馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

中山・阪神・小倉9R以降偏差値表 3月5日(土)

全場の9R以降の偏差値表です

 

中山 2016年3月5日(土)

f:id:onix-oniku:20160304212937p:plain

 

阪神 2016年3月5日(土) 

f:id:onix-oniku:20160304213019p:plain

 

小倉 2016年3月5日(土) 

f:id:onix-oniku:20160305140659p:plain

 

 表のオレンジ色は「厳選軸馬」に該当した馬です。

 青色は「危険馬」に該当した馬です。

 

 

厳選軸馬については

 

baken-seikatsu-jra.hatenablog.com

 

大変申し訳ございません。

こちらの手違いで、先ほどアップした記事が消えてしまいました。

 

あらためてアップしますが、先ほどのブログの内容が消えてしまいました(汗)

 

まだ、ブログを始めたばかりで、慣れないことが多かったという事もありますが、本当に申し訳ないです。

 

その「消えた」内容ですが

 

かいつまんでいいますと、

小倉で、厳選軸馬の偏差値が低いのではないか、という内容です。

 

もともと厳選軸馬とは、人気馬がより走れるための条件を追求したものです。

 

そして、偏差値は、いかに出走馬の相対関係をハッキリさせるものか、というものです。


例をあげると、

 

小倉12R

⑨ベルリネッタは

厳選軸馬ですが、偏差値は5番手です。

 

これはどういう事だ、と思われる方もいらっしゃると思いますが、ベルリネッタを管理する田中章調教師は、昨年の芝レースで複勝率8.6%(4-2-3-6-96)という成績でした。

これでは、まったく偏差値は伸びません。

 

しかし、そのベルリネッタ自身は、前走で小倉で2着と堅実に走っています。

 

もともと、厳選軸馬というのは、いかにその人気馬が実力を発揮することができるのか?

というものに絞ったものであります。

 

しかし、偏差値は、他馬と比べていかに相対的に、その馬が能力を発揮する事ができるか?

という事で、多少ベクトルが違うのです。

 

ベルリネッタは、前走小倉で2着、この厩舎としてはかなり走る部類の馬でしょう。

そして、今回はこの厩舎にしてはかなりのいい出来である。

 

ですから、この馬としては、今走期待値はかなり上昇するでしょう。

 

という内容です。

 

多少、あやふやなところはありますが、完全複製できなかったものですから、本当に申し訳ありません・・・

 

 

どうか、厳選軸馬と偏差値の関係にもご注目下さい!

 

不手際ありまして、大変申し訳ございませんでした。

 

 

 

よければこちらをクリックして下さい(ランキング参加中)

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

horserace.blogmura.com