馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

アルゼンチン共和国杯(G2)2021【好走馬傾向】偏差値外厩データ

【2021アルゼンチン共和国杯(G2)】好走馬傾向(過去偏差値外厩データ)

1【2021アルゼンチン共和国杯】過去成績傾向(偏差値予想表)

日曜日に東京競馬場では「アルゼンチン共和国杯(G2)」が行われます。

秋の東京で行われる伝統のハンデG2戦です。

過去の偏差値重賞データ成績からの【アルゼンチン共和国杯 好走馬傾向】をまとめています。

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

※アルゼンチン共和国杯過去5年分偏差値予想表(2016~2020年)

1-1【2021アルゼンチン共和国杯】出走登録馬

2021年11月7日(日) アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m

3歳以上・国際・特指・ハンデ

5回東京2日目 15:35発走

f:id:onix-oniku:20211105103104p:plain

【出走馬は15頭】(フルゲート18頭)

出走馬は確定しています

枠順は金曜午前中に確定します

⇒枠順が確定しました!

 

【偏差値】はレース前日の夕方以降に確定します

 

 

★アルゼンチン共和国杯 偏差値が確定です!★

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

▼2021/11/6(土)の競馬偏差値データ▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

 

▼今週の重賞過去好走馬データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

▼2021天皇賞・秋 3連複1点的中!▼

www.baken-seikatsu.com

▼2021秋華賞 3連複41.9倍的中!▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

 

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去外厩傾向

「ノーザンファーム生産馬」

 

アイアンバローズ

アイスバブル

アドマイヤアルバ

オウケンムーン

オーソリティ

ゴースト

ボスジラ

レクセランス

上記の8頭は【ノーザンF系Sランク外厩】を使われています。

 

サトノソルタス

はノーザンファームの生産馬ですが、ノーザンF系Sランク外厩を使われていません

Bランク標準外厩を使われています。

今まで1回を除いて(2019年12月中日新聞杯5着)は全てノーザンF系Sランク外厩を使われていました。

これはマイナス材料と捉えて良さそうですね。

 

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

 


【★ブログ5周年達成記念★】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

【◆⇧【クリックお願いします】⇧◆】


 

 

 

【2021アルゼンチン共和国杯 外厩ランク別成績】

 

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-3-2-16(複勝率38.5%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩) 0-1-1-8(複勝率20%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩) 0-0-2-30(複勝率6.3%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-5(複勝率16.7%)

 

アルゼンチン共和国杯での外厩は

【ノーザンF系Sランク外厩】

が出走馬の数で圧倒しています。3着以内を占める割合も非常に高くなっています。

 

【Aランク上位外厩】

アンティシペイト

ディアマンミノル

トーセンカンビーナ

フライライクバード

ロードマイウェイ

分厚いノーザンF系外厩の壁を打ち破れそうなのは、この5頭の中から現れるのでしょうか。

 

 

※2021アルゼンチン共和国杯 過去5年の偏差値データより

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

 

 

 

 

 

 

 

【◆↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓◆】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所

【◆↑クリックお願いします↑◆】

 

 

 

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】


f:id:onix-oniku:20201010080919p:plain


【競馬の予想方法を知りたいですか?】

買い目提供ではなく、「予想方法」をお教えします。

2つ参考にするとベストです。

 

①まずは、私が出している「競馬偏差値予想表」

10/4 中山開催

スプリンターズSでは三連単225.4倍を勝ち取ることができました。特にメインレースに効果を発揮します。

そして、このブログでは公開していませんが、

個人的な楽しみとして、競馬偏差値予想表と掛け合わせて、全レースどれだけ精度よく当たるかなど趣味として使っている、

 

②「うまとみらいと」の競馬指数

 

全レースの軸馬や特注馬がひと目でわかるのが嬉しいことで、的中実績が凄くて精度が良かったので見ることにしました。

 

その代表例が、上に載せた画像です。

東京開催 NHKマイルカップ2020

三連単1527.5倍の大波乱を的中

1着:9人気 ラウダシオン M.デムーロ

2着:1人気 レシステンシア C.ルメール

3着:6人気 ギルデッドミラー 福永祐一

「うまとみらいと」の競馬指数でチェックすべき馬は【緑で囲った1~6と書いてある馬のみです】

画像の馬番は、右から左へ、人気順に並び替えました。

すると、

1着:9人気 ラウダシオンの穴馬も、

3着:6人気 ギルデッドミラーの穴馬もきっちり抑えています。

これが無料で見れているので私は使っています。

 

有料コンテンツもありますが、主に後半レースの情報と買い目の提供でした。

実績はこんな感じです。

 

うまとみらいと うまとみらいと

競馬予想をするときに使っている人が10万人以上もいる人気コンテンツなので信頼度は高く、

皆さんや私のように毎週競馬予想を楽しみながら稼ぎたい方には、強い味方になること間違いないと思います。おすすめです。

こちら(無料)

↓↓↓

うまとみらいと

 


1-2【2021アルゼンチン共和国杯過去好走馬傾向

「2021アルゼンチン共和国杯(G2)」

過去の偏差値データからの1~3着までの好走馬の成績(結果)をまとめています

 

2020年11月8日(日) 第58回アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103451p:plain

1着 ⑱オーソリティ(偏差値1位 3番人気)

2着 ②ラストドラフト(偏差値6位 6番人気)

3着 ⑩サンアップルトン(偏差値12位 9番人気)

2019年11月3日(日) 第57回アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103534p:plain

1着 ⑦ムイトオブリガード(偏差値2位 2番人気)

2着 ②タイセイトレイル(偏差値2位 5番人気)

3着 ①アフリカンゴールド(偏差値4位 1番人気)

2018年11月4日(日) 第56回アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103606p:plain

1着 ⑥パフォーマプロミス(偏差値1位 3番人気)

2着 ⑦ムイトオブリガード(偏差値3位 1番人気)

3着 ⑤マコトガラハット(偏差値11位 11番人気)

2017年11月5日(日) 第55回アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103635p:plain

1着 ④スワーヴリチャード(偏差値1位 1番人気)

2着 ⑦ソールインパクト(偏差値9位 7番人気)

3着 ①セダブリランテス(偏差値3位 3番人気)

2016年11月6日(日) 第54回アルゼンチン共和国杯(G2) 東京芝2500m 芝:良

f:id:onix-oniku:20211104103702p:plain

1着 ⑪シュヴァルグラン(偏差値2位 2番人気)

2着 ⑤アルバート(偏差値2位 4番人気)

3着 ⑬ヴォルシェーブ(偏差値1位 3番人気) 

 

 

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

▼アルゼンチン共和国杯 過去5年間偏差値成績結果はこちら▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向2021】

 

 

【アルゼンチン共和国杯 偏差値データ成績好走条件まとめ】

「2021アルゼンチン共和国杯(G2)」

過去の偏差値データからの【好走馬の傾向】を

【各偏差値データの条件別傾向】

からまとめています

 

【枠順】

とくに偏った傾向は出ていない。

【偏差値】

偏差値B判定以上の馬が15頭中11頭来ている。勝ち馬は全て偏差値A判定以上。

【騎手乗り替わり】

前走からの継続が3回来ている。乗り下がりは4回来ている。

【騎手】

Bランク以上の騎手が15頭中11頭来ている。

【厩舎】

Bランク以上の厩舎が15頭中11頭来ている。勝ち馬はすべてBランク以上の厩舎。

【追い切り】

15頭中9頭が追切の印つき。

【展開★】

15頭中10頭が展開★の印つき。勝ち馬はすべて展開★の印つき。

「展開★(ピンク)」は0-0-3-1(複勝率75%)

【間隔】外厩効果を表す

【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-3-2-16(複勝率38.5%)

【Aランク】オレンジ(上位外厩) 0-1-1-8(複勝率20%)

【Bランク】イエロー(標準外厩) 0-0-2-30(複勝率6.3%)

【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-5(複勝率16.7%)

【展開順偏差値予想表】

「前から6番手以内」の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に来ている(9頭該当)。

 

 

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

 

 

 

【偏差値過去データからの好走傾向条件】

「2021アルゼンチン共和国杯(G2)」 

【好走馬の傾向】ポイントまとめ

 

◆傾向①【偏差値データの傾向は】

【偏差値】B判定以上の馬が3着以内に15頭中11頭来ています。

偏差値データの信頼度はそこそこ高いレースのようです。

偏差値B判定以上の馬を除くと

【偏差値C判定 2頭】

【偏差値D判定 1頭】

【偏差値F判定 1頭】

たまに低偏差値馬の激走が見られます。このあたりはやはりハンデ重賞という所以でしょうか。

勝ち馬は全てA判定以上となっています。

★偏差値B判定以上を基本的に信頼★

★低偏差値馬の激走に注意★

 

▼騎手・厩舎データ▼

Bランク以上の騎手が15頭中11頭来ています。

Bランク以上の厩舎が15頭中11頭来ています。

 

【騎手データ】

騎手ランク上位がわりと活躍しているレースです。騎手Bランク以上だと

【Sランク騎手 10頭】

【Aランク騎手 1頭】

Sランク以上の騎手が非常に活躍しているレースです。

Dランク以下の騎手の好走はは3着までとなっています。

★Sランク騎手が圧倒的に強い★

★低ランク騎手は3着まで★

 

 

【騎手乗り下がり】

前走からの継続騎乗が3回来ています。

騎手の乗り替わりが多くなっています。

前走から【騎手が乗り下がり】の場合は4回来ています。

 

【厩舎データ】

厩舎データの信頼度もわると高くなっています。

厩舎ランクがB以上の厩舎を除くと

【Cランク厩舎 3頭】

【Eランク厩舎 1頭】

となっていました。

基本的には【Cランク以上の厩舎】が求められます。

★Cランク以上の厩舎を信頼★

★Dランク以下の厩舎は厳しい★

 

 

▼追切・展開★データ▼

追切の印がついた馬が15頭中9頭来ています。

展開★の印がついた馬が15頭中10頭来ています。

【追切】と【展開★】の印が両方ついた馬の好走が目立ちます(9回)。

あとは【展開★(ピンク)】の印が0-0-3-1(複勝率75%)と好成績になっています。

★【追切】と【展開★】ともに印がある馬が有力★

★【展開★(ピンク)】の印は好調★

 

 

 

 

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

 

 

◆傾向②【外厩はノーザンF系が圧倒】

 

  • 【Sランク】ピンク(ノーザンF系) 5-3-2-16(複勝率38.5%)
  • 【Aランク】オレンジ(上位外厩) 0-1-1-8(複勝率20%)
  • 【Bランク】イエロー(標準外厩) 0-0-2-30(複勝率6.3%)
  • 【ランク外】無色(外厩効果ナシ) 0-1-0-5(複勝率16.7%)

 

▼S【ノーザンF系Sランク外厩】▼

5-3-2-16(複勝率38.5%)

アルゼンチン共和国杯での出走馬自体の数で【ノーザンF系Sランク外厩】が多くなっています。

過去5年間すべてで勝鞍を挙げています。その好走率は一番高くなっています。

 

好走した10頭に共通するのは

【偏差値S判定 6頭】

【偏差値A判定 4頭】

好走は全て偏差値A判定以上となっています。軸馬には必須の条件と言えるでしょう。

★偏差値A判定以上のノーザンF系外厩が軸馬★

★偏差値B判定以下のノーザンF系外厩は信頼できない★

 

 

▼A【Aランク上位外厩】▼

0-1-1-8(複勝率20%)

こちらはノーザンF系外厩に押されて、【Aランク上位外厩】は出走の数自体が少なくなっています。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値A判定 1頭】

【偏差値C判定 1頭】

偏差値C判定以上であれば大丈夫のようです。

★偏差値C判定以上のAランク上位外厩を信頼★

 

 

▼B【Bランク標準外厩】▼

0-0-2-30(複勝率6.3%)

【Bランク標準外厩】は3着が2回あるのみで、非常に厳しい結果になっています。

 

好走した2頭に共通するのは

【偏差値D判定 1頭】

【偏差値F判定 1頭】

ハンデ戦の重賞ということで、低偏差値の【Bランク標準外厩】がたまに穴をあける傾向にあるようです。迷った時のヒモ穴にはなりそうですね。

★低偏差値のBランク標準外厩はヒモ穴★

★Bランク標準外厩は基本的には厳しい★

 

 

 

▼ナシ【外厩効果ナシ】▼

0-1-0-5(複勝率16.7%)

【外厩効果ナシ】の馬は出走の数が限られています。

 

2017年 2着⑦ソールインパクト(偏差値9位 7番人気)

唯一の好走馬です。

Sランク騎手に乗り替わっていた(プラス4)のが特徴でしょうか。

★外厩効果ナシは基本的には厳しい★

★Sランク騎手なら外厩効果ナシでも可能性アリ★

 

 

▼【2021アルゼンチン共和国杯(G2)】の外厩傾向▼

【ノーザンF系Sランク外厩が中心

【ノーザンF系Sランク外厩】の馬が出走数で圧倒しています。

勝ち馬は全てここから出現しています。軸馬は必ず【ノーザンF系Sランク外厩】の馬から選んでいきましょう。

基本的には高偏差値のノーザンF系Sランク外厩の相手探しの重賞と言えるでしょう。

 

 

 

◆傾向③【展開は前目の位置に注目】

「前から6番手以内」の位置に予想されていた馬が、毎年必ず3着以内に好走しています(9頭が該当)。

後方の位置の馬が有利そうにも見えますが、スローになる事が非常に多く馬場状態も悪くない事がほとんどなので、前目の位置につける馬が有利となります。

 

【偏差値S~F判定】

と非常に幅広いレンジで好走しています。

基本的には高偏差値(A判定以上)が有利となります。

★前から6番手以内の馬を信頼★

★前から6番手以内の高偏差値馬は軸向き★

 

 

 

 

 

※このブログでの過去5年分の重賞偏差値予想表データが対象

(それ以前はデータの作成はありません)

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

 

 

▼アルゼンチン共和国杯 過去5年間偏差値成績結果はこちら▼

www.baken-seikatsu.com

 

▼2021天皇賞・秋 3連複1点的中!▼

www.baken-seikatsu.com

▼2021秋華賞 3連複41.9倍的中!▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

 

▼このブログの読者になる▼

【はてなブログ】

 

 

 

▼過去の全重賞予想結果は▼

www.baken-seikatsu.com

 

 

【◆↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓◆】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ


競馬・馬 人気記事 一覧 ギャンブルブログ天紹介所

【◆↑クリックお願いします↑◆】

 

 

※結果・成績などは必ず主催者発表のものと照合しご確認下さい

 

 

 

▼今週の重賞過去好走馬データ傾向▼

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

www.baken-seikatsu.com

※過去の偏差値データからの好走馬傾向を重賞ごとにまとめています

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】

 


【★ブログ5周年達成記念★】


中央競馬ランキング


最強競馬ブログランキングへ

【◆⇧【クリックお願いします】⇧◆】


▼ツイッターはこちら▼

オニキスお肉@偏差値競馬 (@onix_oniku_uma) | Twitter

【ブログの更新をツイッターでお知らせしています】

ぜひフォローしてみましょう!

 

【2021アルゼンチン共和国杯 過去好走馬傾向】


※全ての∂競馬偏差値∂予想表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。

Copyright(c)2016-2021 Onix-Oniku All rights reserved.