馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

弥生賞(G2) 重賞予想

明日は皐月賞トライアルの弥生賞です!

 

弥生賞(G2) 中山 2016年3月6日(日)

f:id:onix-oniku:20160305201904p:plain

 

外厩データは

JRDV.sp

 

偏差値トップは⑩リオンディーズです!

しかし2位3位との差はあまりないですね。

そして3位と4位の差は約10ポイントあります。

 

そしてリオンディーズは「厳選軸馬」にも該当しております。

ただし、「S鉄板馬」ではない通常の厳選軸馬なので、勝ちきるかどうかと言われると、微妙なところです。

 

リオンディーズは外厩の王「ノーザンFしがらき」です。

これは3着を外すイメージはまったく思い浮かばないですね・・・

 

偏差値2位のマカヒキは、中5週なのに外厩を使っておりません。ただし、追切◎ですね。

3位のエアスピネルは「社台F山元TC」

こちらも良い外厩なのですが、しがらきに比べるとワンパンチ足りません。

 

正直、この3頭の争いなのでしょうか?

 

では、馬券は・・・

 

④⑩⑪の3連複1点で!

 

いやいや、今オッズを確認してみるとなんと、

1.9倍

です。

 

こんなの買えませんよ。

というか、むしろこのオッズを見ると、他の馬が1頭紛れ込んでくる気配濃厚じゃないですか。

 

では、3強以外の馬を見てみましょう。

 

偏差値4位が同点で、

①アドマイヤエイカン

③タイセイサミット

ですね。

あとは、偏差値50を切ってしまいます。

 

⑥モウカッテルは気になりますが、

今年に入って、森厩舎の不振が気になりますね。

この厩舎はハードな追切をしてくるので、いつも調教の印はつくのですが・・・

オーシャンSでもネロが馬券圏外へ飛んでしまいました(4着)

 

穴で狙いたい外厩も、今回いませんね。

 

では、①と③を吟味してみましょう。

 

①アドマイヤエイカン

おっと、追切と外厩に印がついてませんね。

これはちょっと、大きなマイナスです。

しかし、連闘なので追切の印がつかなかった、という見方もあります。

 

今回、初ブリンカーですか。

しかし、最内の1枠・・・

うーん、あんまり好ましくないですね。

 

では、

③タイセイサミット

こちらは、追切と外厩の両方に印がついています。

しかも「グリーンウッド」です。

これならば、健闘する可能性はありますね。

 

3強が、それぞれ力を発揮すれば太刀打ちできないですが、3強の3連複は買わないとすれば、この馬を選ぶのは、アリですね。

 

3強では決まらない

リオンディーズは3着は外さない

 

それであれば、選択は

3連複

③⑩2頭軸流しで

相手は④と⑪の2点で。

オッズは③④⑪が19.9倍。

③⑩⑪が9.4倍。

これなら何とか買えるオッズになります。

 

あとは、3連単

厳選軸馬的思考でいくと、

リオンディーズは2着か3着。

タイセイサミットは、さすがに1着は厳しい。

 

となると、買い目も決まってきます。

3連単

④⑩③

④③⑩

⑪⑩③

⑪③⑩

ん・・・4点で済むのですか。

なにか抜けているような気がするのですが・・・

 

いえ、これでいいですね。

不必要な馬券は買わないほうがスッキリします。

 

3強で決まったら仕方がないですし、リオンディーズは1番人気なので、勝たないほうに賭けるなら、期待値を考えるとこのあたりがよさそうですね。

 

きさらぎ賞でも、割り込んできた内田博騎手に期待しましょう。

 

個人的には、リオンディーズは直線の長い、阪神外回りや東京でアタマに狙い、中山や京都の内回りで評価を少し落とすというイメージなのではないでしょうか。

 

まあ、3強の3連複でオッズが4倍以上つくなら、黙ってそれを買うんでしょうけどね。