馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

ユニコーンステークス 函館スプリントステークス 偏差値的重賞回顧

先週おこなわれた重賞を振り返っていきます。

 

今週の宝塚記念(G1)はこちら

宝塚記念 G1スペシャルvol.1 騎手厩舎外厩 - 馬券生活✩競馬で生きていく

宝塚記念 G1スペシャルvol.2 枠順確定 - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

まずはこちらから

 

ユニコーンステークス(G3) 東京ダ1600m 2016年6月19日(日)

f:id:onix-oniku:20160618174009p:plain

外厩データはJRDV.sp

f:id:onix-oniku:20160620161623p:plain

偏差値1位→1位→3位で決着。

 

3着と4着は接戦でしたが、上位2頭は完全に力が抜けていましたね。

ダービーと同じ川田騎手とルメール騎手の争いでしたが、こちらも川田騎手が制しました。

 

東京ダート1600mは芝スタートなので、やや外枠が有利なのですが、外枠の「S判定」での3頭の決着となりました。

 

けっこう前日から堅いんじゃないかなとは思っていましたが、まさに人気通りの決着。

ちなみに偏差値1~6位が1~6番人気で。しかも1~6着を独占でした。

人気と偏差値が一致する場合は、人気通りの順当な決着が予想されます。

 

本命党の方は、2頭の馬連や3頭の3連複を一点でゲットされたケースも多いでしょうね。

3連単も買い目を絞って取られた方もいらっしゃるでしょう。

 

当日の全頭徹底解説はお休みしてしまったので、今週の回顧は手短に致します。

 

予想の結果は

  [ 3連複公式買い目 ]

 ⑬→④⑥⑪⑫⑭  10点

 

偏差値1位は2頭(⑫⑬)いたのですが、⑬ストロングバローズが「厳選軸馬」に該当したので、そちらを軸にしました。

 

f:id:onix-oniku:20160619164643p:plain

いちおう的中ですが、ガミリ馬券でした。

1点でいけば回収率は470%を狙えたのですが、どうも1頭は「B判定」の馬が来ると思ったんですよね。

 

偏差値3位のグレンツェントは3着に来ましたが、4着5着は展開★マークの馬が来ましたね。

展開★が無かった④ダノンフェイスは6着だったので、やはり近い偏差値(判定)の場合は「展開★」マークのついた馬を狙うと良いでしょう。

1着2着も「S判定」の中で展開★マークが付いた馬でしたね。

やはり序列付けには役立つと思われます。

 

 

続いてはこちら

 

函館スプリントステークス(G3) 函館芝1200m 2016年6月19日(日)

f:id:onix-oniku:20160618175719p:plain

f:id:onix-oniku:20160620170351p:plain

偏差値15位→1位→9位での決着。 

 

まさかのソルヴェイグがこのレースを制しました!

ただ、この馬の履歴を見ると

フィリーズレビュー1着→桜花賞17着と、G1以外では底を見せてないんですよね。

3歳牝馬なので50kgでの出走。これも大きかったです。

 

しかしソルヴェイグが偏差値15位・・・

偏差値の算出方法にも考慮が必要かもしれません。

しかし2着のシュウジはけっこう離れた偏差値1位でした。

このあたりもいろいろと微妙なトコですよね。

 

ちなみにソルヴェイグは「追切注」+外厩印がありました。

偏差値は低すぎたのですが、3歳牝馬という事で買える要素はあったのかもしれません。

 

 

実はこのレースは、「シュウジ」の単勝で勝負するか、レース前日からず~っと迷っていたのです。

この馬が見せた昨年の小倉2歳ステークスのレースがすごく印象に残っていたのです。

そこから、距離延長、道悪などこの馬にとって100%の力が発揮できる舞台ではなかったのです。

 

そしてようやくベストだと思われる1200mの距離に出てきたのです。

正直、今回はちぎって勝つんじゃないかと、偏差値が算出された時に思ったのです。

 

そして、レース当日迷って迷って・・・

結局買うのは辞めたのです。

 

理由はやはり

    岩田康騎手

どうも最近の彼は、なにかがおかしいです。

成績自体も去年からけっこう落ちてますし、重賞を勝つというイメージが全く湧かなかったのです。

 

そしてレースが始まり、シュウジは道中けっこう良さげな位置取り。

そして最後の直線では僅差ではありますが、勝った!!というレース。

 

実は私はレースをフジテレビ系で見ていたのですが、完全にシュウジが勝ったものだと思い込んでいました。

そしてやはり馬券を買っておけばという後悔・・・

 

しかししかし、写真判定の結果は1着はソルヴェイグでした。

 

これでさらにビックリでした。

やはり「岩田騎手」・・・

 

たしか彼は厄年なのでしょうか。

本当に今年はいろいろと踏んだり蹴ったりの1年になりそうですね。

ちなみにレッツゴードンキも3着だったので、こちらの馬にも交わされていたら立ち直れなかったでしょうね。

 

 

予想の結果は

  [ 3連複公式買い目 ]

③→④⑦⑧⑨⑬  10点

 

シュウジ以外はカスリもしませんでした。ハズレです。

 

 

今までのトータルの収支は

  [ 馬券生活 公式3連複買い目 ]

45レース中16レース的中(的中率35.6%)

 

投資金額55,200円 回収金額142,920円

回収率258.9% 純利益87,720円

 

 

※「チャレンジ3連複最終買い目」は今回はお休みでした。

来週から再開予定です。

 

 

今週は上半期の総決算「宝塚記念」ですね。

ちなみに私はもし鳴尾記念組の偏差値が高かったり「展開★」マークが付いたら、狙ってみようと思っています。

 

このブログも今週はG1スペシャル「宝塚記念」バージョンでいきます!

明日6/21(火)の夕方からvol.1をスタートしますので、よろしくお願いします。

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング