馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

小倉記念(G3) 最終予想!

小倉記念の最終予想を行っていきます。

※上記のタイトルをクリックすると各項目にジャンプします

 

重賞偏差値予想

小倉記念(G3) 小倉芝2000m 2017年8月6日(日) 

f:id:onix-oniku:20170805184026p:plain

タツゴウゲキの騎手はM・デムーロ騎手から秋山騎手に乗り替わりとなりました

スポンサーリンク

 

偏差値はCASIOの協力で作成しています

追切展開あり ➁⑩⑬

展開★    ①③⑤

推奨穴馬   ⑥⑬

最終予想

★★★★★ ⑩

★★★★  ⑬

★★★   ➁⑥

★★    ①③⑤⑧

★     ④⑦⑨⑪⑫

★1の5頭は消しです。★2はスピリッツミノル。最内枠で展開は恵まれそうです。ヴォージュも前に行けそうなので同じく恵まれそうです。フェルメッツァは相手なりに走るタイプでこの2000mの距離も良く注意が必要です。サンマルティン戸崎圭騎手が小倉初騎乗で現在3番人気。抑えまででしょうね。

★3はタツゴウゲキ。前走七夕賞6着は北村宏騎手の乗り方もありました。上手く乗っていれば3着もあったでしょう。M・デムーロ騎手への乗り替わりはタイミング的に良いでしょう。人気してますが評価せざるを得ません。べルーフはこのレースで2年連続2着です。昨年と同じホワイト騎手が騎乗します。この馬は半端な日本人騎手が乗ってもダメでしょう。近走の結果は無視して構いません。ここは買うメリットしかありません。

★4はバンドワゴン。★5はストロングタイタン。この2頭の序列は本当に迷いました。最終的には偏差値順と⑩の追切が良かった事を重視しての結論です。この2頭が中心とします。

馬券は

f:id:onix-oniku:20170806093442p:plain

f:id:onix-oniku:20170806093533p:plain

➁→⑧→⑤で決着!

勝ったのは秋山騎手に乗り替わりのタツゴウゲキ。ハナ差で勝利をモノにしました。2着サンマルティン戸崎圭騎手は惜しくも全10場重賞制覇を逃す結果となりました。3着フェルメッツァ。本当に相手なりに走る馬です。

馬券は不的中に終わりました。

軸を⑩にするか⑬にするか迷ったのですが、まったく無意味でしたね。それぞれ8着11着に敗れてしまいました。S判定2頭がコケ、ヒモ同士での決着という感じでした。2頭とも消えてしまうとどうにも手の出しようがないという感じでした。

スポンサーリンク

 


全頭詳細コメント

メリットは青デメリットは赤で表示

偏差値1位⑩ストロングタイタン

川田騎乗時(3-0-0-1) 相性は良い。重賞3着以内なし。前走1600万下勝ちでOPに再昇級。人気になるタイプなので重賞では過信は禁物。

偏差値2位⑬バンドワゴン

和田騎乗時(2-1-0-0) 相性は良い。ルメール(S)→和田(B)乗り替わりは2マイナス。重賞3着以内1回。前走鳴尾記念0.6秒差7着は久々が堪えモタつく場面があった。人気下がるなら妙味もあるか。

偏差値3位➁タツゴウゲキ

秋山騎乗時(初騎乗) 北村宏(D)→秋山(C)乗り替わりは1プラス。M・デムーロ騎手は落馬負傷のため急遽、秋山騎手に変更となりました。重賞3着以内なし。現在1600万下条件馬だが、前走の七夕賞は0.4秒差6着。しかも直線で進路を変え脚を余した感あり。乗り方次第。

偏差値4位⑧サンマルティン

戸崎圭騎乗時(2-0-0-0) 相性は良い。OP重賞は初挑戦。前走1600万下勝ち。東京新潟では計3勝しているが、左回りでは手前を変えなかったりモタレたりと、実は右回りがベストな可能性がある。去勢してから4-0-0-2と能力を発揮できている。

偏差値5位⑥べルーフ

ホワイト騎乗時(0-1-0-0) 大野(C)→ホワイト(A)乗り替わりは2プラス。昨年のこのレース2着もこの鞍上なので期待。重賞3着以内4回。小倉記念は2年連続2着に来ている。外国人騎手が鞍上の時は0-4-0-3と真面目に走る(日本人だと3-0-1-10)。

偏差値6位⑤フェルメッツァ

北村友騎乗時(初騎乗) 秋山(C)→北村友(A)乗り替わりは2プラス。重賞3着以内1回。前走は七夕賞0.4秒差5着。ローカルのハンデ戦ならまだやれそうか。どんな条件でも確実に好走するタイプで注意が必要。

偏差値7位①スピリッツミノル

幸騎乗時(1-0-0-4) 重賞3着以内なし。重賞では12戦全て5着以下。重賞では敷居が高い。

偏差値8位④カフジプリンス

中谷騎乗時(初騎乗) 岩田康(A)→中谷(D)乗り替わりは3マイナス。重賞3着以内1回。芝2000mの距離はデビュー戦の札幌芝1800m12着以来の短さを使われる。重賞好走実績は3400mのダイヤモンドS3着があるのみ。距離対応がカギ。

偏差値9位③ヴォージュ

松若風騎乗時(1-0-0-1) 内田博(B)→松若風(C)乗り替わりは1マイナス。重賞3着以内なし。1600万下勝ち→七夕賞9着。前走は展開厳しかったか。

偏差値10位⑨シャドウパーティー

浜中騎乗時(0-0-0-2) 石橋脩(C)→浜中(S)乗り替わりは3プラス。重賞3着以内なし。OPに昇級し12,4,15着。小回り向き。スタートはあまり良くない。

偏差値11位⑪ケイティープライド

鮫島駿騎乗時(0-0-1-5) 重賞3着以内2回。昨年は函館記念とチャレンジC(ともにハンデ戦)で2,3着あり。近3走も0.4秒差以内に健闘。スムーズに先行できれば面白い。

偏差値12位⑦フェイマスエンド

松山弘騎乗時(初騎乗) 石川裕(D)→松山弘(C)乗り替わりは1プラス。重賞3着以内なし。重賞では16,13,12着と通用していない。前走は脚部不安放牧明けでマルターズアポジーを潰しに行き惨敗。

偏差値13位⑫クランモンタナ

熊沢騎乗時(1-0-0-1) 重賞3着以内2回(昨年のこのレース1着)。近走では重賞で振るわず障害を2戦使用。ハンデ56kgは厳しいか。

スポンサーリンク

 


「展開順偏差値表」

f:id:onix-oniku:20170805184649p:plain

「↑」から前に行くと予想される順に並べました

明日の小倉は台風が接近しています。当日の予報だと雨はなんとか大丈夫そうですが、朝からかなり風がキツイです。10m前後の東風と予想されています。小倉競馬場は北から南の縦型の形状なので、馬にとっては強い横風となります。横風の時は道中での位置を上げにくいと言われています。隊列が落ち着いて差し馬は力のある馬でないとなかなか差し辛くなってきます。内枠で前に行けそうなタツゴウゲキヴォージュスピリッツミノルは恩恵を受けやすいと言えます。

スポンサーリンク

 


▼小倉記念 JRA公式データ

データ分析:小倉記念 今週の注目レース JRA


▼今日のメイン▼

それではよろしくお願いします。

↓ランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング

クリックお願いします