馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

降級馬の旬の季節がやってきました(今年が最後!?)

降級馬

先週でダービーが終わり、クラス再編成の時期がやってきました。3歳馬が古馬との混合戦になるので、降級馬が発生します。


降級馬とは?

4歳馬が夏季開催を迎えると、収得賞金額が半額となるため、それまで上位の競走区分にしか出走できなかった4歳馬が、1つないし2つ下の競走区分に出走できるようになる。これを降級と呼び、その対象馬を降級馬と呼ぶ。通常、降級馬は能力が高いので、夏季開催においては降級馬の好走事例が多数見受けられる。

日本の競馬の競走体系 - Wikipedia


このブログでも降級馬を狙えるように全場7R以降の条件戦でクラス分けの表示をしています。

2017年5月28日(日) 東京7~9R 新偏差値表

f:id:onix-oniku:20170531153547p:plain

表の見方

階級の「降」降級馬(オレンジ色)、「4」が4歳馬。これが今週から「3」つまり3歳馬(イエロー)に変更になります。無表示が現級馬となります。※ちなみにクラスが2段階降級する馬も発生します。その場合は「S降」となりピンクで表示されます。

レース番号の下の東7R「45.6」というのは偏差値です。偏差値順位も表示されています。「展開」のところの★は「展開★ウマ」といって展開上有利になる馬です(回収率向上効果あり)。レースが終わると丸数字で3着まで成績が表示されます。

こちらの偏差値表は「明日の厳選軸馬・新偏差値表」記事で、毎週レース前日夜8~10時ごろ更新されます。全場の7~12Rを欠かさず公開しています(未勝利戦は除く)。レース当日のお昼までに更新される「今日のレース」内でも発表されます。こちらは結果も更新しています。

基本的な力関係は

降級馬>3歳馬>現級馬

となります。降級馬は人気薄でもバンバン好走する事が多いのでぜひ狙って行きたいですね。ただし今年でこの降級制度がなくなってしまう、という報道があったので、今年が最後になる可能性が高いです。ぜひ、この旬の時期にオイシイ馬券をゲットされてみて下さい。

スポンサーリンク

 


★今週の重賞★

 

それではよろしくお願いします。

↓ランキングにご協力下さい↓


競馬ブログランキングへ


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング

クリックお願いします