0-1-8

3着以内馬の脚質 逃げ5 先行8 差し15 追込2

【4角先頭馬】 過去10年で2着1回3着1回のみ

【上がり最速馬】過去10年で1勝3着1回のみ

【脚質の特色(傾向)】

4コーナーで先頭に立っていた馬は、2着と3着が一度ずつあります。あまり奮いませんね。4着も3回あり惜しいのですが、最後に勝ち馬に交わされるようです。

上がり最速馬は、1勝と3着が1回のみと寂しいですね。かなり苦戦しています。瞬発力を発揮し上がり最速を繰り出しても、上位には届かないケースが多発しています。

 

脚質は「差し」が圧倒的に有利です。過去10年の3着以内の50%を占めています。やはり最初のコーナーまでの距離が長く、最後の直線に急坂が控える中山コース。差し馬にとってもっとも向く条件なのでしょう。上がり最速ではなく、上がり2~5位辺りの脚を上手く繰り出せる馬に向いた条件です。

「先行」はまだ良さそうですね。「逃げ」にはやや不向き。

「追込」に至ってはほとんど好走はありません。追込馬は軽視していきましょう。

 

 

※2011年~2020年の過去10年の成績を参考

【中山金杯 最終予想2021】

 

 

 


▼JRAからの中山金杯過去傾向データ▼

★JRA 中山金杯 予想データ分析★

「馬券の中心は単勝オッズ一桁台の馬から」

「外枠はかなり不振

「前走2000メートルで連に絡んでいた馬がここも好走」

 

データ分析:日刊スポーツ賞中山金杯 今週の注目レース JRA

 

 

★レースの概要★

「第70回中山金杯(G3)」

本競走は、1952年に4歳以上のハンデキャップの重賞競走「金杯」として創設され、当初は中山競馬場の芝2600メートルで行われていた。

その後、1954年に負担重量が別定に変更されたが、1961年にはハンデキャップに戻され、芝2000メートルに距離が短縮された。また、同年より開催時期を1月の中旬から新春最初の節に繰り上げて行われるようになった。開催場は幾度かの変更ののち、1980年から中山競馬場での開催に定着し、現在に至っている。

その後、1996年より東西で行われる金杯を区別するため、「中山金杯」の名称となったが、本競走は「京都金杯」と並んで、中央競馬の新年の開幕を飾る名物競走として定着している。

歴史・コース:日刊スポーツ賞中山金杯 今週の注目レース JRA

 

 

【中山金杯 最終予想2021】

 

 

2-5【中山金杯 競馬偏差値確定】2021

 

f:id:onix-oniku:20210104175809p:plain

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

 

【偏差値 S判定】

偏差値1位【65.4 S】

⑭ヴァンケドミンゴ

偏差値2位【64.1 S】

③ココロノトウダイ

 

 

 

 

【偏差値 A判定】

偏差値3位【61.4 A】

⑬シークレットラン

偏差値4位【58.8 A】

⑪ディープボンド

偏差値4位【58.8 A】

⑮ダーリントンホール

 

【偏差値 B判定】

偏差値6位【57.4 B】

⑨ヒシイグアス

偏差値7位【53.4 B】

②テリトーリアル

 

【偏差値 C判定】

偏差値8位【52.1 C】

⑥カデナ

偏差値9位【50.8 C】

⑰バイオスパーク

偏差値10位【49.5 C】

⑩アールスター

 

【偏差値 D判定】

偏差値11位【46.8 D】

⑯ウインイクシード

偏差値12位【42.8 D】

⑤ショウナンバルディ

偏差値12位【42.8 D】

⑦マウントゴールド

 

【偏差値 E判定】

偏差値14位【40.2 E】

⑫ロザムール

偏差値15【38.8 E】

⑧リュヌルージュ

 

【偏差値 F判定】

偏差値16【37.5 F】

④マイネルサーパス

偏差値17【29.5 F】

①ロードクエスト

 

 

 

 

▼全頭詳細コメントはこちらから▼

※全頭詳細コメントは割愛します

【中山金杯 最終予想2021】

 

 

 

★1/5(火)展開穴馬はこちらから★

全場から展開で穴をあけそうな馬をセレクト


中央競馬ランキング

★NEW↑↑ こちらをクリック ↑↑NEW★

 

 

 

 

【中山金杯 上位人気単勝オッズ】

1番人気 3.9倍 ヒシイグアス

2番人気 5.1倍 ディープボンド

3番人気 6.8倍 テリトーリアル

中山金杯(G3) オッズ | 2021年1月5日 中山11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※中山金杯 レース当日朝6:43時点での単勝人気オッズ

 

 


▼今日のデータ更新▼

2021年1月5日(火)

厳選軸馬・追切特注馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

www.baken-seikatsu.com

中山金杯 ココロノトウダイが追切特注馬に該当しています!

 

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼中山金杯 関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

過去の偏差値データからの1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

www.baken-seikatsu.com

 

 

【中山金杯 最終予想2021】

 


2-6.中山金杯 過去成績データ

過去4年の「中山金杯」競馬偏差値予想表の結果・成績(払い戻し)をまとめています

 

2020年1月5日(日) 中山金杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102133844p:plain

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ⑦トリオンフ(偏差値1位 展開★)

2着 ⑧ウインイクシード(偏差値10位) 

3着 ①テリトーリアル(偏差値7位 展開★)

単勝 7 430円 複勝 7 8 1 200円 290円 830円 枠連 4-4 2,820円

馬連 7-8 2,550円 ワイド 7-8 1-7 1-8 830円 3,040円 3,950円    

馬単 7-8 3,990円 3連複 1-7-8 28,440円 3連単 7-8-1 107,910円

 

 

2019年1月5日(土) 中山金杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102134100p:plain

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ⑪ウインブライト(偏差値5位 追切◯)

2着 ⑮ステイフーリッシュ(偏差値8位 展開★)

3着 ①タニノフランケル(偏差値14位 展開★)

単勝 11 840円 複勝 11 15 1 320円 340円 650円 枠連 6-8 1,660円

馬連 11-15 4,570円 ワイド 11-15 1-11 1-15 1,620円 3,630円 4,170円    

馬単 11-15 7,950円 3連複 1-11-15 42,070円 3連単 11-15-1 216,370円

 

 

 

 

2018年1月6日(土) 中山金杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102134308p:plain

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ⑥セダブリランテス(偏差値1位 追切▽)

2着 ①ウインブライト(偏差値3位 追切◎展開★)

3着 ⑪ストレンジクォーク(偏差値10位)

単勝 6 250円 複勝 6 1 11 130円 170円 540円 枠連 1-3 540円

馬連 1-6 680円 ワイド 1-6 6-11 1-11 310円 1,380円 1,750円    

馬単 6-1 1,100円 3連複 1-6-11 5,270円 3連単 6-1-11 18,170円

 

 

2017年1月5日(木) 中山金杯(G3) 芝:良

f:id:onix-oniku:20210102134532p:plain

【結果・成績(払い戻し)】

1着 ③ツクバアズマオー(偏差値4位 追切△展開★)

2着 ②クラリティスカイ(偏差値5位 追切◎)

3着 ①シャイニープリンス(偏差値8位 追切◯)

単勝 3 280円 複勝 3 2 1 120円 260円 220円 枠連 2-3 1,930円

馬連 2-3 1,760円 ワイド 2-3 1-3 1-2 550円 370円 1,030円    

馬単 3-2 2,690円 3連複 1-2-3 2,360円 3連単 3-2-1 10,430円

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

【中山金杯 最終予想2021】

 

 

 


3.中山金杯 2021データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2021年1月5日(火) 中山金杯(G3)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 ロードクエスト 29.5 F 西村淳 24.4 小島 20.0 3 17
1 2 テリトーリアル 53.4 B 継続 石川 14.1 西浦 13.9 2 5
2 3 ココロノトウダイ 64.1 S 継続 丸山 24.2 手塚 30.3 8 2
2 4 マイネルサーパス 37.5 E 継続 丹内 19.5 高木 25.8 2 8
3 5 ショウナンバルディ 42.8 D 岩田康 津村 22.4 松下 19.3 2 11
3 6 カデナ 52.1 C 田辺 -1 三浦 26.7 中竹 18.8 8 16
4 7 マウントゴールド 42.8 D 石川 内田 14.2 池江 31.9 1 4
4 8 リュヌルージュ 38.8 E 団野 -2 中井 9.3 斉藤崇 39.3 6 12
5 9 ヒシイグアス 57.4 B 継続 松山 32.2 39.1 4 13
5 10 アールスター 49.5 C 継続 長岡 12.7 杉山 29.7 7 10
6 11 ディープボンド 58.8 A 継続 和田竜 25.3 大久保 30.7 9 3
6 12 ロザムール 40.2 E 継続 北村宏 20.7 上原 18.4 2 1
7 13 シークレットラン 61.4 A 川田 -1 横山武 31.3 田村 27.6 8 7
7 14 ヴァンケドミンゴ 65.4 S 酒井 藤岡康 20.5 藤岡 33.7 6 15
8 15 ダーリントンホール 58.8 A 継続 Mデムーロ 31.9 木村 39.7 30 14
8 16 ウインイクシード 46.8 D 三浦 +1 戸崎 37.5 鈴木伸 20.9 1 9
8 17 バイオスパーク 50.8 C 継続 池添 34.4 浜田 15.3 6 6

 

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値はオニキスお肉が作成したオリジナル指数です。

【中山金杯 最終予想2021】

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

▼重賞最終予想バックナンバー▼

www.baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2021 Onix-Oniku All rights reserved.