馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

【ダービー卿CT(G3)最終予想2022】勝負馬券を無料公開!

1【2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 最終予想】

2022年JRA重賞ファイル037

2022年4月2日(土)

「第54回ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)」

ダービー卿チャレンジトロフィーの最終予想を行っていきます。

中山芝マイルで行われる古馬のハンデ重賞です。

ここで馬券の最終決断を下していきます。

【ダービー卿CT 最終予想2022】

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

1-1【2022ダービー卿チャレンジトロフィー 最終予想】

【ダービー卿CTはこのようなレースです】

1969年に、イギリスからレスター・ピゴットなど騎手3名を招いて東京競馬場と京都競馬場で「英国騎手招待競走」が4競走行われた際、そのひとつの競走に第18代ダービー卿エドワード・ジョン・スタンリー伯爵からトロフィーの寄贈を受けたことを記念し、「ダービー卿チャレンジトロフィー」が創設された。

創設時は東京競馬場の芝1800mで11月に行われたが、施行場は1981年に中山競馬場へ変更。距離は1984年より芝1600mに変更され、施行時期が春の中山開催(3月 - 4月)に繰り上げられた1990年から芝1200mに短縮された後、1996年より再び芝1600mに戻された。

負担重量は当初別定だったが、2002年よりハンデキャップに変更された。

ダービー卿チャレンジトロフィー - Wikipedia

 

 

 

 

2022年4月2日(土) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m

4歳以上・国際・特指・ハンデ

3回中山3日目 15:45発走

f:id:onix-oniku:20220401163115p:plain

【競馬偏差値】が確定しています 

 

 

 

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼競馬偏差値の詳細はこちらをクリック▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

追切展開あり ⑦⑩⑪⑮

展開★    ④⑯

推奨穴馬   ①⑯

4角先頭馬  ⑪  

上がり最速馬 ⑩

 

 

▼2022/4/3(日)の競馬偏差値データ▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

▼2022/4/2(土)関連偏差値データ▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

▼ダービー卿CT 関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

※ダービー卿CTの過去の偏差値データからの好走馬傾向をまとめています

 

▼2022フラワーC ワイド1点2万円的中▼

www.baken-seikatsu.com

▼2022京都金杯 3連複253.1倍的中▼

www.baken-seikatsu.com

▼2022年重賞は36戦20勝!▼

www.baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は55.6%!★

 

▼ブログ6周年達成記念▼

www.baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

 



▼中央も地方も!競馬のことなら全てお任せ▼

うまリッチ

▲スマホ片手に簡単に攻略!▲

無料情報も豊富で副業にも最適

中央競馬も地方競馬も無料でウマウマ

★うまリッチ特選無料情報★

【情報源から直接入手】

【Aランク以上の情報のみ】

★毎週更新される圧倒的な的中実績★

▼期間限定でゲットしよう!▼

【1万円分のポイント】

【すぐに使える有益情報】

【注目重賞の買い目公開!】

▼簡単LINE登録で競馬を完全攻略▼

うまリッチ

▲毎日ガッポリうまうま馬券生活▲


 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

2022年からブログ7年目に突入!

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

 

【2022ダービー卿CT 追切】

 

◎ ダーリントンホール

◯ カイザーミノル

▲ カテドラル

注 ザダル

△ リフレイム

▽ ミッキーブリランテ

 

ダービー卿CTの「追切◎」はダーリントンホールでした!

前走からの上昇度が抜群でした。ここは間違いなく良い状態で出走できるでしょう。

「追切◯」はカイザーミノル。こちらも上昇度が良かったですね。

「追切▲」はカテドラル。追切の強さが一番高かったですね。

 

基本的にこのダービー卿CTは追切の印が非常に良い結果を出しています。

しっかりと狙っていきたいですね。

 

 

【2022ダービー卿CT 追い切りリポート】

 

 

 

1-2【2022ダービー卿CT 最終予想】勝負馬券

 最終予想の結論を下していきます。

f:id:onix-oniku:20220401182542p:plain

f:id:onix-oniku:20220401182607p:plain

 

 

 

【2022ダービー卿CT 好走馬傾向まとめ】

【好走馬傾向(メリット)】

★偏差値A以上が非常に強い★

★偏差値Cも好走多い★

★Cランク以上の騎手が中心★

★騎手乗り下がりはマイナスにならず★

★Aランク以上厩舎は軸馬★

★追切は3着以内に必ず2頭は来る★

★偏差値A以上のノーザンF系外厩が軸馬★

★偏差値C以上の外厩効果ナシに注意★

★A・B・ナシ(外厩)は偏差値Cに注意★

★前から10番手以降が有利★

 

【好走馬傾向(デメリット)】

★偏差値D以下は消し★

★Cランク以下厩舎は弱い★

★偏差値D以下のノーザンF系外厩は消し★

★基本的にAランク外厩は不振★

★Bランク外厩は非常に苦戦★

★基本的に外厩効果ナシは苦戦★

 

 

 

 

 


 

競馬予想をするために必要な情報を集めるのは

なかなか大変です

よくそういった問い合わせを受ける事があります

 

できれば的中しやすい予想を

シンプルに教えて欲しい

そして毎週的中を積み重ねる事ができれば

収支も安定していきますよね

 

とにかく的中できる実力を持った予想家の予想を知りたい!

しっかりと利益を上げる予想を教えてもらいたい!

そこで専属の馬券師を豊富にかかえ

実力がなければ成績次第で入れ替えも行っている

そういったサイトもあるようですね

予想を的中する事によって毎週プラスを積み重ねていく

競馬を投資にしていく事も可能な専属馬券師の予想

 

▼それがこちらにあります▼

ウマニキ

【ウマニキ】

専属のプロ馬券師をスカウトし

厳しい審査で成績次第の実力主義!

競馬を投資に変えていく確かな予想が

ここにあります!

ウマニキ

【3月26日(土)中京1R 1,273,500円獲得!】

ウマニキ

【3月27日(日)阪神5R 1,175,550円獲得!】

 

▼こちらから無料で登録が可能です▼

ウマニキ

▲プロ馬券師の予想を無料で見てみましょう▲

 


 

 

【2022ダービー卿CT 最終本命馬予想】

 

このダービー卿CTは非常に【ノーザンF系外厩】を使われていた馬が強いレースです。

過去6年すべて【ノーザンF系外厩】を使われていた馬が勝利していました。

 

ザダル

【ノーザンF系】【追切注】【厩舎Bランク】

 

カテドラル

【ノーザンF系】【追切▲】【厩舎Sランク】【前から15番手の位置】

この2頭がノーザンF系で、かつ偏差値A判定となりました。

買うべき項目も満載です。

自動的にこの2頭は買うべき存在となります。

 

人気も朝の時点で単勝人気は

ザダル(7番人気)

カテドラル(6番人気)

あまり人気になっていないですね。

この時点で買う妙味しか感じられません。

どう考えても買わないと損をしそうです。

 

 

ダーリントンホール

こちらは偏差値1位のS判定です。

ただし【Aランク上位外厩】という点でノーザンF系に劣ります。

【追切◎】【Sランク厩舎】【Sランク騎手】

しかし買うべき条件はある程度満たされていますね。

ここはノーザンF系の相手候補の1番手にしましょう。

 

 

カイザーミノル

こちらは偏差値4位のA判定です。

やはり【Bランク標準外厩】という点がマイナスです。

【追切◯】【Aランク騎手】

状況は悪くはないですね。

前目の馬で粘るならこの馬が良さそうです。

相手候補の2番手とします。

 

 

【偏差値B判定】

フォルコメン

ボンセルヴィーソ

ノルカソルカ

この3頭はヒモ候補に組み入れていきましょう。

 

リフレイム

偏差値はC判定ですが【追切】の印が入りました。

やはりヒモ候補に組み入れていきましょう。

 

グラティアス

偏差値C判定ですが【ノーザンF系】です。

いちおうケアしていきましょうか。

 

ここまでとなります。

 

 

 

 

【2022ダービー卿CT 最終穴馬予想】

 

フォルコメン

人気は朝の時点で単勝13番人気となっています。

全く人気がないですね。

妙味は十分でしょう。

 

ノルカソルカ

こちらも人気は朝の時点で単勝11番人気です。

やはり人気がありませんね。

 

この2頭はヒモ候補としての穴馬の魅力満載です。

 

 


▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

1-3【2022ダービー卿CT 無料買い目公開】

 

【推奨ワイド馬券】

 

f:id:onix-oniku:20220402072804p:plain

ワイド フォーメーション

⑦⑮-⑩⑪⑮ 5点

3,000✕5=15,000円

ワイド馬券は⑦⑮から組んでいきます。

複数的中が理想となります。



【推奨3連複馬券】

 

f:id:onix-oniku:20220402072833p:plain

3連複 フォーメーション

⑦⑮-⑩⑪-①④⑥⑦⑧⑩⑪⑮⑯ 24点

200✕24=4,800円

3連複馬券は⑦⑮から⑩⑪を通ってヒモへと。

手広く高配当狙いです。

 

f:id:onix-oniku:20220402072908p:plain

合計金額 19,800円

これがダービー卿CTでの【勝負馬券】となります。

 

 

 

 

【2022ダービー卿CT レース結果】

 

f:id:onix-oniku:20220402161244p:plain

f:id:onix-oniku:20220402161219p:plain

 

ここは不的中の結果となりました。

高偏差値のノーザンF系が信頼できる重賞でしたが

カテドラル(9着)

ザダル(10着)

に敗れました。

これは仕方ないと思います。

 

2頭ともあまり人気になっていなかったので、逆に資金を投入しました。

別に人気馬だけに資金を多く投入する必要はありません。

 

しかし、この結果で日曜日の大阪杯はどうしようか迷いますね。

 

さらに資金を投入して負けを回収するのも良いでしょう。

ここでいったん引いて、それ程資金を投入せずに流すか・・・。

ちょっと迷いますね。

 

まあ偏差値データが出ないと馬券は買えないので

データ作成後にまたゆっくり考えるとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 



▼中央競馬も地方競馬もこれひとつ!▼

オールインワン競馬

▲LINEで豪華特典プレゼント!▲

今なら友達登録で豪華特典プレゼント!

★今すぐ使える2万円分のポイント★

★メイン重賞3連単の買い目★

【業界最大規模の情報網】

【複雑な操作や知識は不要】

【中央はもちろん地方の情報もゲット】

【今すぐ使えてスマホひとつで全て完結】

【見逃せない激アツ情報を毎日LINE配信】

多くの方が成果を実感!

あなたも高額的中を掴みませんか?

▼▼▼スマホひとつで全て完結!▼▼▼

オールインワン競馬

オールインワン競馬

▲LINEで豪華特典プレゼント!▲


 

 

 2【2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 最終予想】攻略データ


2-1.2022ダービー卿CT 過去好走馬傾向

「2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)」

過去の偏差値データからの1~3着までの【好走馬の成績(結果)】をまとめています

※ブログ6周年を達成したので

【過去の偏差値データも6年分で傾向を探る】

 

2021年4月3日(土) 第53回ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20220331103634p:plain

1着 ⑨テルツェット(偏差値3位 3番人気)

2着 ⑪カテドラル(偏差値2位 4番人気)

3着 ②ボンセルヴィーソ(偏差値7位 5番人気)

2020年4月4日(土) 第52回ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210402100703p:plain

1着 ④クルーガー(偏差値2位 4番人気)

2着 ⑤ボンセルヴィーソ(偏差値10位 13番人気)

3着 ⑥レイエンダ(偏差値4位 5番人気)

2019年3月30日(土) 第51回ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:稍重

f:id:onix-oniku:20210402100919p:plain

1着 ②フィアーノロマーノ(偏差値4位 2番人気)

2着 ⑫プリモシーン(偏差値2位 3番人気)

3着 ⑬マイスタイル(偏差値3位 7番人気)

2018年3月31日(土) 第50回ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210402100953p:plain

1着 ⑨ヒーズインラブ(偏差値5位 4番人気)

2着 ③キャンベルジュニア(偏差値8位 6番人気)

3着 ⑮ストーミーシー(偏差値9位 9番人気)

2017年4月1日(土) 第49回ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210402101046p:plain

1着 ③ロジチャリス(偏差値4位 5番人気)

2着 ⑤キャンベルジュニア(偏差値2位 1番人気)

3着 ⑧グランシルク(偏差値1位 2番人気)

2016年4月3日(日) 第48回ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210402101116p:plain

1着 ⑩マジックタイム(偏差値4位 5番人気)

2着 ⑭ロゴタイプ(偏差値6位 4番人気)

3着 ⑥サトノアラジン(偏差値1位 2番人気)

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 

【ダービー卿CT 偏差値データ好走傾向】

 

「2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)」

過去の偏差値データからの【好走馬の傾向】

【偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

1~3枠が9頭来ている。やや内枠が有利の傾向か。

 

【偏差値】

S:4 A:7 B:2 C:5 D:0 E:0 F:0】

【偏差値B判定以上 13/18(72.2%)】

 

【騎手乗り替わり】

【前走からの継続】8回来ている。

【乗り下がり】5回来ている。

 

【騎手】

S:4 A:4 B:5 C:3 D:1 E:1 F:0】

【騎手Bランク以上 13/18(72.2%)】

 

【厩舎】

S:9 A:5 B:3 C:0 D:1 E:0 F:0】

【厩舎Bランク以上 17/18(94.4%)】

 

【追い切り】

【追切の印つき 16/18(88.9%)】

 

【展開★】

【展開★の印つき 11/18(61.1%)】

【展開★(ピンク)】0-1-1-2(複勝率50%)

 

【間隔】外厩効果を表す

【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 6-4-3-15(複勝率46.4%)

【Aランク】オレンジ(上位外厩) 0-1-1-21(複勝率8.7%)

【Bランク】イエロー(標準外厩) 0-0-1-22(複勝率4.3%)

【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-1-19(複勝率9.5%)

 

【展開順偏差値予想表】

有利になる展開位置(6年連続馬券圏内)

【前から10番手以降】

(9頭が該当)

 

 

 

 

 

【ダービー卿CT 好走傾向条件】

 

「2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)」 

【好走馬の傾向】ポイントまとめ

 

◆傾向①【偏差値データの傾向】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に18頭中13頭来ています。

偏差値データの信頼度はかなり高いと言えます。

 

偏差値B判定以上の馬を除くと

【偏差値C判定 5頭】

となっています。

偏差値C判定が多く好走しています。

偏差値D判定以下の馬は全く好走できていません。

★偏差値A以上が非常に強い★

★偏差値Cも好走多い★

★偏差値D以下は消し★

 

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が18頭中13頭来ています。

Bランク以上の厩舎が18頭中17頭来ています。

 

【騎手データ】

Bランク以上の騎手を除くと

【Cランク騎手 3頭】

【Dランク騎手 1頭】

【Eランク騎手 1頭】

C~Eランク騎手の好走がたまにあります。

★Cランク以上の騎手が中心★

 

 

【騎手乗り下がり】

前走からの継続騎乗が8回来ています。

騎手の継続騎乗がやや活躍しています。

前走から【騎手が乗り下がり】の場合は5回来ています。

騎手乗り下がりはとくにマイナスにはなりません。

★騎手乗り下がりはマイナスにならず★

 

【厩舎データ】

Bランク以上の厩舎を除くと

【Dランク厩舎 1頭】

圧倒的に上位ランクの厩舎が強いです。

Aランク以上の厩舎は軸馬にふさわしいでしょう。

★Aランク以上厩舎は軸馬★

★Cランク以下厩舎は弱い★

 

 

 

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が18頭中16頭来ています。

展開★の印がついた馬が18頭中11頭来ています。

【追切】の印は信頼度が非常に高いと言えます。

追切の印がついた馬が、3着以内に必ず2頭以上来ています。

★追切は3着以内に必ず2頭は来る★

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

◆傾向②【外厩はSランクが圧倒的】

 

【間隔】外厩効果を表す

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 6-4-3-15(複勝率46.4%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩) 0-1-1-21(複勝率8.7%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩) 0-0-1-22(複勝率4.3%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-1-19(複勝率9.5%)

 

S【ノーザンF系外厩】

6-4-3-15(複勝率46.4%)

ダービー卿CTでの【ノーザンF系Sランク外厩】

完全に抜け出した好成績です。

過去6年で6勝、2着3着の独占率も非常に高いです。

 

好走した13頭に共通するのは

【偏差値S判定 4頭】

【偏差値A判定 6頭】

【偏差値B判定 2頭】

【偏差値C判定 1頭】

偏差値C判定以上が中心です。

とくに【偏差値A判定以上】が軸馬にふさわしいでしょう。

★偏差値A以上のノーザンF系外厩が軸馬★

★偏差値D以下のノーザンF系外厩は消し★

 

 

 

A【Aランク上位外厩】

0-1-1-21(複勝率8.7%)

【Aランク上位外厩】は良い成績ではありません。

2着と3着が1回ずつあるのみです。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値C判定 2頭】

偏差値C判定でも侮れないですね。

★基本的にAランク外厩は不振★

 

 

B【Bランク標準外厩】

0-0-1-22(複勝率4.3%)

【Bランク標準外厩】は非常に良くない成績です。

3着が1回あるのみとなっています。

 

好走した1頭に共通するのは

【偏差値C判定 1頭】

偏差値C判定で1回来ています。

★Bランク外厩は非常に苦戦★

 

 

ナシ【外厩効果ナシ】

0-1-1-19(複勝率9.5%)

【外厩効果ナシ】の馬はやや苦戦しています。

複勝率自体ではノーザンF系に次ぐ成績です。

しかし複勝率10%以下と信頼はしにくいです。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値C判定 1頭】

偏差値C判定以上で注意が必要です。

★偏差値C以上の外厩効果ナシに注意★

★基本的に外厩効果ナシは苦戦★

 

 

【ノーザンF系外厩以外の注意点】

このダービー卿CTは、非常にノーザンF系外厩が強力です。

それ以外の外厩は苦戦しています。

A・B・ナシの場合はなぜか

【偏差値C判定】での好走が多くなっています。

これは注意が必要でしょう。

★A・B・ナシ(外厩)は偏差値Cに注意★

 

 

 

◆傾向③【展開は後方の位置に注目】

【前から10番手以降】の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に好走しています(9頭が該当)。

後方の位置が有利となります。

★前から10番手以降が有利★

 

 

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

7年目もよろしくお願いします!

 

 

 

【ダービー卿CT 好走馬傾向まとめ】

【好走馬傾向(メリット)】

★偏差値A以上が非常に強い★

★偏差値Cも好走多い★

★Cランク以上の騎手が中心★

★騎手乗り下がりはマイナスにならず★

★Aランク以上厩舎は軸馬★

★追切は3着以内に必ず2頭は来る★

★偏差値A以上のノーザンF系外厩が軸馬★

★偏差値C以上の外厩効果ナシに注意★

★A・B・ナシ(外厩)は偏差値Cに注意★

★前から10番手以降が有利★

 

【好走馬傾向(デメリット)】

★偏差値D以下は消し★

★Cランク以下厩舎は弱い★

★偏差値D以下のノーザンF系外厩は消し★

★基本的にAランク外厩は不振★

★Bランク外厩は非常に苦戦★

★基本的に外厩効果ナシは苦戦★

 

 

 

 

※このブログでの過去6年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

 

▼ダービー卿CT 好走馬傾向はこちらから▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 

 

 

▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 


2-2.ダービー卿CT【騎手チェックシート】

こちらで各騎手の【重賞のみ】での最近の好不調がわかります

▼重賞騎手調子チェックシート▼

2022 ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m

f:id:onix-oniku:20220401144813p:plain

重賞(JRA)のみの騎手別成績です(先週末時点の成績)

 

 

 

【好調騎手】

【ピックアップ ★近30戦★好調継続騎手】

f:id:onix-oniku:20220401144906p:plain

 

【最近30戦】の好調順に並べています。

トップは横山武騎手複勝率33%となっています。

そしてMデムーロ騎手複勝率30%となっています。

 

 

 

【ピックアップ ★近10戦★好調騎手】

f:id:onix-oniku:20220401144941p:plain

 

こちらは【最近10戦のみ】に特化して並べています。

トップは石橋騎手複勝率40%となっています。

Mデムーロ・菊沢・横山武・藤岡祐騎手複勝率30%となっています。

 

 

 

 

【不調騎手】

f:id:onix-oniku:20220401145007p:plain


【過去30戦】
での不調騎手(複勝率15%未満)を並べています。

原騎手複勝率10%となっています。

嶋田・野中・三浦騎手複勝率5~7%となっています。

藤懸・内田騎手複勝率10%となっています。

津村騎手複勝率13%となっています。

 

 

 

▼騎手調子チェックシートとは▼

www.baken-seikatsu.com

▲こちらで騎手チェックシートの詳細な説明が見られます▲

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 


2-3【2022ダービー卿CT 展開予想】

 

▼展開順偏差値予想表▼

 

中山芝1600m

f:id:onix-oniku:20220401164107p:plain

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

 

 

 

 

【展開★】

カイザーミノル

ノルカソルカ

ボンセルヴィーソ

ダーリントンホール

ザダル

カテドラル

 

 

【展開★(ピンク)】の印の馬は

ボンセルヴィーソ

となりました

 

 

【4コーナー予想先頭馬】

テンの3ハロン・マクリ能力等を判断して選びます

カイザーミノル

 

 

【上がり3ハロン予想最速馬】

上がり最速の末脚を出せる馬を選びます

ダーリントンホール

 

 

【展開位置有利ゾーン】 

★ダービー卿CT 過去連続好走位置★

【前から10番手以降の位置】

f:id:onix-oniku:20220401164246p:plain

カテドラル

非常に有利になりそうですね。

 

 

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 

▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 


2-4【2022ダービー卿CT】過去10年のレース傾向

こちらで【2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)】での、過去のコースや展開・脚質の結果分析データをまとめています。

 

▼中山芝1600メートル(外回り)・コースの特徴▼

 

 

 

1コーナー奥の引き込み線からスタートして、外回りコースをぐるっと回り、はっきりした直線はゴール前だけという独特のコース形態である。

スタート地点から最初のコーナーまでは240メートルほどと短く、必然的に迫力のある先行争いが見られる。2コーナーからはずっと下り勾配で、3コーナーもカーブが緩やかなので4コーナーまで息が入りにくい。

最後の直線は310メートルで、直線の半ばには高低差2メートルを超える急坂が待ち構える。

ゴール前の坂で先行馬の脚は鈍るが、短い直線で差し切るには一気に加速できる瞬発力が必要だ。

 

歴史・コース:ダービー卿チャレンジトロフィー 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

▼2022ダービー卿CT 過去10年のコース展開脚質分析▼

 

【4コーナー先頭馬 1-0-0-9】

【上がり3ハロン最速馬 3-2-0-5】

【3着以内馬の脚質 逃げ6 先行6 差し9 追込9

 

【4角先頭馬】 過去10年で【1勝2着0回3着0回】となっている。

【上がり最速馬】過去10年で【3勝2着2回3着0回】となっている。

 

【脚質の特色(傾向)】

「4角先頭馬」は過去10年で【複勝率10%】となっています。

1勝のみとなっています。

4コーナーで先頭に立っているメリットはかなり少ないでしょう。

 

「上がり最速馬」【連対率50%】と、あまり良い成績ではありません。

2着以内に来るケースと、馬券圏外にハッキリと分かれます。

 

 

「脚質」「差し」「追込」が有利となっています。

中団から後方にいるタイプの馬が有利となります。

「逃げ」と「先行」は同じです。

ただし逃げ馬の場合は、4コーナーで先頭に立つ馬は不利となります。

ハナをきった馬の後ろで競馬ができる馬の方が有利でしょう。

 

 

※2012年~2021年の過去10年の成績を参考

全て「中山芝1600m」で施行。

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 


▼JRAからの【2022ダービー卿CT】過去傾向データ▼

 

★JRA ダービー卿CT 予想データ分析★

【マイル路線で飛躍を目指す馬たちによるハンデ重賞】

安田記念の前哨戦に位置するマイル重賞。ハンデ戦のGⅢという条件もあってバリバリのGⅠ馬の参戦は少なく、これからGⅠや重賞戦線での飛躍を願う馬の参戦が多いレースである。今回は過去10年の結果から傾向を探ってみた。

 

「1番人気は頼りないが下位人気馬の大駆けも少ない」

過去10年間で1番人気はわずか1勝、連対率も30%と低く頼りない成績となっている。ただ、6番人気以下の馬が勝った例もなく、3番人気から5番人気の優勝が多くなっている。

また、単勝オッズ別にも見てみると、3着以内馬延べ30頭中24頭が単勝15倍未満だった。単勝15倍以上の馬は軸馬に選びづらい。データ的には3番人気から5番人気の馬を軸馬に、単勝15倍未満の馬へ流す中穴狙い作戦がハマりそうだ。

 

「ハンデ55キログラム台が優勢」

過去10年の負担重量別成績を見ると、ハンデが55キログラム台だった馬の好走率が高い。対して、56キログラム台だった馬の好走率が低くなっている。

また、トップハンデとなった馬の成績もいまひとつで、2012年のガルボ以降優勝していない。

 

「準オープンからの昇級初戦馬が大活躍」

過去10年の出走馬のうち、前走が3勝クラスだった馬はいずれも前走を勝利していたが、これらの馬は5勝を挙げるなど、半数近くが3着以内に入る大活躍。このレースに限っては、オープンクラスでの実績がなく、昇級初戦だからといって軽視するのは危険である。

また、前走がオープン特別だった馬では、当レースと同じ中山・芝1600メートルが舞台の東風Sだった馬が好相性で、その中でも4着以内だった馬が〔1・2・2・13〕(3着内率27.8%)の成績を残している。逆に、東風S以外のオープン特別だった馬は3着が1回あるのみだ。前走がGⅢだった馬の場合は、そのレースで5着以内だった馬が〔3・3・0・10〕となっており、こちらも前走での着順がひとつの目安になりそうだ。

 

「外枠はやや厳しめか」

過去10年の馬番別成績を調べると、1番から10番だった馬が3着以内馬延べ30頭中23頭を占め、好走率でも11番より外の馬番だった馬を上回っている。

外寄りの馬番となった馬はやや割り引いて考えたい。

 

データ分析:ダービー卿チャレンジトロフィー 今週の注目レース JRA

 

 

 

 

 

 

▼レースの概要▼

2022年4月2日(土)

「第54回ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)」

 

1969年に、イギリスからL.ピゴット、E.ジョンソン、A.バークレイの3名の騎手を招待し、東京競馬場と京都競馬場で「英国騎手招待競走」が計4競走行われた。

そのうちのひとつの競走に、第18代ダービー卿エドワード・ジョン・スタンリー伯爵からトロフィーの寄贈を受けたことを記念して「ダービー卿チャレンジトロフィー」が創設された。

創設当初は、3歳以上による別定重量の重賞競走として、11月に東京競馬場・芝1800メートルで行われていたが、1981年に中山競馬場へと舞台を移された。

その後、開催時期や条件・距離の変更があり、1990年から4歳以上、1996年から芝1600メートルの条件で行われている。また、負担重量は2002年にハンデキャップに変更された。

 

歴史・コース:ダービー卿チャレンジトロフィー 今週の注目レース JRA

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 

 

▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

2-5【2022ダービー卿CT 競馬偏差値確定】

 

f:id:onix-oniku:20220401163325p:plain

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

 

【偏差値 S判定】

偏差値1位【67.7 S】

⑩ダーリントンホール

生産:Canning Bloodstock Ltd(英国)

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/5】

 

 

 

 

【偏差値 A判定】

偏差値2位【61.0 A】

⑮カテドラル

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中7週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/10】

偏差値3位【60.2 A】

⑦ザダル

生産:新冠橋本牧場

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中11週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/10】

※新冠橋本牧場の生産馬だがノーザンF系外厩を使用

偏差値4位【59.3 A】

⑪カイザーミノル

生産:フジワラファーム

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中11週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/5】

 

 

【偏差値 B判定】

偏差値5位【56.0 B】

④ボンセルヴィーソ

生産:白井牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中2週(外厩明け2戦目)】

偏差値6位【55.1 B】 

①フォルコメン

生産:社台ファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中6週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/11】

偏差値7位【54.3 B】

⑯ノルカソルカ

生産:下河辺牧場

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中5週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/8】

 

 

 

 

【偏差値 C判定】

偏差値8位【50.1 C】

⑧グラティアス

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中2週(外厩明け2戦目)】

偏差値9位【49.3 C】

②インテンスライト

生産:カミイスタット

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中4週(外厩明け2戦目)】

偏差値10位【48.4 C】

⑥リフレイム

生産:Summer Wind Equine LLC(米国)

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中8週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/3】

 

 

【偏差値 D判定】

偏差値11位【44.3 D】

③タイムトゥヘヴン

生産:オリオンファーム

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)】

【中2週(外厩明け2戦目)】

偏差値11位【44.3 D】

⑤ギルデッドミラー

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系外厩Sランク(ノーザンF系)」】

【中5週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/17】

偏差値11位【44.3 D】

⑬ミッキーブリランテ

生産:ノーザンファーム

ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中2週(外厩明け3戦目)】

外厩効果は消滅している。

偏差値14位【42.6 D】

⑨サトノフェイバー

生産:フジワラファーム

【非ノーザンF系「外厩Aランク(上位)」】

【中3週(外厩明け2戦目)】

※チャンピオンヒルズ系外厩使用

 

 

【偏差値 E判定】

偏差値15位【37.6 E】

⑭インターミッション

生産:下河辺牧場

【非ノーザンF系「外厩Bランク(標準)」】

【中19週(外厩明け初戦):帰厩日2022/3/5】

 

 

【偏差値 F判定】

偏差値16位【25.8 F】

⑫トーラスジェミニ

生産:川上牧場

【非ノーザンF系「外厩効果ナシ」

【中1週(外厩明け5戦目)】

外厩効果は消滅している。

 

 

 

 

 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 

 

 

 

▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲

 

 

 

【2022ダービー卿CT 上位人気単勝オッズ】

1番人気 5.3倍 ダーリントンホール

2番人気 5.6倍 リフレイム

3番人気 6.9倍 グラティアス

 

ダービー卿チャレンジ(G3) オッズ | 2022年4月2日 中山11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

※ダービー卿CT レース当日朝7:00時点での単勝人気オッズ

 

 


▼今日のデータ更新▼

2022年4月2日(土)

厳選軸馬・大穴激走馬・全場7~12R競馬偏差値予想表

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

▼ダービー卿CT 関連データ▼

www.baken-seikatsu.com

※ダービー卿CTの過去好走馬傾向をこちらでまとめています

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼2022フラワーC ワイド1点2万円的中▼

www.baken-seikatsu.com

▼2022京都金杯 3連複253.1倍的中▼

www.baken-seikatsu.com

▼2022年重賞は36戦20勝!▼

www.baken-seikatsu.com

★2022年JRA重賞の的中率は55.6%!★

 

 

▼ブログ6周年達成記念▼

www.baken-seikatsu.com

7年目もよろしくお願いします!

 

▼完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい▼


中央競馬ランキング

▲クリックお願いします▲

 

 

 

 


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

▲ぜひフォローしてみましょう!▲


 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼2022/4/2(土)「展開穴馬!」はこちらから▼

展開に恵まれる馬を全レースからセレクト


中央競馬ランキング

▲NEWこちらをクリックNEW▲


 

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 


2-6【2022ダービー卿CT】過去成績データ

過去6年間の【競馬偏差値予想表】の結果・成績(払い戻し)をまとめています

【2022ダービー卿CT 過去偏差値成績結果】

 

 

2021年4月3日(土) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

競馬偏差値予想表はCASIOの協力で作成しています

▼重賞偏差値予想表の詳細な見方はこちら▼

重賞偏差値予想表について - 馬券生活☆競馬で生きていく

 

※出走取消⑯ウインカーネリアン

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2020年4月4日(土) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ⑤ボンセルヴィーソ(展開★) 13番人気

 

 

 

2019年3月30日(土) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

3着 ⑬マイスタイル(偏差値3位追切◯) 7番人気

 

 

 

2018年3月31日(土) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

2着 ③キャンベルジュニア(追切◯) 6番人気

3着 ⑮ストーミーシー(追切△展開★) 9番人気

 

 

 

2017年4月1日(土) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:稍重

【結果・成績(払い戻し)】

 

 

 

2016年4月3日(日) ダービー卿CT(G3) 中山芝1600m 芝:良

【結果・成績(払い戻し)】

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

 


3【2022ダービー卿チャレンジトロフィー(G3)】データベース用

▼エクセル等データベース利用のためのコピペ用▼

※PCでの利用を前提としています

2022年4月2日(土) 

ダービー卿CT(G3)

馬名 偏差値 判定 前走騎手 騎手 複勝率 厩舎 複勝率 追切 展開 間隔
1 1 フォルコメン 55.1 B 団野 +3 Mデムーロ 39.3 33.3 6 3
1 2 インテンスライト 49.3 C 継続 菊沢 10.1 菊沢 24.1 4 13
2 3 タイムトゥヘヴン 44.3 D 横山和 -2 大野 27.0 戸田 16.4 2 16
2 4 ボンセルヴィーソ 56.0 B 継続 藤懸 13.6 池添学 34.1 2 5
3 5 ギルデッドミラー 44.3 D 福永 -2 石橋 26.5 松永幹 21.1 5 7
3 6 リフレイム 48.4 C 継続 野中 6.9 黒岩 29.8 8 10
4 7 ザダル 60.2 A 松山 -1 田辺 28.1 大竹 27.3 11 9
4 8 グラティアス 50.1 C 継続 三浦 25.8 宮田 29.7 2 12
5 9 サトノフェイバー 42.6 D 古川吉 +1 津村 24.8 南井 35.2 3 6
5 10 ダーリントンホール 67.7 S 北村宏 +3 横山武 34.7 木村 43.0 6 8
6 11 カイザーミノル 59.3 A 継続 横山典 30.3 北出 19.6 11 1
6 12 トーラスジェミニ 25.8 F 西川敏 -3 11.8 小桧山 16.6 1 2
7 13 ミッキーブリランテ 44.3 D 横山武 -5 内田 13.6 矢作 31.1 2 11
7 14 インターミッション 37.6 E 石川 嶋田 18.7 手塚 34.8 19 14
8 15 カテドラル 61.0 A 継続 戸崎 33.8 池添学 34.1 7 15
8 16 ノルカソルカ 54.3 B 勝浦 +3 藤岡祐 35.2 藤岡 29.5 5 4

 

 

 

このブログでの「競馬偏差値予想表」は全てエクセル(excel)で作成しています。

ただし画像として添付していますので、文字ベースとしてコピーペーストしてエクセル等データベースに保存されたい場合はこちらをご利用下さい。

競馬偏差値はオニキスお肉が作成したオリジナル指数です。

【2022ダービー卿CT 最終予想】

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

▼重賞最終予想バックナンバー▼

www.baken-seikatsu.com

※全ての競馬偏差値予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2022 Onix-Oniku All rights reserved.