馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

偏差値結果表 3/26・27

先週の全場9R以降の偏差値結果を振り返ります。

 

偏差値表の

ピンクは「S鉄板馬」、オレンジは「通常の厳選軸馬」、丸数字は着順です。

 

中山 2016年3月26日(土)

f:id:onix-oniku:20160329143845p:plain

中山 2016年3月27日(日)

f:id:onix-oniku:20160329143934p:plain

 

阪神 2016年3月26日(土)

f:id:onix-oniku:20160329144330p:plain

阪神 2016年3月27日(日)

f:id:onix-oniku:20160329144418p:plain

 

中京 2016年3月26日(土)

f:id:onix-oniku:20160329145159p:plain

中京 2016年3月27日(日)

f:id:onix-oniku:20160329145252p:plain

 

この中で、偏差値1~3位で上位独占をしたのが3レース。

 

中山3/26 12レース

中山3/27 10レース

中京3/27 11レース(高松宮記念)

 

そして、偏差値3位以内の馬が馬券に絡まなかったのは「0回

全てのレースで必ず、偏差値3位以内の馬が馬券圏内に来ているのです。

 

 

 

偏差値1位の成績

5-3-2-16

勝率19.2% 連対率30.8% 複勝率38.5%

 

偏差値2位の成績

8-5-6-10

勝率27.6% 連対率44.8% 複勝率65.5% 

 

偏差値3位の成績

4-3-2-15

勝率16.7% 連対率29.2% 複勝率37.5%

 

 

今週は「偏差値2位」の馬の成績が良かったですね。

 

 

これを見る限りでは、偏差値3位までの3頭から流していくか、あるいは偏差値4位以下の馬で狙いの馬がいた場合は、偏差値3位以内の馬に流していく。

 

こういう作戦が良さそうですね。

 

とりあえず偏差値3位以内の馬が馬券の軸になる、

このスタンスでいいのではないでしょうか。

 

もちろん

  

   偏差値=人気

ではないので、単純に上位人気3頭の中から選ぶよりは、はるかに効率が良いと思われます。

 

 

正直、9R以降の偏差値表に関しては、見切り発車的な部分もあったので、こうやって色々と検証していくしかないですね。

 

もし、読者の方で偏差値表をうまく活用されている方がいらっしゃれば、逆に意見をうかがいたいところもあります。

 

ご意見は、このブログのコメント欄か、私のツイッターのアカウントまでお気軽にご連絡下さい。

 

ツイッターでは、基本的にフォローして頂ければ、フォローバックしています。

ダイレクトメッセージ(DM)でメッセージを頂いても構いません。

 

それではよろしくお願いします。

 

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村