馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報なら おまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20180301211430g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

2018 弥生賞(G2) 最終予想!

弥生賞最終予想を行っていきます!ここは少頭数ですが、素質あふれるメンバーが揃いました。ただし馬券的にはオッズが相当厳しい印象です。

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

重賞偏差値予想表

 

弥生賞(G2) 中山芝2000m 2018年3月4日(日) 

f:id:onix-oniku:20180303190619p:plain

偏差値はCASIOの協力で作成しています

 

追切展開あり ①⑧⑨

展開★    ⑩

推奨穴馬   ⑩

厳選軸馬   ⑨

オニキス流重賞勝負馬券

★★★★★ ⑨

★★★★  ①⑧

★★★   ③⑩

★★    なし

★     ②④⑤⑥⑦

★1の5頭は消しです。

★3はジャンダルム。やはり中山芝2000mの舞台で結果を残しているのは強みでしょう。ペースが上がっても末脚は発揮できますし、少頭数の競馬もむしろ向きそうです。サンリヴァルは前走はHペースの中4コーナー先頭で粘る競馬。同じ舞台で少頭数ならさらに競馬はやりやすいでしょう。問題は鞍上に関東重賞での良績があまりない事。3歳初期の重賞なので馬の能力でこなしてくれるとも言えますが。

★4はオブセッション。新馬は芝2000m勝ちで、前走は芝1800mを圧勝。幼い面はありますが、伸びしろも多いです。関東に戻り期待の面も多いです。ワグネリアンは3連勝中。前走は単勝1.4倍での重賞勝利。スローでもHペースでも能力を発揮できていて奥は深そうです。

★5はダノンプレミアム。3連勝中で、前走はG1を0.6秒差の圧勝。素質を感じます。そして圧倒的なスピード能力。ただし上位の馬の中でこの馬だけが芝2000mを経験した事がないです。

上位5頭の競馬でしょうが、5頭全てピンク(Sランク)の厩舎。ここはこの5頭での差はあまりないような気はします。③⑩ともに実際に中山芝2000mのG1を経験しているのも大きいでしょう。

馬券は

f:id:onix-oniku:20180304071229p:plain

偏差値1~3位までの馬連BOXは期待回収率が約150%。今回はオッズが見合わないので、他に資金をまわします。ダノンプレミアムは強いと思いますが、このメンバーで単勝1倍台後半。やはりマークは厳しくなると思います。ですから、⑨を2、3着付けの3連単で配当待ちの買い方をします。①⑧⑨の3連複1点でも3倍ちょっとのオッズと厳しそうでしたし。余った800円は、ダノンが勝った場合の1点予想をしてみました。

⑨→⑧→③で決着!

勝ったのはダノンプレミアムでした!2番手につけ、直線では逃げるサンリヴァルを交わし先頭に立ち、そのまま末脚も衰えず無傷の4連勝となりました!これで重賞は3連勝です。2着はワグネリアン。道中中団から直線では鋭い脚を発揮しましたが、2着まで。無敗対決に敗れてしまいました。ただし皐月賞ではおそらくフルゲートで激しい競馬になると思われます。次回この2頭がどういう競馬を見せるのか、楽しみですね。3着はジャンダルム。武豊騎手はキッチリ一つ上の着順を僅差で取りきってしまいます。ゴールまでの位置、体内時計等全て身体に刻まれているのでしょう。ハナ差で3着争いを制しました。サンリヴァルは4着。賞金的に皐月賞出走はこのままだと微妙なところです。今後どういうローテになるのでしょうか。

馬券は不的中に終わりました。

⑨が勝ったので、3連単は不成立に終わりました。ただ今回は3連複を買えるオッズではなかったですし、一晩悩んだ結果相手を絞る事ができませんでした。ギャンブル、というか運を天に任せたという感じでした。3連単の1点予想もハナ差交わされました。どうにも微差で逃している感じです。

 


全頭詳細コメント

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

偏差値1位⑨ダノンプレミアム

川田騎乗時(3-0-0-0) 相性は良いデビューから継続騎乗。重賞成績は2-0-0-0。デビューから3戦3勝。朝日杯FSはG1の舞台で0.6秒差の圧勝。不安点を敢えて探すなら、「2000mは初」「外厩は並のランク」の2点。

偏差値2位⑧ワグネリアン

福永騎乗時(3-0-0-0) 相性は良いデビューから継続騎乗。重賞成績は1-0-0-0。新馬、OP、重賞と順調に勝ち星を積み上げている。スロー、Hペースともに末脚を発揮して対応。今回もだが、まだ多頭数の競馬は経験していない。

偏差値3位①オブセッション

ルメール騎乗時(2-0-0-0) 相性は良いデビューから継続騎乗。OP重賞は初挑戦。新馬と500万下を連勝中(2戦2勝)。関東馬だが前走は阪神の500万下を0.7秒差勝ち。馬っ気を出したり幼い面あるが素質は感じる。新馬は芝重勝ちだが、良馬場でより活きるタイプか。

偏差値4位③ジャンダルム

武豊騎乗時(1-1-0-0) 相性は良い。重賞成績は1-1-0-0。デビューから1,1,2着。前走ホープフルS2着はやや展開が向いた面もある。末脚は堅実。スローの上がり勝負、Hペースの我慢比べとどちらも対応できた。

偏差値5位⑩サンリヴァル

藤岡佑騎乗時(初騎乗) 田辺(A)→藤岡佑(B)乗り替わりは1マイナス。重賞成績は0-0-0-1。前走ホープフルSは超Hペースの中4コーナー先頭で4着に粘る。中山適正あり。本番皐月賞は開催末期で芝も悪化しそうなので、こちらの方が条件は向く

偏差値6位④リビーリング

戸崎騎乗時(0-1-0-0) OP重賞は初挑戦。新馬1着→500万下2着。スローは得意だが、速い上がりには限界ありそう。乗り方次第か。

偏差値7位⑦トラストケンシン

内田騎乗時(初騎乗) 岩田(B)→内田(C)乗り替わりは1マイナス。OP重賞は初挑戦。未勝利脱出まで4戦かかった(前走2400mの未勝利勝ち)。広いコース向き。距離短縮はマイナスか。

偏差値8位⑥アサクサスポット

武藤騎乗時(1-0-0-0) デビューから継続騎乗。OP重賞は初挑戦。1戦1勝馬。東京ダ1600で勝利。芝は初。不良ダでの勝利だった。

偏差値9位②アラウン

ミナリク騎乗時(初騎乗) 野中(F)→ミナリク(B)乗り替わりは4プラス。OP重賞は初挑戦。地方川崎のダートで初勝利。芝は9,9着

偏差値10位⑤ヘヴィータンク

野中騎乗時(初騎乗) 未出走馬。未知数な部分が非常に多く、鞍上もミナリク騎手ではなかった(同厩舎のアラウンに騎乗)。

 


展開順偏差値表

f:id:onix-oniku:20180303191432p:plain

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

↑クリックお願いします↑


▼弥生賞 JRA公式データ

データ分析:弥生賞 今週の注目レース JRA


▼今日のデータ更新▼

ダノンプレミアム厳選軸馬(S鉄板馬)に該当です!

 

それではよろしくお願いします。

f:id:onix-oniku:20180214154403p:plain


<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報ならおまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20171219225553g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))


↓ランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします