馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報ならおまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20171219225553g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

2018 AJCC(G2) 最終予想

AJCC最終予想を行っていきます。頭数は11頭立て。実力馬が揃い少数精鋭の競馬となりそうです。馬券の最終決断を下していきます。

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

重賞偏差値予想表

 

アメリカジョッキークラブカップ(G2) 中山芝2200m 2018年1月21日(日) 

f:id:onix-oniku:20180120182930p:plain

偏差値はCASIOの協力で作成しています

 

追切展開あり ①③➆⑧

展開★    ②⑨

推奨穴馬   ⑧⑪

オニキス流重賞勝負馬券

★★★★★ ①③

★★★★  ➆

★★★   ⑤⑧

★★    なし

★     ②④⑥⑨⑩⑪

★1は消しです。トーセンビクトリーはここまで印が間に合いませんでした。

★3はゴールドアクター。偏差値は4位です。確かに実力はあるのですが今回は展開★がつきませんでした。11頭立てで他に6頭★がついています。人気も2番人気ですので今回は展開が向かないかもしれません。逆にショウナンバッハは差しがハマればこの馬でしょう。追切も良く侮れません。

★4のダンビュライトはミルコ。ジリ脚ですがそれを補うのに余りある鞍上となりました。

★5はレジェンドセラー。この馬が偏差値1位になりました。重賞は初挑戦です。まだ時期尚早かもしれません。ただし、騎手厩舎外厩が全てピンクです。関東馬としては最高のパターンです。まだ今年の重賞勝ちがないルメール騎手。ここは先物買いが吉と出そうです。ミッキースワローは偏差値2位。横山典騎手です。昨日の初茜賞の騎乗にはしびれました。日経新春杯のロードヴァンドールといい円熟期の騎乗を見せています。ここは確実に賞金を加算してくるでしょう。

f:id:onix-oniku:20180121084415p:plain

馬券はシンプルにいきました。人気や頭数を考えると手は広げられなかったですね。

➆→③→⑨で決着!

1着はダンビュライトでした!安定はしていたものの、これで重賞初制覇となりました。鞍上はまたしてもミルコ。今回も好位につけ安定のレースぶりでした。2着はミッキースワロー。道中は後方でしたが、徐々に進出していき4コーナーでは3番手につける競馬。この鞍上もやはり乗れています。結果2番人気と1番人気のワンツーでしたが、騎手の調子もアシストしたようですね。反対にレジェンドセラーのルメール騎手は後方から動かず(動けず?)。期待はしましたが、結果は残念な結果に終わりました。3着は逃げたマイネルミラノゴールドアクタートーセンビクトリーが前に行かず、ゆうゆうマイペースで行けたのが良かったのでしょう。テンの3ハロンが36.3秒、そして上がりが36.0秒では後ろで構えている馬には用がない競馬でした。

f:id:onix-oniku:20180121171815p:plain

馬連3,000×4.6=13,800円的中

今年からオッズに関係なく、偏差値1~3位の馬の馬連BOXを買うようにしています。こちらはまあ、一応的中なのですが、肝心のそれ以外の買い目が不発に終わりました。ここでしっかり的中していかないといけないので、今週は両重賞とも不的中のようなものです。

あとレース後に感じたのは、ゴールドアクターに展開★がついてなくて、3着にきたマイネルミラノには★がついていた。このあたりも考える材料として、もっと突っ込んでいってもよかったかもしれないですね。

 


全頭詳細コメント

「メリットは青」「デメリットは赤」で表示

偏差値1位①レジェンドセラー

ルメール騎乗時(3-1-0-2) 相性は良い。重賞は初挑戦。前走は1600万下勝ち。デビューから芝は5-3-2-2と超安定タイプ。スタミナあり。渋馬場は向く。

偏差値2位③ミッキースワロー

横山典騎乗時(1-0-0-1) 菊沢一(F)から乗り替わったセントライト記念は強い競馬で勝利。重賞成績は1-0-0-2。前走の菊花賞は6着だが極悪馬場適性の差。京都新聞杯5着は完全に騎手による取りこぼし。今回は条件ぴったり。上がりの競馬は合う。瞬発力あり。

偏差値3位⑦ダンビュライト

M・デムーロ騎乗時(初騎乗) 松若(C)→M・デムーロ(S)乗り替わりは3プラス。重賞成績は0-1-3-4。G2G3だと0-1-2-1で唯一の馬券圏外も4着。3000mは距離長い。中距離でジリジリした脚を活かすタイプ。上がりは速くならない方が良い。

偏差値4位⑤ゴールドアクター

武豊騎乗時(初騎乗) 横山典(C)→武豊(S)乗り替わりは3プラス。重賞成績は4-1-2-5。中山は4-1-1-2で全て5着以内と得意(中山重賞は3-0-1-1)。やはり中山での立ち回りは上手。昨年の宝塚記念2着以来だが間隔が空く事自体はマイナスにならないタイプ。

偏差値5位⑧ショウナンバッハ

戸崎騎乗時(1-0-1-3) 木幡初(E)→戸崎(S)乗り替わりは5プラス。単純にこの乗り替わりは大きい。重賞成績は0-0-1-15(2年前のこのレース3着)。現在17連続4着以下。ただし、近3走は重賞で0.2秒差と好走(4,5,5着)。今回は侮れない可能性あり。追い込みタイプで展開ハマれば。

偏差値6位⑪トーセンビクトリー

田辺騎乗時(0-0-0-1) 重賞成績は1-1-1-7。前走有馬記念は距離が長く、直線挟まれ失速。中距離(1800~2200m)のコーナー4つ回る競馬は得意。中山での立ち回りは上手い。できれば内枠が良い。大外枠となってしまった。

偏差値7位⑨マイネルミラノ

柴田大騎乗時(4-4-2-16) 重賞成績は1-1-2-17。現在11連続4着以下。相手が弱くならないと現状では出番なし。

偏差値8位⑥ディサイファ

蛯名騎乗時(0-2-1-0) 相性は良い。柴山(D)→蛯名(B)乗り替わりは2プラス。重賞成績は4-2-2-17。現在11連続5着以下。さすがにもう終わったか。

偏差値9位②トミケンスラーヴァ

江田照騎乗時(0-1-1-0) 相性は良い。秋山(C)→江田照(F)乗り替わりは3マイナス。重賞成績は0-0-0-1。1600万下→OPの万葉Sを連勝中。ただし1600万下は重馬場、OPは3000mの距離向いたか。

偏差値10位④シホウ

吉田隼騎乗時(0-0-0-2) 重賞成績は0-0-0-2。1600万下を10戦目で勝ち上がったが、OPに昇級後9,7,5着と厳しい競馬が続く。渋馬場は向く。長距離でのスタミナはない(今回の距離短縮は向く)。

偏差値11位⑩マイネルディーン

三浦騎乗時(2-0-0-3) 内田(C)→三浦(C)乗り替わり。重賞成績は0-0-1-10。2歳重賞以外は全て馬券圏外。現在8連続4着以下。最近の好走は福島のみ。

 


展開順偏差値表

f:id:onix-oniku:20180120183520p:plain

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

↑クリックお願いします↑


▼AJCC JRA公式データ

データ分析:アメリカジョッキークラブカップ 今週の注目レース JRA


★今日のメイン★

 

それではよろしくお願いします。


<PR>【地方競馬】 【中央競馬】

全レース情報ならおまかせ!

↓   ↓   ↓

f:id:onix-oniku:20171219225553g:plain

↑   ↑   ↑

重賞レースも得意です

.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))


↓ランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

クリックお願いします