馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

大阪杯(G2) ダービー卿CT(G3) 重賞予想 4/3(日)

お待たせしました。

明日は東西で2重賞です。

 

まずはお待ちかね偏差値ありの確定版。

 

大阪杯(G2) 阪神 2016年4月3日(日)

f:id:onix-oniku:20160402180530p:plain

外厩データはJRDV.sp

 

S判定 ②

A判定 ③⑧⑨

B判定 ⑥

C判定 ①⑦

 

偏差値トップはやはり②ラブリーデイ。

 

それに続くグループが⑧ショウナンパンドラ、③ヌーヴォレコルト、⑨アンビシャスとなりました。

 

やはり予想通りという感じですね。

 

あとは⑥タッチングスピーチ、そして⑦キタサンブラック。

この6頭まででしょうね。

 

残念ながら④イスラボニータには消えてもらいましょう。

 

まず、今週は阪神の芝が

A→Bコース

に変更になりました。

 

差しが効かないという訳にはいきませんが、やはり先行馬に利があるというのは確かですね。

しかも芝内回りコースなので、直線も短い。

 

先行できる強い馬がいたらかなり強力ですね。

 

そういう意味では、やはり馬券の軸は

②ラブリーデイ

ここは外せません。

 

この馬が3着を外すというのは正直考えられませんね。

 

相手はまずA判定のグループ。

③⑧⑨の3頭の中ではやはり

 

③ヌーヴォレコルト

この馬は非常に手堅い馬です。

勝つか?と聞かれれば、答えはNOですが、安定感は尋常ではありません。

 

結局後ろの馬が差し届かなければ、この馬は必ず上位にいるでしょう。

 

そして残りの2頭。

序列をつけるとするならやはり

 

ショウナンパンドラ>アンビシャス

 

中山記念の結果でアンビシャスが売れていますが、やはりJC馬ですよ。

昨年もオールカマーを制していますし、この少頭数であれば確実にショウナンパンドラは差してくるでしょう。

 

むしろアンビシャスは鞍上を考えると、積極的に動いてくれなさそうな感じです。

むしろ人気より下の着順になる可能性も大アリです。

 

ではアンビシャスを上回りそうな馬は・・・

 

タッチングスピーチとキタサンブラックの序列では

 

キタサンブラック>タッチングスピーチ

 

ですね。

タッチングスピーチは中6週なのに「外厩」を使用していません。

 

金曜の時も触れましたが、マイナス要素が気になります。

 

対してキタサンブラックは、とりたててマイナス要素が見当たりません。

展開も恐らく有利に働くでしょう。

 

という事で

②③⑦⑧の4頭に絞りました。

 

馬券は

3連複

②1頭軸流しで、相手は③⑦⑧の3点

これでいいです。

 

これ以外には買いません。

ラブリーデイは1着は少し厳しいと思いますので3連単は迷ってしまいます。

 

前日ではこれまで。

 

この3連複3点で十分だと思います。

 

配分や、もし3連単を追加するなら、当日のブログでアップしますね。

 

 

 

ダービー卿CT(G3) 中山 2016年4月3日(日)

f:id:onix-oniku:20160402181124p:plain

 

S判定 ①⑥

A判定 ⑤⑩

B判定 ⑧

C判定 ③⑪⑬⑭

 

まず、予想をする前に一つ言いたい事があります。

 

日本の芝マイル(1600m)の中で、この中山芝1600mのコースは1番、各馬の正確な能力を発揮できるコースではない!

 

という事です。

独特の楕円形のコースで、枠順の有利不利の差が激しい。

 

基本内枠有利なのだが、荒れる時は外枠から平気で追い込んでくる。

という、非常に掴みづらいコースなのです。

 

ですから、予想はしたとしても全く責任は持てません。

実際オッズが割れ加減なのも、このコースが要因になっているところもあると思います。

 

偏差値トップは⑥サトノアラジン。

ダントツです。この数値はほぼ全要素で満点に近くないと取れないでしょう。

しかも「厳選軸馬」に該当しました。

 

相手は、偏差値だと①⑤⑧⑩の4頭でいいのではないでしょうか。

 

3連複は

①⑥2頭軸流しで、相手は⑤⑧⑩の3点。

 

3連単は

⑥→①→⑤⑧⑩

⑥→⑤⑧⑩→①

この6点でいいです。

 

以上です。

 

能力通りに決まらない、といいながら偏差値通りの予想です。

有力馬が内枠に入った以上、これ以外の予想をするのは私には出来ません。

 

それでは、明日も頑張ってまいりましょう!

 

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村