読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

秋G1の結果をまとめたら驚きの事実が!?

馬券率向上委員会

いよいよ秋のG1シリーズも先週のマイルCSで6戦が終わり、あと残すところ年末の有馬記念まで残り5戦となりました。ここでこのブログでの「重賞偏差値予想」、ただ単純に3着までに来た馬を偏差値表からピックアップしてみました。なんとそこにはものすごくシンプルな結果がありました。

偏差値表の見方

重賞予想偏差値表~詳細編~+外厩 - 馬券生活✩競馬で生きていく

スポンサーリンク

 

スプリンターズステークス

f:id:onix-oniku:20161123163207p:plain

秋華賞

f:id:onix-oniku:20161123163253p:plain

菊花賞

f:id:onix-oniku:20161123163353p:plain

天皇賞・秋

f:id:onix-oniku:20161123163443p:plain

エリザベス女王杯

f:id:onix-oniku:20161123163616p:plain

マイルチャンピオンシップ

f:id:onix-oniku:20161123163700p:plain

スポンサーリンク

 

完全に「騎手」が重要

これを見るとやっぱり「騎手」ですよね。ピンク色の「Sレベル騎手」ほとんどが占められています。特にここ3戦は3着まで全てSレベル騎手で独占!となっています。

3着以内に来た回数

S 14回(77.8%)

A 1回(5.6%)

B 2回(11.1%)

C 1回(5.6%)

このブログでは騎手と厩舎を昨年と今年の芝・ダ別に成績(複勝率)ごとにレベル分けをしています。

S(ピンク)35%以上 A(オレンジ)35~30% B(イエロー)30~25% C(無色)25~20% D(ブルー)20~15% E(パープル)15~10% F(ブラック)10%未満

単純にリーディング順ではなく、競馬は「3着以内に来るのが重要」なので複勝率を重視しています。ですから今年、全国リーディング6位の内田博騎手は芝の複勝率だと22%にすぎないので「騎手レベル」だと普通の「Cレベル」となってしまいます。

ちなみにスプリンターズSだけCレベル騎手が来ていますが、これは1200mのレースだと馬の能力重視であまり騎手の腕が問われにくいのと、ミッキーアイル松山弘騎手はこのレースまで同馬に乗り1-1-0-0と相性の良さを見せていたことが出たのでしょう。

S騎手でまわしている!?

Sレベル騎手でも、同一騎手が続けて来るのではなくで「ほぼ順番通り」にMデムーロ・ルメール・ムーアの外国人騎手と、福永・川田・浜中の日本人騎手で交互にまわしている感じですよね。あと戸崎圭騎手もSレベルですが、彼は夏の間に10連続重賞連対というとんでもない記録を作ったのでその反動もあるのかもしれませんね。

こうなるともうほぼCレベル以下の騎手をG1では買いたくないですよね。特に賞金が高いジャパンカップ有馬記念はその傾向が一段と強くなるでしょう。2歳G1はまだ紛れは考えられる気もしますね。

厩舎ももちろん大切

どうしても騎手に目がいきがちですが、やはり「厩舎」も重要です。騎手ほどではないですが、やはり「Sレベル厩舎」の力が大きいです(9回50%)。ただし「外厩」というものがありますのでBやCレベル厩舎も外厩の力を借りて好成績を残していますね。そして「外厩」を見るともう「ノーザンファーム(F)系」のほぼ独占になっています。昔だと好走しにくかったG1での休養明けでも、中10週以上で馬券に絡みまくっています。とくに天皇賞・秋リアルスティール(中20週)エリザベス女王杯ミッキークイーン(中25週)などは人気が上がらなかった理由の一つにもなるでしょう。あとDレベル以下の厩舎は全く馬券に絡めていませんね。

あとはやはり「追切」「展開★」も重要ですね。追切展開外厩で全て無印だったのはスプリンターズSソルヴェイグだけです。その時のクビ差4着のシュウジはバリバリのピンク仕上げで偏差値1位だったのです。

ちなみに重賞偏差値表の高レベル(S・A・B)暖色系で、低レベル(D・E・F)冷色系で作られています。だから、正直、馬の事はよくわからなくても色合いだけを見て馬をピックアップすればそれだけでもバンバン当たりそうですね。いわば幼稚園児の塗り絵感覚で的中できるわけです。

最後は偏差値?

私も実際にこれを並べてみるまでは、ここまで偏っているのかとは思いませんでした。しかしこのブログの重賞「公式3連複買い目」が9ヶ月にわたって回収率240%近くをキープできている理由がわかったような気もします。「偏差値」の結果を見ても、D判定で絡んだのは菊花賞レインボーラインただ1頭だけです。しかし騎手と外厩は「ピンク」でした。C判定で絡んだ秋華賞パールコード天皇賞・秋ステファノスは騎手厩舎が「ピンク」と抑えなければいけない馬だったようです。もちろんこれから先もずっとこうなる、とは言いませんがここまで偏った結果になっている事はキチンと把握しておきたいですね。

今週はジャパンカップですが、ここまでの内容を見るともう何頭かは真っ先に消せる馬がいそうですね。

年内のG1もあと5戦となりました。どんどん的中を積み重ねていきたいですね!


★秋G1過去6戦の当日予想★

スプリンターズステークス(G1) 全頭徹底解説・最終予想 - 馬券生活✩競馬で生きていく

秋華賞 G1SP 全頭徹底解説・最終予想! - 馬券生活✩競馬で生きていく

菊花賞 G1SP 全頭徹底解説・最終予想 - 馬券生活✩競馬で生きていく

天皇賞・秋 G1SP 全頭徹底解説・最終予想 - 馬券生活✩競馬で生きていく

エリザベス女王杯 G1SP 全頭徹底解説・最終予想 - 馬券生活✩競馬で生きていく

マイルチャンピオンシップ G1SP 全頭徹底解説・最終予想 - 馬券生活✩競馬で生きていく


今までのブログ開始から重賞のトータルの収支は(2016年2月27日~)

[ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

95レース中37レース的中(的中率38.9%)

投資金額111,900円 回収金額275,610円

回収率246.3% 純利益163,710円

※1点100円で計算

▼関連記事▼

↓ランキングにご協力下さい↓


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング

クリックお願いします