馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

今週の注目レース 大阪杯(G2) 4/3

今週から、木曜日に出走馬が確定した時点でその週1番の注目レースを取り上げる事にします。

 

今週末はやはり「大阪杯」。

少頭数ですがG1並みの粒ぞろいのメンバーが集まりました。

 

大阪杯(G2) 阪神 4/3 出走馬確定

f:id:onix-oniku:20160331175305p:plain

外厩データはJRDV.sp

 

まだ偏差値が出ていない出走表です(枠順ではないのでご注意下さい)。

 

G1馬が複数集まり、大変興味深いレースとなりそうですね。

 

まずはコース特性から。

 

 [ 阪神 芝 内回り 2000m ]

外回りの芝と比べると直線が約117m短い。

今週から芝はA→Bコースに変更。

当然ながら、逃げ先行馬に利がある。

 

差し追込は、ハイペースになった時か、強い馬でないと少々厳しい。

今週からBコースに変わる分、土曜日の様子を見ないといけないが、先行馬にプラスになる可能性は高い。

 

有力馬で脚質的に見て、多少割り引かなければいけないのは

 「アンビシャス」

 「ショウナンパンドラ」

 「タッチングスピーチ」

 

特に「アンビシャス」は、ルメール騎手から横山典騎手に乗り替わり。

鞍上の性格から考えて、最後方からの追走も考えられる。

ハイペースにならなかった時は、全く届かない可能性もありうる。

 

「ショウナンパンドラ」はオールカマーで小回り中山を克服。

少頭数であれば問題ない可能性が高い。

 

「タッチングスピーチ」は現在絶好調の福永騎手。今年の芝複勝率は驚異の52.9%。

少頭数であれば割引はあまり必要なしか。

 

後はレース前日に偏差値が出るのを待つだけだが、ここで外厩面でチェック。

 

 

「キタサンブラック」

宇治田原優駿Sを使用。デビューからずっと同じ外厩。

中13週だとセントライト記念を制した時とほぼ同じ。問題なく力を出せそう。

 

「ショウナンパンドラ」

ノーザンFしがらきを使用。デビューからずっと同じ外厩。

昨年の大阪杯の時とローテーションはほぼ同じ。

 

昨年は道悪がたたって9着に敗れたが、オールカマーの時は中12週で1着。

問題なし。

 

「ヌーヴォレコルト」

社台F山元TCを使用。デビューからずっと同じ外厩。

中10週以上だと、チューリップ賞2着、ローズS1着、中山記念1着、オールカマー2着と全く崩れなく走っている。問題なし。

 

「ラブリーデイ」

ノーザンFしがらきを使用。デビューからずっと同じ外厩。

昨年の京都大賞典が中14週で1着。

本格化してから2000~2200mは負けなし。問題なし。

 

 

今回の外厩組はマイナス材料が見られなかった。

各馬とも実力をしっかり出せそう。

 

「タッチングスピーチ」

こちらは「中6週」なのに外厩を使用していない。

ローズS1着の時は、中5週で外厩を使用していた。

これはややマイナス材料になる。

 

ここまで見ていって、アンビシャスとタッチングスピーチはマイナス材料が見られた。

 

後の馬たちは実力を十分に発揮できそうなので、あとは偏差値次第だと思われます。

 

こういうレースはわりと実力通りに収まりそうです(人気通りではなくて)。

特に2000mの距離で全能力を発揮できる馬に注意です。

 

日曜が楽しみですね。

 

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村