馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

皐月賞~G1スペシャルvol.2~枠順確定

お待たせしました!

いよいよ皐月賞の枠順が確定しました。

 

やはり木曜に枠順が発表されるのは、独特の緊張感がありますね。

 

火曜版はこちら

皐月賞~G1スペシャルvol.1~ - 馬券生活✩競馬で生きていく

 

皐月賞(G1) 中山 2016年4月17日(日) 枠順確定

f:id:onix-oniku:20160414174707p:plain

 外厩データは皐月賞 馬番確定 : JRDV.sp

 

 

一つ、気になるのが・・・

「リオンディーズ」

 

水曜の追切後の鞍上のミルコ・デムーロの発言。

「理想は内枠。前を壁にして運んで、4コーナーで射程圏に入れる位置で競馬ができれば。」

【東西現場記者走る】好感リオン我慢利いた! (3/3ページ) - 予想王TV@SANSPO.COM

 

 

と、内枠希望だったのに8枠16番になってしまいました。

もしかしたら、レースではやや掛かって行ってしまって、最後の末脚が鈍ってなにかに差されてしまう可能性もアリという事です。

 

しかし、朝日杯FSは8枠15番で、後方から追込1着。

その時との違いは、阪神芝外回り1600mと中山芝2000m。

 

ゆったり広く直線も長い「阪神芝外回り」と、小回りで直線も短い「中山芝」コース。

追込一手では届かないので、4コーナーではある程度の位置につけておきたい。

 

しかし、外枠なのでムリに前に付けようとすると、レース中掛かってしまう恐れもある。

 

ミルコの長所は、とにかく馬を追う能力が尋常ではないという事。

特に直線の長い、東京や阪神京都外回りコースでその威力を発揮できます。

 

弥生賞のような競馬をしたら、またマカヒキに交わされる事も十分に考えられます。

 

 

それと対照的な騎手がいます。

「ルメール」

小回りコースで馬を器用に扱える技術はもの凄いものがあります。

 

日本で、ディープインパクトに唯一黒星をつけたのが、ハーツクライに騎乗したルメール。

その時は有馬記念で、今回と同じ中山の芝コースでした。

 

先週の桜花賞では完全に裏目を引いたルメール騎手ですが、今回の舞台はピッタリ合った騎手です。

 

ただ、今回はマカヒキではなく、サトノダイヤモンドに騎乗です。

 

マカヒキは川田騎手に変更ですね。このあたりも面白いですね。

 

 

火曜日のブログでは「エアスピネル」を基準としました。

 

マカヒキ≧リオンディーズ>>>エアスピネル

 

この序列をつけました。

はたしてエアスピネルを越える偏差値の馬は何頭出るのでしょうか。

 

現時点での候補としては・・・

 

「サトノダイヤモンド」

「アドマイヤダイオウ」

「マウントロブソン」

 

このあたりでしょうか。

ブログ的には3強ではなく、マカヒキとリオンディーズの2強と捉えています。

 

もちろん偏差値トップがサトノダイヤモンドになる可能性もわずかではありますが、考えられます。

 

現時点では、マカヒキとリオンディーズからの3連複2頭軸流しを勝負馬券に考えています。

 

偏差値が確定するのが土曜日。

 

明日の金曜は、土曜日に行われる「アンタレスS」と「中山グランドJ」の2つを重賞予想で発表します。

 

障害レースは初めてですね。

土曜にできれば資金を増やし、万全の状態で皐月賞を迎えたいですね。

 

重賞に本当に強い「偏差値」

どうかご期待下さい!

 

 

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村