馬券生活☆競馬で生きていく

「競馬偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

偏差値的重賞回顧【ホープフルS的中】

【偏差値的重賞回顧】12月28日

先週行われた重賞を振り返っていきます。今年最後のJRA開催は12/28(土)の単独開催でした。今年最後となる129レース目の重賞でした。そして最後のG1でもありました。

そちらを振り返っていきます。

【ホープフルS(回顧)】

ホープフルステークス(G1)

中山芝2000m 2019年12月28日(土)

f:id:onix-oniku:20191230141916p:plain

偏差値はCASIOの協力で作成しています

1着 ②コントレイル

2着 ⑤ヴェルトライゼンデ

3着 ⑦ワーケア

単勝 ②200 複勝 ②110 ⑤140 ⑦110 枠連 ②④770

馬連 ②⑤810 ワイド ②⑤300 ②⑦170 ⑤⑦270

馬単 ②→⑤1,170 3連複 ②⑤⑦580 3連単 ②→⑤→⑦2,760

※結果・成績・オッズは主催者発表のものと照合して下さい

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

↑クリックお願いします↑

 

ホープフルステークス(G1) 結果/払戻 | 2019年12月28日 中山11R レース情報(JRA) - netkeiba.com

偏差値1→3→2位での決着でした!

 

▼レースの予想はこちら

www.baken-seikatsu.com


勝ったのはコントレイルでした。スタート良く、道中は好位で競馬を進めました。引っかかる素振りもなく、レースも前半の1000m通過が60秒9のスローで流れていきます。そして4コーナーでは持ったままでの進出。そして逃げ馬を捉えると、最後までしっかりと伸びました。これでデビューから3連勝でイッキのG1制覇となりました!

着差以上に強かった感じですね。ただし最後は直線でやや内にササるところも見られました。もしかしたら左回りの方がスムーズにレースが出来るのかもしれません。

勝った福永騎手は、G1での1番人気は何と2018年の皐月賞(ワグネリアン)以来となっていました。インタビューでも胸の高まりを感じたと言っていたので、この勝利は感慨深いものでしょう。

これでノーザンファーム生産馬のこの秋のG1連勝記録は10でストップしました。非ノーザンF系の久々の大物出現でしょう。あのキタサンブラックのように、躍進を遂げて欲しいところですね。

 

2着はヴェルトライゼンデ。こちらも好位での競馬。マーフィー騎手も勝ち馬をマークしての競馬だったようです。

しかし勝ち馬は4角ですっとムチも入れられず伸びたのに対し、こちらは4角で仕掛けていました。どうも着差以上に2頭の差はあったのかもしれません。しかしキッチリと2着で賞金を加算できたのは大きいでしょうね。

3着はワーケア。上位2頭に比べると、後方の位置取りの差でしょうか。しかし最後は3着までキッチリ上がって来たのは、地力の高さの証明でしょう。馬券圏内に入るという仕事はできました。

4着は逃げたラインベック。東スポ杯2歳Sでは、勝ち馬に1.5秒もちぎられましたが、今回は0.8秒差に健闘。この馬も素質の高さは証明したようです。

結局勝ち馬以外は、ノーザンファームの生産馬が2~5着を独占。やはり層の分厚さは大したものであります。

 

f:id:onix-oniku:20191228171922p:plain

f:id:onix-oniku:20191228171932p:plain

3連複6,000×5.8=34,800円的中

f:id:onix-oniku:20191228171942p:plain

f:id:onix-oniku:20191228171952p:plain

3連複1,000×5.8=5,800円的中

ここは3連複が合計7,000円ぶんの的中で払い戻しは4万円を超えました。

 

今年のJRAの最後のG1(重賞)で何とか的中で締める事ができました。

先週の有馬記念のアーモンドアイを見て、軸を1頭に絞るのは危険かと迷いましたが、やはりここは2歳戦。

コントレイルの能力の高さを信じる事が出来ました。厳選軸馬のS鉄板馬にも該当していたので、データ的なマイナスはありませんでした。

それに頭数も13頭立てで、中山芝2000mは、最初のコーナーまでの距離が長く、急坂を2度超える2歳馬にとってはタフな舞台。必然と能力勝負になると感じていました。

 

今後も基本的には軸2頭で行くスタンスでいくつもりですが、少頭数であったり、軸が信頼できるケースでは軸1頭でいく事もあります。それに今回はどうしても荒れる気配は感じられませんでした。 素直にそれを信じて、まあ堅い決着で配当的にはややイマイチでしたが、しっかりと最後を締めくくられたのは良かったのではないでしょうか。

 

 


★この秋のG1最終予想★

2019【スプリンターズステークス(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【秋華賞(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【菊花賞(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【天皇賞・秋(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【エリザベス女王杯(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【マイルチャンピオンシップ(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【ジャパンカップ(G1)】最終予想 - 馬券生活☆競馬で生きていく

2019【チャンピオンズカップ(G1)】最終予想! - 馬券生活☆競馬で生きていく

最終予想【2019阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)】 - 馬券生活☆競馬で生きていく

朝日杯フューチュリティステークス(G1)【2019最終予想】 - 馬券生活☆競馬で生きていく

有馬記念(G1)【2019最終予想!】 - 馬券生活☆競馬で生きていく

ホープフルステークス(G1)【2019最終予想!】 - 馬券生活☆競馬で生きていく


【軸・相手・穴馬を無料公開】

毎週最低12鞍

約2年6か月 的中継続中です。

 

こんな問い合わせが多いのですが、皆さんも同意見ですか?

 

①良く当たる消去データを「当日現地で見て」予想したい。

②もっとたくさんのレースを買って稼ぎたい。

 

◆マイルCS(G1) 三連単 16,580円的中

◆エリ女(G1) 三連単 26,480円的中

◆福島記念(G3) 三連単 13,360円的中

◆武蔵野S(G3) 馬単 45,590円的中

◆アルゼンチン共和国杯(G2) 三連単 23,070円的中

◆みやこS(G3) 馬連 38,350円的中

◆京王杯2歳S(G2) 三連単 3,660円的中

◆ファンタジーS(G2) 三連単 43,510円的中

◆菊花賞(G1) 三連単 23,510円的中

◆富士S(G3) 三連単 33,510円的中

◆府中牝馬S(G2) 三連単 77,860円的中

◆シリウスS(G3) 三連単 111,770円的中

◆オールカマー(G2) 三連単 54,310円的中

など。

 

その悩み、一発で解消です。

 

なぜ約2年6か月も的中を継続できているのか。

⇒ ここで「的中のカラクリ」が公開中です。

【競馬大陸】今週末から稼げる・利益に直結する馬を無料公開!


f:id:onix-oniku:20191120150003p:plain


↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします


2019年重賞勝負馬券

1レース20,000円での勝負馬券になります。1年間全てのJRA重賞(平地のみ)を購入して、いったいどのくらいの回収が見込めるかを記録していきます。買い目はレース当日の午前中に「重賞当日最終予想」で事前に公開していきます。

129R中44R的中 投資2,580,000円 回収2,489,940円

的中率34.1% 回収率96.5%

マイナス 90,060円

 

これで平成から令和に変わった2019年の全てのJRA重賞での馬券勝負が終了しました!

合計129レース

129×2万円=258万円 

結果は約9万円のマイナスで、年間回収率は96.5%でした。

本当に僅かなマイナスですね。

あと1,2レース的中を重ねていればプラスも到達できたでしょう。

しかし今年は上半期が絶望するぐらい不調でした。

2019年1~6月 的中率27.9% 回収率57.1% マイナス583,330円

2019年7~12月 的中率41.0% 回収率140.4% プラス493,270円

本当にまさに2重人格のような、成績の変わり方ですね。もちろんこのブログは私一人で運営していて、買い目も全て自分で直接決めています。

ブログの偏差値や追切展開★データ等は、今年の前半と後半で全く変わっていません。

上半期はとにかくムダに絞りすぎていて、普通に流していれば的中するところを外しまくっていました。

 

あと変わったところといったら、とにかく

ノーザンファーム系

を重視したという事でしょうか。

芝1600m以上(良馬場)の重賞では本当にノーザンF系が強力です。もちろん非ノーザンF系でも、ノーザンF系のSランク外厩を使っているケースもあるので、それらも含めて「ノーザン系」最優先主義で貫きました。ここが馬券の改善に非常に役に立ちました。

ただし、最後のG1レースで非ノーザンF系のコントレイルを軸にして的中だったのは面白いところでもありますね。まあノーザンF系のヴェルトライゼンデやワーケアを軸にしていても的中はできていたのですが。

 


最後に今年下半期で私が極めて印象に残った的中レースを振り返っていきます。

 

①ステイヤーズS

ステイヤーズステークス(G2)

中山芝3600m 2019年11月30日(土)

f:id:onix-oniku:20191230151407p:plain

1着 ⑫モンドインテロ

2着 ⑪アルバート

3着 ④エイシンクリック

www.baken-seikatsu.com

f:id:onix-oniku:20191130170129p:plain

f:id:onix-oniku:20191130170215p:plain

f:id:onix-oniku:20191130170224p:plain

3連複600×391=234,600円

3連複500×391=195,500円ダブル的中!!!

f:id:onix-oniku:20191130170411p:plain

f:id:onix-oniku:20191130170429p:plain

馬連1,500×21.2=31,800円的中

ここは合わせて40万円を超える的中となりました!

やはりノーザンF系のモンドインテロアルバートが信頼できると判断しての2頭軸でした。

あとはリッジマンとオジュウチョウサンが人気の割には信頼できないと感じて、相手は手広くいきました。最後に展開★がついたエイシンクリックを拾えたのが好判断でした。当時、重賞で好調だった津村騎手が鞍上だったというのも大きかったですね。

 

 


②阪神JF

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

阪神芝1600m 2019年12月8日(日)

f:id:onix-oniku:20191210154927p:plain

1着 ④レシステンシア

2着 ⑨マルターズディオサ

3着 ⑩クラヴァシュドール

www.baken-seikatsu.com

f:id:onix-oniku:20191208172208p:plain

f:id:onix-oniku:20191208172219p:plain

3連複1,000×85.6=85,600円的中!!

ここは2頭軸が完全にハマったパターンです。

軸候補は2頭。新馬戦から重賞を使い勝利した2戦2勝の2頭のノーザンファーム生産馬。それがリアアメリアレシステンシアでした。

基本的に新馬戦を勝っていきなり重賞に使われるのはノーザンF系の王道パターンです。そこで結果を残した馬は当然G1でも期待できます。

ここはリアアメリアが断然人気を集めましたが、レシステンシアも逆転の可能性を秘めていました。相手もスンナリ4頭決まり、お互いから3連複軸1頭流しを2頭から購入。それで3連複85.6倍を的中する事ができました。

 

 


③菊花賞

菊花賞(G1)

京都芝3000m 2019年10月20日(日)

f:id:onix-oniku:20191023104445p:plain

1着 ⑤ワールドプレミア

2着 ⑭サトノルークス

3着 ⑬ヴェロックス

www.baken-seikatsu.com

f:id:onix-oniku:20191023105412p:plain

3連複2,000×30.7=61,400円的中!

f:id:onix-oniku:20191023105429p:plain

f:id:onix-oniku:20191023105448p:plain

3連複1,000×30.7=30,700円的中!

f:id:onix-oniku:20191023105506p:plain

2種類の3連複が的中し、払い戻しの合計は9万円を超えました!

ここは非ノーザンF系のニシノデイジーがルメール騎乗という事で人気になっていました。しかしこの馬はもう2歳時の輝きは既にないと判断したので、いくらルメール騎手でもかなり厳しいのではないかと思いました。いちおう相手には入れましたが、偏差値も6位で、軸にするのは極めて危険な馬だと感じました。

ここは軸はノーザンF系のヴェロックス(3着)からいきましたが、相手にワールドプレミサトノルークス(ともにノーザンF系)を厚めに買いました。今だったら、ヴェロックスとワールドプレミアの2頭を軸にしていたでしょう。

3連複の配当は30.7倍とあまり高配当ではありませんでしたが、厚めに買うことで9万円以上の払い戻しとなりました。

おまけにこのレースは武豊騎手が昭和・平成・令和と3つの時代でG1レースを勝利するというすごい記録を打ち立てました。それだけに記憶にも残りやすかったですね。

 

結局、クラシック路線はノーザンF系の天下です。

ニシノデイジーは3歳になってから一度も馬券圏内に入っていません。いくら鞍上がルメール騎手に変わっても、もとが非ノーザンF系なので上がり目はありませんでした。このあたりから素直にノーザンF系を馬券の中心にする事で、「8週連続JRAの重賞的中」も成し遂げる事ができました(菊花賞の週から阪神JFの週まで)。

 

もちろんいつもノーザンF系が来るわけではありませんが、この秋はG1でノーザンファーム生産馬が10連勝を飾りました。この傾向は来年も確かに続くでしょう。JRAの重賞を買うなら、「ノーザンファーム系」を素直に信頼することが、一番の馬券戦略となるでしょう。

これで2019年の競馬は終わりました。

そして来年の2020年もこのまま馬券勝負に挑んでいきたいと思います。

みなさま

1年間本当にありがとうございました!

これからもどうか末永くよろしくお願いいたします。

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

↑クリックお願いします↑

 


★来年の重賞★

2020年

1/5(日) 中山金杯(G3) 京都金杯(G3)

www.baken-seikatsu.com

▼過去の重賞結果

www.baken-seikatsu.com

※全ての偏差値表はエクセル(excel)で作成しています

それではよろしくお願いします。


<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報ならおまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20171219225553g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

 

(c)2016-2020 馬券生活☆競馬で生きていく All rights reserved.