馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

セントウルS(G2)2021【好走馬傾向(過去成績偏差値データ)】

【2021産経賞セントウルステークス(G2)】過去好走馬傾向データ 

1【2021セントウルS】過去成績傾向(偏差値予想表)

日曜日に中京競馬場では「産経賞セントウルステークス(G2)」が行われます。

例年ですと阪神競馬場で施行されているのですが、京都競馬場の改修工事の関係で昨年に引き続き中京での開催となります。

サマースプリントシリーズの最終戦となります。

過去の偏差値重賞データ成績からの好走馬傾向をまとめています。

※過去5年分偏差値予想表(2016~2020年)

1-1【2021セントウルS】出走登録馬

2021年9月12日(日) セントウルステークス(G2) 中京芝1200m

3歳以上・国際・指・別定

5回中京2日目 15:35発走

f:id:onix-oniku:20210910115151p:plain

【出走馬は17頭】(フルゲート18頭)

出走馬が確定しています!

枠順は金曜午前中に確定します

⇒枠順が確定しました!

 

 

【偏差値】はレース前日の夕方以降に確定します

 

 

▼セントウルS 偏差値が確定です!▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

★2021/9/11(土)の競馬偏差値データ★

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

 

▼今週の重賞過去好走馬データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

 

 

 

 

 

 

【2021セントウルS 過去外厩傾向

「ノーザンファーム生産馬」

 

シャインガーネット

レッドアンシェル

タイセイビジョン

レシステンシア

ピクシーナイト

上記の5頭は【ノーザンF系Sランク外厩】を使われています。

 

それら以外の

ラウダシオン(社台コーポレーション白老F 生産)

【ノーザンF系Sランク外厩】を使われています。

※ラウダシオンは全てのレースでノーザンF系外厩を使用

 

しかしながら、このセントウルSではノーザンF系外厩を使われていた馬はかなり苦戦しています。

今年は大挙6頭の出走となりますが、過去の状況を打ち破る事ができるのでしょうか。

 

 

 

 


【★ブログ5周年達成記念★】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

【◆⇧【クリックお願いします】⇧◆】


 

 

 

【外厩ランク別成績(セントウルS)】

 

  • Sランク・ピンク(ノーザンF系) 0-0-1-8(複勝率11.1%)
  • Aランク・オレンジ(上位外厩) 5-1-0-14(複勝率30%)
  • Bランク・イエロー(標準外厩) 0-3-4-20(複勝率25.9%)
  • ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-15(複勝率6.3%)

 

セントウルSでの外厩は

【Aランク上位外厩】の馬が1着の最優先候補となります。

ボンボヤージ

ベストアクター

ジャンダルム

カレンモエ

ラヴィングアンサー

この中から高偏差値の馬が出現すれば、自動的に1着候補です。

 

【Bランク標準外厩】

この条件も好走しています。

2着3着候補はこちらからと言えるでしょう。穴馬もしっかり狙っていけます。

 

今回は【外厩効果ナシ】の馬はいませんでした。

 

【ノーザンF系Sランク外厩】の馬が巻き返すのか、

それとも例年通りの傾向となるのか。

偏差値の確定を待ちたいところです。

 

 

 

※セントウルステークス 過去5年の偏差値データより

 

 

 

 

【◆↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓◆】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所

【◆↑クリックお願いします↑◆】

 

 

 

 

 

【セントウルステークス 過去好走馬傾向2021】


f:id:onix-oniku:20201010080919p:plain


【競馬の予想方法を知りたいですか?】

買い目提供ではなく、「予想方法」をお教えします。

2つ参考にするとベストです。

 

①まずは、私が出している「競馬偏差値予想表」

10/4 中山開催

スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。

そして、このブログでは公開していませんが、

個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、

 

②「うまとみらいと」の競馬指数

 

全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。

 

その代表例が、上に載せた画像です。

東京開催 NHKマイルカップ2020

三連単1527.5倍の大波乱を的中

1着:9人気 ラウダシオン M.デムーロ

2着:1人気 レシステンシア C.ルメール

3着:6人気 ギルデッドミラー 福永祐一

「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】

画像の馬番は、右から左へ、人気順に並び替えました。

すると、

1着:9人気 ラウダシオンの穴馬も、

3着:6人気 ギルデッドミラーの穴馬もきっちり抑えています。

これが無料で見れているので私は使っています。

 

有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

実績はこんな感じです。

 

うまとみらいと うまとみらいと

競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、

皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。

こちら(無料)

↓↓↓

うまとみらいと

 


1-2【2021セントウルS過去好走馬傾向

「2021産経賞セントウルステークス」

過去の偏差値データからの1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

 

2020年9月13日(日) 第34回セントウルステークス(G2) 中京芝1200m 芝:良

f:id:onix-oniku:20210910115617p:plain

1着 ⑯ダノンスマッシュ(偏差値1位 1番人気)

2着 ③メイショウグロッケ(偏差値8位 12番人気)

3着 ⑦ミスターメロディ(偏差値3位 2番人気)

2019年9月8日(日) 第33回セントウルステークス(G2) 阪神芝1200m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200910155822p:plain

1着 ⑦タワーオブロンドン(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑥ファンタジスト(偏差値6位 7番人気)

3着 ④イベリス(偏差値4位 3番人気)

2018年9月9日(日) 第32回セントウルステークス(G2) 阪神芝1200m 芝:重

f:id:onix-oniku:20210910120244p:plain

1着 ⑭ファインニードル(偏差値1位 1番人気)

2着 ②ラブカンプー(偏差値2位 2番人気)

3着 ⑬グレイトチャーター(偏差値10位 7番人気)

2017年9月10日(日) 第31回セントウルステークス(G2) 阪神芝1200m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200910155921p:plain

1着 ⑦ファインニードル(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑥ラインミーティア(偏差値9位 6番人気)

3着 ⑬ダンスディレクター(偏差値4位 4番人気)

2016年9月11日(日) 第30回セントウルステークス(G2) 阪神芝1200m 芝:良

f:id:onix-oniku:20200910155949p:plain

1着 ①ビッグアーサー(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑩ネロ(偏差値4位 2番人気)

3着 ⑪ラヴァーズポイント(偏差値11位 9番人気)

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼セントウルS 過去5年間偏差値成績結果はこちら▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

【セントウルステークス 過去好走馬傾向2021】

 

 

【セントウルS 偏差値データ成績好走条件まとめ】

「2021産経賞セントウルステークス」の過去の偏差値データからの好走馬の傾向を

【各偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

とくに偏った傾向は出ていない。

【偏差値】

偏差値B判定以上の馬が15頭中10頭来ている。

【騎手乗り替わり】

前走からの継続が8回来ている。乗り下がりは2回来ている。

【騎手】

Bランク以上の騎手が15頭中10頭来ている。

【厩舎】

Bランク以上の厩舎が15頭中7頭来ている。

【追い切り】

15頭中12頭が追切の印つき。勝ち馬は全て追切の印つき。

【展開★】

15頭中9頭が展開★の印つき。勝ち馬は全て展開★の印つき。

「展開★(ピンク)」は2-0-0-1(複勝率66.7%)

【間隔】外厩効果を表す

Sランク・ピンク(ノーザンF系) 0-0-1-8(複勝率11.1%)

Aランク・オレンジ(上位外厩) 5-1-0-14(複勝率30%)

Bランク・イエロー(標準外厩) 0-3-4-20(複勝率25.9%)

ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-15(複勝率6.3%)

【展開順偏差値予想表】

「前から2番手以内」の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に来ている(6頭該当)。

 

 

※2020年のみ中京芝1200mで施行(それ以外は阪神芝1200m)

【セントウルステークス 過去好走馬傾向2021】

 

 

 

【偏差値過去データからの好走傾向条件】

「2021産経賞セントウルステークス」 

好走馬の傾向ポイントまとめ

 

◆傾向①【偏差値データの傾向は】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に15頭中10頭来ています。

偏差値データの信頼度はまあまあと言えるでしょう。

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が15頭中10頭来ています。

Bランク以上の厩舎が15頭中7頭来ています。

 

【騎手データ】

騎手データはわりと信頼できると言えます。

たまにD・Eランクの騎手が来ることもありますが、

【Cランク以上の騎手】

にはわりと信頼はおけるでしょう。

 

 

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が15頭中12頭来ています。

展開★の印がついた馬が15頭中9頭来ています。

 

【追切データ】

非常に信頼できるデータと言えるでしょう。

やはりスプリント重賞という事で調教の要素は重要となります。

過去5年間のセントウルSの勝ち馬にはすべて【追切の印】がついていました。

最も重視するべき偏差値データと言えます。

 

【展開★データ】

こちらは追切の印に比べると成績はやや劣りますが、

追切の印と同じく、過去5年間の勝ち馬にはすべて【展開★の印】がついていました。

 

つまり

セントウルSの勝ち馬にはすべて

【追切】と【展開★】

の印が両方ともついていました。

勝ち馬候補には必須の印と言えるでしょう。

 

あとは【展開★(ピンク)】となれば、さらに信頼度は上がるでしょう。

 

 

★【追切】と【展開★】の印が両方ついた馬が勝ち馬候補★

 

 

 

 

 

◆傾向②【外厩はAランクとBランクで】

  • Sランク・ピンク(ノーザンF系) 0-0-1-8(複勝率11.1%)
  • Aランク・オレンジ(上位外厩) 5-1-0-14(複勝率30%)
  • Bランク・イエロー(標準外厩) 0-3-4-20(複勝率25.9%)
  • ランク外・無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-15(複勝率6.3%)

 

▼S【ノーザンF系Sランク外厩】▼

0-0-1-8(複勝率11.1%)

このセントウルSは【ノーザンF系Sランク外厩】の馬は

かなり苦手にしているレースです。

そもそもの出走馬の数自体が少ないです。

2016年~2019年はいずれも好走がありません。

昨年(2020年)にようやく3着の好走が1回あるのみです。

 

やはりノーザンF系の外厩を使われる馬は、基本的に

【クラシック路線を再重視】

となります。

2歳戦も含めてクラシック路線のG1レースは全て【芝1600m以上】で行われます。

ですから、そもそもスプリント路線を狙う馬はやや異端となります。

 

このレースでは

【ノーザンF系Sランク外厩】

の馬は評価を下げるべきでしょう。

 

 

▼A【Aランク上位外厩】▼

5-1-0-14(複勝率30%)

このセントウルSで最も活躍しているのが

【Aランク上位外厩】

の馬です。

驚くべき事に、過去5年間で全て勝ち馬を出しています。

ノーザンF系が狙わない条件を、しっかり狙って勝利しています。

 

好走した6頭に共通するのは

【偏差値S判定 5頭】

【偏差値C判定 1頭】

となっていました。

偏差値S判定になれば、勝利を狙えるということです。

★偏差値S判定のAランク上位外厩に崩れなし★

 

【偏差値D判定以下】

は軽視しても良さそうですね。

 

 

▼B【Bランク標準外厩】▼

0-3-4-20(複勝率25.9%)

【Bランク標準外厩】の馬もかなり健闘しています。

2着3着を占める割合が最上位となってます。

出走の数も最も多くなっていますね。

 

好走した7頭に共通するのは

【偏差値A~E判定】

とかなり幅広い偏差値のゾーンとなっています。

穴馬もかなり排出しています。

 

★Bランク標準外厩は2着3着で穴も狙える★

 

 

▼ナシ【外厩効果ナシ】▼

0-1-0-15(複勝率6.3%)

好走は1回のみとなっています。

 

2018年 2着ラブカンプー(偏差値2位2番人気)

この馬は偏差値2位のS判定となっていました。

やはり高偏差値になると好走はできるようです。

低偏差値の場合は非常に厳しいと言えるでしょう。

 

★外厩効果ナシは高偏差値以外は消し★

 

 

 

▼セントウルSの外厩傾向▼

【勝ち馬はAランクから】

1着候補は【Aランク上位外厩】からとなります。

2着3着候補は【Bランク標準外厩】から。こちらは穴も狙えます。

この条件をしっかりと狙っていきましょう。

 

 

 

 

◆傾向③【展開は前目の位置に注目】

「前から2番手以内」の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に好走しています(6頭が該当)。

 

やはり芝の開幕週で行われるこのセントウルS。

前に行く馬が非常に有利となります。

 

【前から5番手以内】

まで広げると9頭が該当します。

 

【高偏差値(A以上)の前から2番手以内の馬】

は自動的に軸馬となります。

積極的に狙っていきましょう。

 

 

 

 

 

※このブログでの過去5年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

※2020年のみ中京芝1200mで施行(それ以外は阪神芝1200m)

 

 

【セントウルステークス 過去好走馬傾向2021】

 

 

▼セントウルS 過去5年間偏差値成績結果はこちら▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【◆↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓◆】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所

【◆↑クリックお願いします↑◆】

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

 

▼今週の重賞過去好走馬データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

【セントウルステークス 過去好走馬傾向2021】

 


【★ブログ5周年達成記念★】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

【◆⇧【クリックお願いします】⇧◆】


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

ぜひフォローしてみましょう!

 


※全ての∂競馬偏差値∂予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2021 Onix-Oniku All rights reserved.