馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

菊花賞 G1SP 最終予想!

G1SP

菊花賞最終予想を行っていきます。朝の時点で不良馬場となっています。3000mの初距離、フルゲート、そして道悪、非常に難しいとしか言えないです。しかしここはシンプルに決断を下していきたいと思います。

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

重賞偏差値予想表

 

菊花賞(G1) 京都芝3000m 2017年10月22日(日) 

f:id:onix-oniku:20171021183208p:plain

偏差値はCASIOの協力で作成しています

 

追切展開あり ➁⑫⑯

展開★    ④⑧⑮

推奨穴馬   ⑪⑮

最終予想

★★★★★ ⑮⑯

★★★★  ⑫⑬

★★★   ➁⑧⑪

★★    ③⑩⑭

★     ①④⑤⑥⑦⑨⑰⑱

★1の8頭は消しです。★2の3頭は抑えです。いずれも良馬場ではジリ脚のスタミナタイプです。

★3はウインガナドル。けっこう穴人気しています。やはり重馬場の夏木立賞を勝っているからでしょうか。追切展開つきなので良いと思います。 サトノアーサー。この馬は出遅れて変な競馬になったダービー以外は全て3着以内になっているんですね。偏差値も高めでなかなか崩れは少なそうです。サトノクロニクルも外厩明け3戦目だったラジオNIKKEI賞以外は全て馬券圏内となっています。ともにサトノの馬で、そこそこの人気なので普通に評価した方が良いですね。

★4はミッキースワロー。追切展開つきです。前走は菊沢一騎手から横山典騎手に乗り替わりでキッチリ重賞を勝利しました。淀の長距離で頼もしい騎手です。道悪が向かなかったケース以外はかなり好走確率は高いでしょう。キセキは神戸新聞杯2着。一番強いと言われるトライアルの最先着馬です。本格化となればここも高評価ですね。

★5はダンビュライト。偏差値2位となりました。神戸新聞杯では予定通りの4着。良馬場のキレは無いので、距離が伸びて馬場が悪くなるのは理想です。鞍上もG1で2,3着に持ってくるのにふさわしい騎手です。馬券の安定度は高いでしょう。アルアインが偏差値1位でした。正直距離はどうかな、とは思いますがデータ面では目立った減点はありませんでした。ルメール騎手も2戦目なのでより馬の事をわかって騎乗してくれると思います。

馬券は

f:id:onix-oniku:20171022090721p:plain

こちらが本線です。⑫⑬⑮⑯の4頭が中心です

f:id:onix-oniku:20171022090835p:plain

あとは抑えとなります。雨天の競馬なので、G1での追加購入は無しとします

⑬→④→⑭で決着!

勝ったのはキセキでした!泥だらけのミルコが差してきました。やはり神戸新聞杯の最先着馬という事で強さを発揮したようです。2着はクリンチャー。3~4コーナーではうなるような手応えでした。やはり良馬場のスピード競馬には向かず、こういうレースで変わるタイプなのでしょう。3着はポポカテペトル。スタミナタイプの持ち味を発揮しました。

馬券は不的中に終わりました。

大変予想しづらいレースでした。こういう場合、買わないで見送るという手段はルール上できません。結果も踏まえていろいろと考えさせられるレースでした。

 


全頭詳細コメント

メリットは青デメリットは赤で表示

偏差値1位⑯アルアイン

ルメール騎乗時(0-1-0-0) 重賞3着以内3回。前走セントライト記念2着は決めて比べで相手に譲った。正直3000mは厳しいか。鞍上の乗り方次第。

偏差値2位⑮ダンビュライト

武豊騎乗時(0-0-1-2) 重賞3着以内4回。スタミナあり。決めて勝負だと不安有り。3000mの立ち回りを考えると最高の鞍上ここは勝負掛かり

偏差値3位⑬キセキ

M・デムーロ騎乗時(1-1-0-0) 相性は良い。重賞3着以内2回。前走神戸新聞杯2着は勝ち馬以外には完勝。距離伸びてどうかわからないが、勢いはある。末脚は確実

偏差値4位⑧サトノアーサー

川田騎乗時(2-2-1-1) 相性はかなり良いデビューから継続騎乗。重賞3着以内3回。前走神戸新聞杯3着は折り合いをやや欠いた印象。距離伸びての対応がカギ。ダービー10着は出遅れスムーズな競馬できずと、それ以外は全て3着以内と能力の高さは示している。

偏差値5位⑪サトノクロニクル

福永騎乗時(初騎乗) M・デムーロ(S)→福永(S)乗り替わり。重賞3着以内2回。外厩効果のなかったラジオNIKKEI賞6着以外は全て3着以内と能力は高い。前走セントライト記念3着は鞍上のロスのない競馬で3着を確保。

⑫ミッキースワロー

横山典騎乗時(1-0-0-0) 重賞3着以内1回。前走セントライト記念1着は騎手乗り替わり(菊沢一→横山典)でほぼ当然の結果。距離は伸びるも鞍上の手腕が不気味

偏差値7位➁ウインガナドル

津村騎乗時(1-1-3-2) 相性は良い。重賞3着以内1着。渋馬場は得意。前走は古馬と戦い新潟記念0.1秒差4着。上がり勝負は厳しいので先行してどこまで粘れるか。

偏差値8位⑩ベストアプローチ

岩田康騎乗時(0-1-0-2) 重賞3着以内1回。スタミナあり。上がり勝負は厳しいので上がりが掛かる展開が理想。

偏差値9位⑭ポポカテペトル

和田騎乗時(1-0-0-2) 岩田康(A)→和田(B)乗り替わりは1マイナス。重賞3着以内なし。前走は1000万下1着。スタミナあり。3月の時点で2400mの距離を完勝。距離伸びるのは歓迎

偏差値10位⑤トリコロールブルー

戸崎圭騎乗時(1-0-0-1) ルメール(S)→戸崎圭(S)乗り替わり。重賞3着以内なし。ダービーは距離長かった印象。3000mは微妙

⑰プラチナヴォイス

田辺騎乗時(初騎乗) 内田博(B)→田辺(A)乗り替わりは1プラス。重賞3着以内1回。相手が強いか。

偏差値12位③スティッフェリオ

松若風騎乗時(1-2-0-1) 相性は良い。北村友(B)→松若風(C)乗り替わりは1マイナス。重賞3着以内なし。前走セントライト記念4着は展開向いた印象。上位とは差があるか。渋馬場はこなせる。

偏差値13位④クリンチャー

藤岡佑騎乗時(2-0-0-3) 重賞3着以内なし。ダービーとセントライトの競馬を見るとこの鞍上で果たして大丈夫なのかフルゲートも不安

⑦アダムバローズ

池添騎乗時(2-0-0-2) 相性は良い。重賞3着以内なし。重賞は4回挑戦して全て10着以下と跳ね返されている。渋馬場は向く。

⑱マイスタイル

四位騎乗時(初騎乗) 横山典(C)→四位(B)乗り替わりは1プラス。重賞3着以内1回。展開恵まれた時に好走。前走神戸新聞杯7着は煩ささを出していた。変わり身あれば。

偏差値16位①ブレスジャーニー

柴田善騎乗時(3-0-1-0) 相性はかなり良いデビューから継続騎乗。重賞3着以内2回。昨年11月以来の競馬。重賞2勝の実績はあるが2歳戦でのもの。鞍上は関西競馬は不得意

偏差値17位⑥マイネルヴンシュ

柴田大騎乗時(2-1-0-2) 相性は良い。OP重賞は初挑戦。札幌2600mで5着だと距離長かった印象。次走中山2500mで1着とジリ脚で稍重も向いた印象。良馬場の3000mだとどうか。

偏差値18位⑨クリノヤマトノオー

幸騎乗時(初騎乗) 和田(B)→幸(D)乗り替わりは2マイナス。重賞は初挑戦。2000mを超える競馬は初。

 


展開順偏差値表

f:id:onix-oniku:20171021184103p:plain

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

 

↓完全無料ブログなのでランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

↑クリックお願いします↑


▼菊花賞 JRA公式データ

データ分析:菊花賞 今週の注目レース JRA


★今日のメイン★

 

それではよろしくお願いします。

↓ランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング

クリックお願いします