馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」でJRA中央競馬を徹底的に攻略するブログです!

<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報なら おまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20180301211430g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

2019【東スポ杯2歳ステークス(G3)】最終予想!

2019年重賞ファイル114

【東スポ杯2歳S(G3)】

最終予想を行っていきます。ここは8頭立ての少頭数となりました。短期免許の外国人騎手が増えてきましたね。上位ランクの厩舎は当然ながら活用してきますね。

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

【重賞偏差値予想表】

東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 2歳・国際・指・馬齢

東京芝1800m 2019年11月16日(土) 

f:id:onix-oniku:20191115184332p:plain

 

偏差値はCASIOの協力で作成しています

追切展開あり ①⑤

展開★    ②

推奨穴馬   なし

厳選軸馬   ⑤

★重賞勝負馬券★

★★★★★ ⑤

★★★★  ①②

★★★   なし

★★    ③⑥

★     ④⑦⑧

まず最近のトレンドとして新馬戦を勝って、しばらくレース間隔を空けていきなり重賞に挑戦するパターンがクラシックを狙う上で増えてきました。普通なら新馬のあと、OPや1勝クラスを使うのが普通なのでしょうが、有力馬ほど重賞を使ってきます。2歳戦の重賞はフルゲートになる事はなく、ほぼ少頭数の競馬ですね。やはりノーザンF系が新馬を勝つ事が多く、ローテーションを調整しながら、やたらめったらレースを使わないようになっています。

代表的なのがアーモンドアイでしょうね。ほぼぶっつけぶっつけで3冠馬になりました。これは独自の素晴らしい調教育成施設を持つノーザンF系の外厩がなければできなかった事でしょう。他の外厩では厳しいでしょう。ですから新馬を勝ったとしても、ノーザンF系とそれ以外では差も生まれてくるのでしょうね。

 

中心はアルジャンナです。前走は単勝1.1倍で新馬戦を勝利しました。9月のアタマから逆算してここできっちり賞金を取る腹積もりなのでしょう。川田騎手が継続で当然ながら勝ちにきています。追切も素晴らしかったです。厩舎の自信度も一番ですね。

リグージェは今回はマーフィー騎手に替えてきました。こちらも新馬勝ち(8月下旬)から待機してきました。関東馬という事で厩舎の能力自体は大した事はないのですが、ありあまる外厩パワーで馬が自然と強くなります。前走も良い脚を長く使えて、この東京は合いそうですね。

ラインベックは新馬のあとOPの中京2歳Sを連勝。これは実はあまり良いパターンではありません。ただしオーナーは金子真人ホールディングス。恐らくですが、ノーザンF系の中でもかなり自由にローテを決められるのだと思います。ここはもう賞金は足りているのでムリはしない可能性もあります。

以上の3頭がノーザンファーム生産で、全てノーザンF系のSランク外厩を使用されています。

コントレイルは新馬を勝ち、今回はムーア騎乗です。普通なら飛びつきたいところですが、この馬はノースヒルズ生産。非ノーザンF系です。もちろん馬自体が強い可能性もありますが、未知の部分なので現状ではわかりません。厩舎の自信度もノーザンF系の3頭に劣りました。偏差値も伸びなかったので、厳しい競馬が予想されます。もちろんそれを覆して勝つかもしれませんが、現時点では人気ほどの信頼はおけないでしょう。

オーロラフラッシュは未勝利脱出まで3戦かかりました。現時点では完成度は高くなさそうではあります。

以上5頭の競馬となりそうです。

f:id:onix-oniku:20191116083741p:plain

まず馬連①②と②⑤で。①⑤はオッズがつかなかったのでカットしました。

f:id:onix-oniku:20191116084005p:plain

3連複の本線は当然ながら①②⑤です。

f:id:onix-oniku:20191116084040p:plain

最後に3連単で。②⑤1着固定で、③⑥は3着のみに置いています。こちらは高配当狙いですね。

【レースの結果は】

勝ったのはコントレイルでした。スタートの直前でムーア騎手が下馬しているところが撮されましたが、何もなかったようでそのままレースが始まりました。

道中は中団でゆったりとした位置。直線に入るとじっくりと追い出され、一歩一歩伸びてきます。そしてその脚色は全く衰える事なく伸びていきます。結局はレコード勝ちで5馬身差の圧勝でした!完成度も高く、どこまでも伸びていきそうな感じでしたね。

2着はアルジャンナ。こちらも良く伸びましたが、相手が悪かったようです。3着には4馬身差をつけていました。3着はラインベック。何とか粘って3着に入り切りました。

馬券は不的中に終わりました。

勝ち馬は恐るべき強さですね。非ノーザンF系はたまにこういう強者が現れます。

これだけダラダラと能書きを述べたのですが、正反対の結果に終わったと言って良いでしょう。大変に恥ずかしい事ですが、仕方ありません。

これからも自分の予想にはブレずにやっていきたいと思います。人気通りの結果、3連複は330円の配当でした。これを獲りに行く必要はなかったです。恐れずに自分のデータを信じて予想をしていきたいと思います。

 


【騎手調子チェックシート】

f:id:onix-oniku:20191115212135p:plain

 

重賞のみ(JRA)の騎手別成績です※先週末の時点の結果

【好調】

ルメール・川田・ムーア騎手はずっと複勝率40%以上をキープし続けています。あとはビュイック・マーフィー騎手も好調です。

【不調】

田中健騎手は不調ですね。石橋騎手は好不調の差が激しいですね。

▼詳しい見方は▼

www.baken-seikatsu.com


【全頭詳細コメント】

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

偏差値1位⑤アルジャンナ

川田騎乗時(1-0-0-0) デビューから継続騎乗

新馬1着(1戦1勝)。単勝1.1倍での勝利。直線余力ある勝利。

ノーザンF系だけに狙ったローテ。当然勝ちに来ている。

偏差値2位②リグージェ

マーフィー騎乗時(初騎乗) 丸山(C)→マーフィー(S)乗り替わりは3プラスベストな乗り替わり

新馬1着(1戦1勝)。良い脚を長く使える

ノーザンF系。新馬勝ち後の重賞挑戦。乗り替わり効果もあり勝ちに来ている。

偏差値3位①ラインベック

ビュイック騎乗時(初騎乗) 相性は良いデビューから継続騎乗。福永(S)→ビュイック(S)乗り替わり。

新馬1着(稍重)→中京2歳S1着(重)。良馬場は未経験。ともに単勝1倍台での勝利。

ノーザンF系。新馬勝ちの後に重賞を使わなかった事自体はあまり良くない。金子オーナーの意向か。良馬場での瞬発力勝負への対応がカギ。

偏差値4位③オーロラフラッシュ

ルメール騎乗時(1-1-0-0) 相性は良い

3戦目で未勝利脱出。

時計掛かった方が良さそう。非ノーザンF系だけに「ルメール」+「藤沢和」での過剰人気が心配。

偏差値5位⑥コントレイル

ムーア騎乗時(初騎乗) 福永(S)→ムーア(S)乗り替わり。

新馬1着(1戦1勝)。強い勝ち方だった。

非ノーザンF系だけにさらにギアを上げる事ができるか。

偏差値6位④ゼンノジャスタ

田中健騎乗時(2-1-0-1) 相性は良いデビューから継続騎乗

新馬1着(重)→OP2着→小倉2歳S4着(重)→1勝クラス1着。

キャリアはあるが相手が弱い印象。非ノーザンF系だけに瞬発力への対応がカギ。

偏差値7位⑦ソウルトレイン

石橋騎乗時(初騎乗) ルメール(S)→石橋(A)乗り替わりは1マイナス

2戦目で未勝利脱出後、1勝クラス7着(稍重)。

非ノーザンF系なので重賞でさらに上げてくるのは酷だろう。

偏差値8位⑧マイネルデステリョ

津村騎乗時(1-0-0-0) 前走はテン乗りで勝利。

新馬6着(稍重)→未勝利1着(稍重)。

小柄な馬で完歩小さい。非ノーザンF系なので厳しいだろう。

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

↑クリックお願いします↑


多くの問い合わせに解答します!

【軸・穴馬込み消去データが欲しい!】

ブログへの問い合わせ内容として

■ブログ内容について

・予想へのコメント

・的中お礼

・予想不的中時の叱責

皆様からのコメントが私のモチベーションになっています。

いつも、ありがとうございます!

ブログ内容以外の問い合わせでは、

■競馬サイトについて

・簡単に軸選びができるサイトはないか?

・簡単に穴選びができるサイトはないか?

・消去法を利用して予想の時短に活用したい。

このような問い合わせが多いです。

つまり【軸・穴馬込み消去データ】が欲しい。

ということですよね!

予想の合間に、競馬サイトは日々研究しているので、60近い競馬サイトの中から使えそうなサイトをお教えすることは可能ですが、

【当たらない消去データは必要ない】

当然ですよね?

一つに厳選しました!

それが、こちらです

【競馬大陸】今週末から稼げる・利益に直結する馬を無料公開!

 

アドレスを入力して無料の登録だけでサイトを使えるのですが、無料コンテンツと有料コンテンツがあります。

この辺は、どのサイトも一緒ですね。

【特徴】

■無料コンテンツ

「利益直結馬」

開催場所の数にもよりますが

・後半レース(9R~12R)の内

・6鞍~12鞍分

・18頭立てだろうが8頭くらいに絞ってくれます。

しかも、

・本命馬

・相手馬

・穴馬

の切り分けも行ってくれて、その8頭程の馬の組み立てで、

・三連単での万馬券的中は頻繁

・10万馬券や20万馬券の的中実績も多数

つまり【当たる穴馬込みの消去データ】

これがすぐに手に入ります。

■有料コンテンツ

「直結のヤブサメ」

「万券バースト」

買い目提供のコンテンツです。

上記、利益直結馬がこのサイトの本気の無料で提供できるコンテンツ。

この利益直結馬の消去データから更に厳選し点数を絞り、買い目の提供をする。

これが、有料コンテンツです。

目標金額や提供鞍数の違いがありますので、より詳しい内容はサイトで確認してみてください。
f:id:onix-oniku:20191105203124p:plain

f:id:onix-oniku:20191105203437p:plain


【展開順偏差値表】

f:id:onix-oniku:20191115184744p:plain

 

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

【過去10年のレース傾向】

4コーナー先頭馬 0-0-0-10

上がり3ハロン最速馬 5-4-1-0

3着以内馬の脚質 逃げ2 先行5 差し8 追込15

4角先頭馬は全滅です。逆に上がり最速馬はパーフェクトです。 

完全に上がりの脚のみが求められます。ゆっくりと追走して、いかに直線で速い上がりを出せるか。そういうレースとなっています。当然ながらノーザンF系の最も得意とするジャンルですね。

展開★がついたのは①②⑤の3頭。それぞれ上がり能力を発揮できそうです。こちらからいくのがセオリーとなりそうです。

 

「第24回東京スポーツ杯2歳ステークス」

1966年に創設された2歳(旧表記3)のオープン特別「東京3歳ステークス」が本競走の前身で、当初は東京競馬場・芝1400メートルで行われていた。その後、1996年に2歳重賞競走の整備が図られたことに伴い、本競走は重(GⅢ)に格上げされた。また、1997年に「東京スポーツ杯3歳ステークス」へ改称されたのち、2001年には馬齢表示の国際基準への変更に伴い、現名称の「東京スポーツ杯2歳ステークス」へと改められた。本競走で上位に入った馬は翌年のクラシックレースでも活躍を見せており、大レースへの登竜門として大きな注目を集めている。

レースについて:東京スポーツ杯2歳ステークス 今週の注目レース JRA


↓ランキングにご協力下さい↓


中央競馬ランキング

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします


▼今日のデータ更新▼

www.baken-seikatsu.com

アルジャンナが厳選軸馬に該当しました!

★今日のメイン★

www.baken-seikatsu.com

▼日曜重賞▼

www.baken-seikatsu.com

それではよろしくお願いします。


<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報ならおまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20171219225553g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

(c)2016-2019 馬券生活☆競馬で生きていく All rights reserved.