馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

思い出の馬券~ロゴタイプ~

そういえば2月28日の中山記念。

すっかり影が薄くなってしまいましたが、出走していましたね

ロゴタイプ

 

けっこう私はこの馬には色んな思い出があります。

 

 

初めてこの馬を注目する事になったのが、2012年朝日杯フューチュリティステークス。

この時の1番人気はコディーノ。単勝1.3倍の圧倒的人気でした。今考えると、何でそんなオッズに?と思ってしまいますが、やはり関東の藤沢厩舎。過剰人気になってしまったのでしょう。

しかし結果はロゴタイプが1着。コディーノは2着でした。

この時、私はラブリーデイを買っていました。え、出走してたの?って思われる方もいらっしゃると思いますが、ラブリーデイもけっこう早くから王道路線を走っていましたね。結果的には先物買いすぎたようですね。まさか2015年、ラブリーデイがあんなに勝ちまくるとは夢にも思いませんでした。

 

 

そしてロゴタイプは次走、皐月賞のトライアル、スプリングステークスに出走、見事勝利します。この時、騎手はミルコ・デムーロから、弟のクリスチャン・デムーロに乗り替わっていたのですが、問題はなかったみたいですね。

 

 

そしていよいよ皐月賞へ。

この時の出走馬は

皐月賞 中山 2013年4月14日

f:id:onix-oniku:20160302090409p:plain

 

意外に混戦です。普通、2歳チャンピオンがトライアルをしっかり勝って出てきたら、圧倒的1番人気になると思いますが、2番人気のエピファネイアとの差はわずかですね。

この馬は名前もそうですが、どうにも地味なタイプなんですよね。

大物感がないというか・・・

 

実際、私もこの時のロゴタイプの取捨には悩まされました。

掲示板(5着以内)は恐らく外さないとは思うが、勝ちきる印象もあまりないな。

という感じでどうしても本命にはしづらかったのです。

 

あとはスプリングS組ではなくて、もうひとつのトライアル、弥生賞組の巻き返しに注目していました。

 

弥生賞は1番人気のエピファネイアが4着、2番人気のコディーノが3着、とけっこう波乱になりました。

 

この時は人気薄のミヤジタイガ(10番人気)を拾えたので、馬券をとる事ができました。

f:id:onix-oniku:20160302091901p:plain

f:id:onix-oniku:20160302091942p:plain

馬券はコディーノから3連複をばらばら流して、46点も買っています。あとから追加した馬券もあるので重複(画面の赤文字は重複の馬券です)もあり、3連複343.1倍を200円買っています。

※全部の買い目は長くなるので一部のみ

 

 

 

 

 

 

 

さて皐月賞に話を戻しますが、ここは上位人気の馬が強そうだと思い、エピファネイアとコディーノで勝負する事にしました。

 スポンサーリンク

 

結果は

f:id:onix-oniku:20160302093023p:plain

f:id:onix-oniku:20160302093058p:plain

シンプルですね。

ワイド1点勝負(エピファネイアとコディーノ)、あとは抑え1点のみ(保険で掛金回収のため)。

結果は、1着ロゴタイプ、2着エピファネイア、3着コディーノ。

 

 

私はよくやっていたのですが、どうしても買いたくない人気馬がいる時は、ワイドを買います。理由は、その馬が好走しようがしまいが、狙いの馬が来てくれれば必ず的中するからです。

あとは、このケースとは違いますが、何か変な馬が1頭くらい来そうだなという時もワイドを抑えるようにしています。

 

いま思い直すと、3連複が12.1倍もついていたのですから、そちらも買っておけよ!と考えてしまいますが、まあロゴタイプを買わないと決めていたので仕方ないですね。

 

今でも覚えているのですが、この時はエピファネイアとコディーノではなく、ロゴタイプの事ばかり考えていました。

ロゴタイプの取捨に1週間悩み続けて、結果1着。

もちろん勝負馬券はしっかり的中しているのですが、レース結果には正直、釈然としない思いもありましたね。

もしエピファネイアとコディーノの馬連で勝負していたら目もあてられなかったでしょう。

 

 

そうなると次は、ダービー

 

日本ダービー(東京優駿) 東京 2013年5月26日

f:id:onix-oniku:20160302095010p:plain

1番人気はキズナ、そして2番人気はロゴタイプ、3番人気がエピファネイアでした。

やはりロゴタイプは地味ですね。

皐月賞馬(しかも2歳チャンピオン)が1番人気を譲ってしまうとは・・・

 

しかしこれはある意味仕方ないかもしれません。

そうです、キズナがいたからです。

命名の由来、鞍上は復活が期待される武豊、そして追い込み脚質。

もう人気になる要素満載ですね。

私はキズナは買いませんでした。人気に実力が伴っていないと。

軸はエピファネイアでした。

正直、福永騎手がダービー勝てるかどうのよりも、この馬が実力では1番だと思いました。

キズナは買わない。

ならばここはやはりワイド作戦ですよね。

エピファネイアは3着以内は鉄板。ならばあとは相手を間違えなければ・・・

 

そうです、ここで彼です。

ロゴタイプです。

本当に悩んで悩んで悩み抜きました。

果たして2400mの距離は持つのか?

でもキズナが過剰人気になっている分、実力ではエピファネイアの次にロゴタイプが来るんじゃないか。

エピファネイアは皐月賞が終わった時点で、次のダービーはくるのは間違いないと思っていたのですが、ダービーの週はもう、ロゴタイプをどうするかで頭がおかしくなりそうでした(笑)

ちなみにコディーノは皐月賞3着で見切りました。この馬はどう考えてもロゴタイプより弱いなと。

 

 

そして私の馬券と結果は

f:id:onix-oniku:20160302100431p:plain

f:id:onix-oniku:20160302100500p:plain

見事に散りました・・・

1着はキズナ、2着にエピファネイア、3着はアポロソニック。

そしてロゴタイプは3着と僅差の5着でした。

直線ではエピファネイアが抜け出し勝つか、と思われたところ、外からキズナは一気に抜き去りました。

ロゴタイプは3着あるか!と思わせましたが直線でじわじわとしか伸びず、内のアポロソニックをとらえられませんでした。

 

ええ、もう本当にショックでしたよ・・・

レース前は自信マンマンで、当たったら何買おうか、ぐらいの勢いでしたからね(笑)

 

ただこの時は、実は騎手がミルコではなく、弟のクリスチャン・デムーロだったんですよね。

実はずっと、このダービーの時、もしミルコだったら3着に来ていたんじゃないかと思いつづけていました。

 

 

その後、ロゴタイプはずっと1800mから2000mの距離を使い続けられ(ダートは例外)

はたしてロゴタイプは2000mを超えても距離は持つのか?という事は分からずじまいでした。

 

 

しかし2015年9月

とうとうロゴタイプが2000を超える距離にでてきました。

オールカマー(2200m)ですね。

しかも鞍上はミルコ!

 

しかし結果は・・・

4着

やはりダービーの時にミルコが乗っていても、3着は厳しかったようです。

 

今でもロゴタイプが出走すると、あの時のいろいろ悩ましい思い出が蘇ってきます。

ひたすら地味ですが、私に大きなインパクトを与えてくれた馬。

それがロゴタイプです。

それではよろしくお願いします。

 

ランキングにご協力下さい


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

KLAN競馬ブログランキング


  ブログの更新スケジュールについて

月曜(18時頃) 偏差値的重賞回顧

   先週おこなわれた重賞を回顧します

火曜(18時頃) 「厳選軸馬」「新偏差値表」 結果編

   先週の厳選軸馬と新偏差値表の結果を振り返ります

木曜(18時頃) 今週の重賞出走馬確定

   重賞の出走馬を全頭外厩付きで発表します

金曜(21時前後) 「厳選軸馬」「新偏差値表」土曜版

   土曜の厳選軸馬と新偏差値表の更新です

土曜(朝10時前後) 「今日のレース」

   当日のポイントや結果を更新していきます

(21~22時前後) 「厳選軸馬」「新偏差値表」日曜版

   日曜の厳選軸馬と新偏差値表の更新です

日曜(朝10時前後) 「今日のレース」

   当日のポイントや結果を更新していきます

 

※重賞がある場合は

レース前日(金or土)18時前後 「重賞偏差値予想(偏差値確定版)」

   重賞を偏差値(完全無料指数)で予想していきます

レース当日朝9時前後 「全頭徹底解説」

   出走全馬を解説しより深く序列をつけていきます

※G1の場合はイレギュラーで「G1スペシャル」大特集します

 


それから、最後にこのブログでの私の競馬への考え方に深く関わっているサイト等を紹介します。

www.jrdb.com

競馬に関するほぼあらゆるデータが集まっています。初めはリアルタイムでのパドック

情報配信に興味があったのですが、「能力」「展開」「調教」「騎手」「厩舎」「オッ

ズ」「パドック」「外厩」等、あらゆるものが指数化されています。

アナログなものもデジタルに変換している感じですね。


f:id:onix-oniku:20160706194945p:plain

馬券裁判“本人”が初めて明かす! 「馬券裁判 ─競馬で1億5000万円儲けた予想法の真実─」

実際に競馬で1億円以上を稼いで馬券裁判になった「卍氏」の競馬に関する考え方が記

載された本です。私がこのブログで「偏差値」を開発して発表するきっかけになったの

がコレです。色々なデータを組合せて自分独自の指数を作成していく。実際に競馬で稼

いだという事実があるので重みが違います。もちろん指数だけではなく、馬券の買い方

がいかに重要かという事がハッキリわかります。

※「卍氏」の新刊も発売予定です

f:id:onix-oniku:20160706200040p:plain

1億5000万円稼いだ馬券裁判男が明かす 競馬の勝ち方


f:id:onix-oniku:20160706201547p:plain

外厩ブラックボックス馬券術 (競馬最強のハンドブック) 

 「外厩」といったらコレです。外厩という競馬新聞にも載っていない制度。これがいか

にJRA競馬を攻略するのに必要かがわかります。賞金の高い高額条件の重賞(とくにG1)

がなぜ外厩使用馬で埋め尽くされるのか・・・

このブログの「重賞偏差値予想表」に外厩データが入っている理由の一つです。


 f:id:onix-oniku:20160706203811p:plain

▼書籍版競馬王 2016年 07 月号 ▼Kindle版競馬王 2016年07月号 [雑誌]

こちらもかなり長いあいだお世話になっています。昔は月刊誌だったのですが、現在は隔月刊で発刊となっています。


それではよろしくお願いします。