馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

ヴィクトリアM 京王杯SC 偏差値的重賞回顧

先週の重賞を振り返っていきます。

まずはこちらから。

 

ヴィクトリアマイル(G1) 東京 2016年5月15日(日)

f:id:onix-oniku:20160514190707p:plain

f:id:onix-oniku:20160516161934p:plain

偏差値9位→1位→4位で決着。

 

1着のストレイトガールは偏差値9位だったので、

[馬券生活 公式買い目]はハズレました。

チャレンジ買い目も不的中でしたね。

 

ちなみに当日予想はこちら

ヴィクトリアマイル 全頭解説 今日のレース5/15(日) - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

 

せっかくなので、上位に来た馬のレース当日の解説をみてみましょう。

 

1着 ストレイトガール

 

9位 ⑬ストレイトガール 49.7 ✩✩+

このレースは過去3着、1着。スプリンターズSも1着です。

もっと人気になると思っていたのですが、単勝7番人気(11:17現在)。

 

どちらかというと人気になって消えて欲しいと思っていたのですが。

やはり昨年制した時は「外厩」を使っていましたが、今回は使っていません。

「追切」も無印ですね。

正直、昨年よりも今年のメンバーは1枚も2枚も分厚くなっていると思います。

上位の分厚い層は破れないと私は見ます。

やはり、この馬よりも他に買うべき馬は沢山います。

 

2着 ミッキークイーン

 

1位 ⑩ミッキークイーン 61.5 ✩✩✩✩✩

前走の阪神牝馬Sで2着とマイルに適性をみせました。

もともと1600mのクイーンCを2着しているので大丈夫なのかもしれません。

 

2400mのオークスでは1着でしたがこちらは牝馬限定戦。

同じ2400mのJCでは8着と差をつけられました。

もしかしたらこの馬のベストは1600~2000mの可能性もあります。

 

浜中騎手が故障明けでうんぬん言われていますが、もしダメそうなら今回は騎乗しないはずです。

ミルコやルメールが通年騎乗してますから、お手馬をいつ失ってもおかしくない状態です。

ここはベストとはいかなくてもキチンと最低限の騎乗はしてくれるはずです。

 

ショウナンパンドラと比べると、脚はこちらがやや短め。

1600mなら ミッキークイーン>ショウナンパンドラの序列でしょう。

 

3着 ショウナンパンドラ

 

4位 ⑮ショウナンパンドラ 60 ✩✩✩✩+

JC馬です。確かに牝馬同士なら力は抜けているのでしょう。

しかし偏差値1位にはなりませんでした。距離適性が合わないのか。もっと良い馬が他にいるのか。難しいところです。

 

やはり、1600mが合わず、謎の凡走というのも考えられます。

偏差値が同じであれば、こちらよりも⑫をマイル適正の差で上にしたいと思います。

 

あと、前走で馬体重+14kgの456kgでした。これは生涯最高体重です。

前走は3着とはいえ、今回はG1。当日の馬体重が前走よりもさらに増えていたら消しでしょう。ある程度馬体重が減っていないとマイナス要因ですね。

 

 

やはり、かなり恥ずかしいですね。

あれだけ強かったストレイトガールに対して、他に買うべき馬は沢山いるなどと、たわけた事をぬかしていますね。

我ながらメチャメチャ恥ずかしいですね。

しかし、こういう積み重ねも大切だと思いますので、続けていきたいと思います。

 

ミッキークイーンのところで述べた、ショウナンパンドラとの距離適正の差は当たっていましたね。

浜中騎手が完全な状態であれば、もう少しパンドラとの差は開いたかもしれません。

 

1600m ミッキークイーン>ショウナンパンドラ

2000m ミッキークイーン≒ショウナンパンドラ  ※(やや不明)

2400m ショウナンパンドラ>ミッキークイーン

この序列で今後も間違いなさそうです。

 

あと、チャレンジ最終買い目は馬体重が発表された後に更新したのですが、

ショウナンパンドラの-10kgを見た瞬間にイヤな感じになったんですよね。

 

あ、これはほぼショウナンパンドラは来ちゃうな。

ならば、序列的にミッキークイーンも来てしまう。

そうなると、馬券的には堅い決着になるんじゃないかな・・・

 

だから、本命を⑫クイーンズリングにしたのです。

こちらは+10kgでしたが、これをプラスと捉え(結果的にはマイナス)、⑩⑫⑮で決まってもいいかな、との思いもあったのです。

 

本来ならチャレンジ企画でも、偏差値1位を軸にするつもりでしたが今回は非常に混戦だったので少しぶれてしまいました。

 

ちなみに3番人気で4着に敗れたこちらの馬の解説は、

 

4着スマートレイアー

 

7位 ②スマートレイアー 55.6 ✩✩✩✩+

東京新聞杯で突然の逃げに出て、好走。現在1600mを2連勝中です。

以前は直線の長いコースで差し脚を活かすという馬だったのですが、変わりましたね。

連勝中の牝馬にはあまり逆らわない方がいいという事も聞きますが・・・

 

偏差値7位なので「公式買い目」から漏れています。

本命にする、というタイプではないのですが、抑えは当然必要です。

買い目に入れましょう。

 

 

まあ微妙な評価ですね。本当は買いたくないけど公式買い目から漏れているから仕方なく買おう、という意思が読み取れる解説ですね。

結果も4着。極めて微妙でしたね・・・

 

 

続いてはこちら、

 

京王杯スプリングカップ(G2) 東京 2016年5月14日(土)

f:id:onix-oniku:20160513175450p:plain

f:id:onix-oniku:20160516165529p:plain

偏差値3位→14位→1位での決着。

 

ヴィクトリアマイルもそうですが、完全に「戸崎」騎手にやられましたね。

見事に偏差値を粉砕する素晴らしい騎乗でした。

 

このレースで⑬を激走させるんですから、ヴィクトリアMはもう勝って当然という事だったのでしょうね。

 

やはり、トップジョッキーはバイオリズムがあるかわかりませんが、ノっている時はホント手がつけられませんね。

 

ちなみに当日予想はこちら

京王杯スプリングカップ 全頭解説 今日のレース5/14(土) - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

1着 サトノアラジン

 

3位 ⑩サトノアラジン 63.1 ✩✩✩✩+

昨年からG1以外は全て3着以内と非常に安定しています。

反面、勝ち味に遅いとも言えますが。

騎手は「ルメール」から「川田」に乗り替わり。

これはマイナスではありません。

 

脚質的にはダッシングブレイズと被りますね。

⑩と⑯が2頭とも馬券圏内に来ることって考えられるのでしょうか?

そういう面では、軸にはしづらい馬ですね。

「外厩」は使用してないですが、「追切▲」で問題なし。

序列はサトノアラジン>ダッシングブレイズ

でしょうね。

 

 

2着 サンライズメジャー

 

14位 ⑬サンライズメジャー 39.1 ✩✩

過去に、スワンSやマイラーズCで2着があります。

前5走も全て0.5秒差以内と堅実です。

騎手も「戸崎圭」と良いです。

しかし厩舎がレベルE、そして「追切」も無印。やはり厳しいでしょう。

 

 

3着 ロサギガンティア

 

1位 ①ロサギガンティア 67.5 ✩✩✩✩✩

「M・デムーロ」「藤沢」

そして「追切」「外厩」も印あり。

だから偏差値1位になるのでしょうね。

現在1400mを連勝中です。

関西で重賞を勝てる藤沢厩舎の馬は珍しいですね。

潜在能力は相当のものがあるのかもしれません。

 

中19週なのでやや人気が落ちるのでしょう。

マイナス面はありました。

今回の外厩は「ミホ分場」

昨年のオーロCの時は「社台F山元TC」でした(阪神Cは中5週なので外厩使わず)。

 

藤沢厩舎の外厩別成績

「ミホ分場」 7-9-6-74(芝のみ) 複勝率22.9%

「社台F山元TC」 1-1-2-7(芝のみ) 複勝率36.4%

これをどうとるかですね。

 

 

確かに過去のレース履歴を見ると、サンライズメジャーは買える要素はけっこうありましたね。

しかし、「厩舎」レベルがEで「追切」「外厩」とも無印。

偏差値が伸びる要素が少なかったですね。

 

 

ちなみに、1番人気で7着に敗れたこちらの馬の解説は、

 

7着 エイシンスパルタン

 

2位 ⑨エイシンスパルタン 65.3 ✩✩✩+

現在3連勝中です。

逃げなくてもいい先行馬。先行力は非常に高いです。

「追切◎」

おそらくこの馬が売れるのは心理的によくわかります。

ただし、脚質的にG2ですし、他馬の絶好の標的になるのではないでしょうか。

レース中、頭が高く、他馬に絡まれたり、自分の競馬ができなければあっさり敗れる事も考えられます。

 

そして不安要素は「藤岡佑」

今年の東京競馬場の騎乗は0-0-0-0

昨年は0-0-1-3(芝のみ)

 

普段関西で乗り慣れている中堅の関西騎手が、東京競馬場で自分のいつもの騎乗ができるのでしょうか?

しかも今回はG2で、人気馬です。

馬が強ければ大丈夫でしょうが、騎手は明らかにマイナスです。

とてもじゃないですけど、この馬を軸にしようとは思いません。

人気ですし、ヒモが無難です(消しはしません)。

ミルコがこの馬に乗るなら、おそらく勝ち負けでしょう。

でもミルコ騎乗よりも2~3馬身は落ちると思います。

評価は✩5が妥当ですが、騎手のぶんで下げます。

 

 

 

偏差値2位ですが、けっこう叩いています。騎手に対して個人的な好き嫌いはないのですが、「藤岡佑」騎手を、G1や関東の重賞で買おうとは思いません。

しかも今回は1番人気だったので、非常に危ないと思っていました。

 

このレースも馬券は外したのですが、レース見解自体は間違っていなかったと思います。

強いていうなら「戸崎」騎手にやられた・・・という感じです。

 

サトノアラジン>ダッシングブレイズ

この序列も間違っていなかったですしね。

 

 

最後に、[馬券生活 公式3連複買い目]

 

35レース中12レース的中(的中率34.3%)

 

投資金額43,200円 回収金額135,280円

回収率313.1% 純利益92,080円

 

 

  [チャレンジ3連複最終買い目]

2レース中0レース的中(的中率0%)

 

投資金額2,600円 回収金額0円

回収率0% 純利益-2,600円

 

 

今後もこのスタイルでやっていこうと思います。

 

今週はオークス(優駿牝馬)です。

このブログでは、火曜、木曜、土曜にオークス特集(G1スペシャル)を行いたいとおもいますので、ぜひともよろしくお願いします。

 

早く、チャレンジ買い目で的中を狙いたいですね!

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング