馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

毎日王冠(G2) 偏差値確定!

いよいよ毎日王冠の偏差値が確定しました!完全に上位3頭で抜け出してしまいました!これはかなり珍しい出方になりましたね。4番手以降は本当に大混戦となってしまいました。あと、今回から新しい要素「展開順」も付け加えました。

 

偏差値表の見方

重賞予想偏差値表~詳細編~+外厩 - 馬券生活✩競馬で生きていく

毎日王冠(G2) 東京芝1800m 2016年10月9日(日)

f:id:onix-oniku:20161008184317p:plain

スポンサーリンク

 

外厩データはJRDV.sp

新要素「展開順」を追加しました!「↑」はスタートしてからの先頭からの位置の順番です


偏差値1位⑩ルージュバック

戸崎圭騎乗時(4-2-0-3) ヴィクトリアマイルはルメール騎乗だったが(その時は戸崎騎手はストレイトガールで1着)、それ以外はすべてこの鞍上が騎乗。重賞は3着以内4回。1800~2000mの距離は全て馬券に絡んでいる

偏差値2位⑦アンビシャス

ルメール騎乗時(3-1-0-0) 横山典(B)→ルメール(S)乗り替わりはプラス。この鞍上とはデビュー戦や重賞勝ちなど相性はバツグン。重賞はルメール騎乗のラジオNIKKEI賞と大阪杯1着。中山記念2着、毎日杯と共同通信杯3着。昨年のこのレースは6着。厳選軸馬に該当。追切展開あり

偏差値3位②ステファノス

川田騎乗時(初騎乗) 戸崎圭(S)→川田(S)乗り替わり。基本的に今までほぼAレベル以上の騎手が騎乗している。重賞は3着以内6回。1600~2000mで非常に安定している。基本的に人気になりにくい馬。追切展開あり

偏差値4位⑧ダノンシャーク

柴田善騎乗時(初騎乗) 岩田康(B)→柴田善(C)乗り替わりはマイナス。基本的にCレベル以下の騎手の時は苦戦している。デビュー戦の松岡騎手以外は全て馬券圏外。重賞は3着以内12回。今年のマイラーズCは2着だったが開幕週の芝での1番枠だった。それ以外は2014のマイルCS1着以来馬券に絡んでいない

偏差値5位①ヒストリカル

横山典騎乗時(0-0-0-2) 田中勝(E)→横山典(B)乗り替わりはかなりプラス。この鞍上とは好走歴がないが、近4走は鞍上のせいで好走できなかった可能性があるのでこの乗り替わりは要注意。重賞は毎日杯1着、きさらぎ賞とチャレンジC2着。ちなみにチャレンジC2着の鞍上はルメールだった。

偏差値6位⑨ロゴタイプ

田辺騎乗時(1-1-0-1) 前走この鞍上で安田記念1着と相性は非常に良い。この鞍上に替わってから馬の行きっぷりもよく侮れない。重賞は3着以内9回。前走をフロックと取るかどうかだけ。追切展開あり

⑫ロサギガンティア

北村宏騎乗時(1-0-0-0) M・デムーロ(S)→北村宏(A)乗り替わりはマイナス。この鞍上は2年半ぶりの騎乗。重賞は3着以内3回。最近は1600m以下を使われる事ばかりだったが1800mはスプリングSを制している。

偏差値8位③クラレント

小牧太騎乗時(2-0-2-7) デビューから手綱を取っていた小牧太騎手に戻っている。重賞は3着以内13回と6年連続馬券に絡んでいる。古豪。1600m前後の左回りを非常に得意としている。

偏差値9位⑤ディサイファ

武豊騎乗時(2-1-1-3) この鞍上でAJCC1着と相性は良い。重賞は3着以内8回。1800~2200mのG1以外で安定している。昨年のこのレース2着。

偏差値10位⑪ウインフルブルーム

柴田大騎乗時(2-1-1-2) 和田(C)→柴田大(C)乗り替わり。鞍上とは皐月賞3着もあり相性は良い。重賞は京都金杯1着、シンザン記念2着、朝日杯FSと皐月賞3着。1年半の休養後2戦して2連対。力は落ちていない。

偏差値11位⑥マイネルミラノ

丹内騎乗時(2-0-0-3) 柴田大(C)→丹内(E)乗り替わりはマイナス。ただし2走前この鞍上で函館記念制覇と相性は良い。最近は柴田大騎手とあまり上手くいっていなかった。重賞は3着以内4回。1800~2000mの距離を中心に使われている。

偏差値12位④ロンギングダンサー

吉田豊騎乗時(1-0-1-4) 前走この鞍上に替わり新潟記念3着と相性は良い。この騎手でもいいのだろうが、もっと上位の騎手に変わればもっと好走できる可能性がある。重賞は新潟記念3着のみ。

 新要素「展開位置順位」

f:id:onix-oniku:20161008184213p:plain

右側の展開位置順位「↑」順に並び替えてみました。

 スポンサーリンク

 

「↑」の数字1ウインフルブルームから順に逃げて行き、2ロゴタイプ、3マイネルミラノと続きます。列の最後尾が12ロンギングダンサーになります。これで「展開★」の役割が明確になります。⑪ウインフルブルーム⑨ロゴタイプの2頭は前に行って残りやすい(最後の直線に入る4コーナーで先頭に立つ確率が高い)、②ステファノス⑦アンビシャスは後ろから差しやすい(上がり3ハロン1位2位を出す確率が高い)、という事になります。

基本的に競馬というのは前に行った馬が残りやすく、後ろから行く馬は強い(上がり3ハロンの脚が抜けている)馬でないと届きにくいと言えます。

「毎日王冠」で見ると、前にいる⑨は展開の利を受けやすく、後ろからの①や④は届きにくいと言えます(同じ位置にいるなら偏差値上位の馬が有利といえます)

※馬場状態やペースは一切考慮していませんので、フラットで平均に流れたと想定しています。

▼明日のデータを更新しました!

アンビシャス「厳選軸馬」に該当しました!

結局上位3頭離した偏差値になりました。しかもその内の1頭が厳選軸馬。果たして3頭で決まってしまうのでしょうか。展開順から見ると、前に行く馬で恩恵を受けそうなのが1頭ロゴタイプですね。

全頭徹底解説・最終予想更新しました▼


[ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

3連複

⑩→①②⑦⑧⑨⑫ 15点


 「厩舎」+「外厩」相性リスト

 アンビシャス(1-1-0-2) ※馬名横はその馬と外厩の相性

音無+ノーザンF天栄 3-3-0-8 複勝率42.9%

 クラレント(2-1-2-7)

橋口慎+大山ヒルズ 1-0-0-9 複勝率10%

 ステファノス(0-0-0-1)

藤原英+ノーザンF空港 0-0-0-4 複勝率0%

 ダノンシャーク(0-2-0-8)

大久龍+吉澤S-WEST 5-4-4-24 複勝率35.1%

 ディサイファ(0-1-0-2)

小島太+ミッドウェイF 3-1-2-12 複勝率33.3%

 ヒストリカル(2-1-0-2)

音無+ノーザンF天栄 3-3-0-8 複勝率42.9%

 マイネルミラノ(3-3-0-6)

相沢+ビッグレッドF鉾田 2-0-1-5 複勝率37.5%

 ルージュバック(4-2-0-3)

大竹+ノーザンF天栄 7-3-2-29 複勝率29.3%

 ロゴタイプ(3-1-1-3)

田中剛+社台F山元TC 1-3-1-17 複勝率22.7%

 ロサギガンティア(0-1-1-2)

藤沢和+ミホ分場 9-10-9-92 複勝率23.3%

スポンサーリンク

 


今までのブログ開始から重賞のトータルの収支は(2016年2月27日~)

  [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

75レース中26レース的中(的中率34.7%)

投資金額87,100円 回収金額206,960円

回収率237.6% 純利益119,860円

▼今週の重賞▼

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

↓ランキングにご協力下さい↓


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング

↑クリックお願いします↑