馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

京都大賞典(G2) 枠順確定

3日間開催の最後、月曜は京都大賞典です。祝日の体育の日が月曜に固定となり、この時期の3日間開催は定番になりましたね。以前は毎日王冠とこの京都大賞典は同日開催だったのですが、違う日にあるとまた別の趣がありますね。出走は10頭です!枠順が確定しました!ラブリーデイは去年は10頭立ての1番枠。今年は10頭立ての10番枠。なにか真逆になりましたね。

▼偏差値が確定しました!

 

偏差値表の見方

重賞予想偏差値表~詳細編~+外厩 - 馬券生活✩競馬で生きていく

京都大賞典(G2) 京都芝2400m 2016年10月10日(月)

f:id:onix-oniku:20161008112857p:plain

 スポンサーリンク

 

外厩データはJRDV.sp

アクションスター

北村友騎乗時(2-1-1-10) 大野(D)→北村友(C)乗り替わりはプラス。デビュー時は騎手のレベルも非常に高かったが、2014年12月に勝って以降は全くの不振が続いている。これは馬が弱いのか騎手がダメなのか・・・重賞は京成杯3着のみ。

アドマイヤデウス

岩田康騎乗時(4-0-2-7) 今年に入りG2で3着2度と相性は良い。重賞は3着以内4回。OPに昇格してから一貫して岩田康騎乗。実は皐月賞以降全てG1とG2のみ使われていて、G2だと全て3着以内(2-0-2-0)。要注意

キタサンブラック

武豊騎乗時(1-1-1-0) 相性はかなり良い。重賞は3着以内8回。というよりもダービーを除くとデビューしてからどんな条件でも3着以内に好走。実は古馬で日本で一番安定している馬

サウンズオブアース

M・デムーロ騎乗時(0-2-1-3) 藤岡佑(C)→M・デムーロ(S)乗り替わりはかなりプラス。前走の15着大敗は騎手が原因の可能性あり。この乗り替わりは大きい。重賞は3着以内6回。OPに昇級してからG1G2しか使われていない。G2は0-4-0-1かなり安定している。昨年のこのレース2着。

タマモベストプレイ

藤岡康騎乗時(初騎乗) 吉田隼(B)→藤岡康(B)乗り替わり。前走はBレベルの騎手で2着。今までほぼCレベル以下の騎手しか騎乗していない。ここは見劣らない可能性もあり。できればSかAレベルの騎手が理想だったが。重賞は3着以内4回。2014のこのレース2着。

ヒットザターゲット

小牧太騎乗時(1-1-1-4) 7走前からこの騎手に替わり、G1以外は1-1-1-1(全てG2)と相性はかなり良い侮れない。重賞は3着以内6回。2013のこのレース1着。厩舎レベルが低いので偏差値は上がらないだろうが、安易に消す事はできない。

ファタモルガーナ

浜中騎乗時(初騎乗) 内田博(C)→浜中(A)乗り替わりはプラス。戸崎騎手で4回中3回馬券に絡んでいる。上位騎手に替わったここは侮れない。重賞は3着以内6回。人気の盲点か。

ヤマカツライデン

池添騎乗時(2-3-2-5) 松山弘から前走この鞍上に替わりOP1着。ダートから芝に変わり6連続連対中。重賞は初挑戦。試金石のレース

ラストインパクト

川田騎乗時(5-1-2-7) 2014のこのレースの勝ちもあり相性は良い。重賞は3着以内9回。今年の2月、松田博厩舎(解散)から角居厩舎へ転厩。以前は菱田騎手登用で成績を落とした事もあったが、この厩舎ならドライにいくだろう。良馬場のレースなら非常に安定している。距離は2000~2400mベスト

ラブリーデイ

ルメール騎乗時(0-0-0-3) 実はこの鞍上だと全てG1だが4着以下。相性は?。重賞は3着以内11回。昨年は2000~2400mで6-0-1-0非常に安定。有馬記念5着以降は苦戦が続いている。距離のベスト2000~2200mで、この距離は1ハロン長い(G2ならこなせるか)。昨年のこのレース1着。

やはりラブリーデイは昨年ここで勝利した時は、2000~2200m当年全勝で来ました。今年は1度も3着以内がなく2400mに挑んできます。鞍上のルメールとも相性がどうか?というところなのでやや疑問視されます。サウンズオブアースラストインパクトはここで巻き返しがありそうです。あとはG1では勝負にならないが、G2だと平気で突っ込んでくる馬も多いですね。

スポンサーリンク

 


「厩舎」+「外厩」相性リスト

 アドマイヤデウス(1-0-0-1) ※馬名横はその馬と外厩の相性です

橋田+ノーザンファーム 1-0-1-10 複勝率16.7%

 キタサンブラック(3-1-3-1)

清水詞+宇治田原優駿S 3-3-6-44 複勝率21.4%

 サウンズオブアース(1-3-0-3)

藤岡健+社台F山元TC 3-5-1-16 複勝率36%

 ファタモルガーナ(3-4-4-7)

荒川+ノーザンFしがらき 3-6-7-23 複勝率41.0%

 ラストインパクト(3-0-1-6)

角居+ノーザンFしがらき 9-10-0-28 複勝率40.4%

 ラブリーデイ(3-3-1-7)

池江寿+ノーザンFしがらき 19-20-7-67 複勝率40.7%

ラストインパクトは松田博厩舎時代もしがらきでしたので、問題はなさそうです。池江寿厩舎はこれだけの数使ってもこの複勝率を維持しているのは素直に凄いですね。キタサンブラックは厩舎外厩の相性を見ると大したことないのですが、この馬1頭で複勝率を上げてる感じがします(この馬以外だと0-2-3-43複勝率10.4%)


[ 今後の更新予定 ]

日曜 偏差値確定、公式買い目発表

月曜 全頭徹底解説、最終予想


今までのブログ開始から重賞のトータルの収支は(2016年2月27日~)

  [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

75レース中26レース的中(的中率34.7%)

投資金額87,100円 回収金額206,960円

回収率237.6% 純利益119,860円

今週の重賞

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

 

↓ランキングにご協力下さい↓


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング

↑クリックお願いします↑