馬券生活☆競馬で生きていく

「偏差値」で競馬を徹底的に攻略するブログです!

中山・阪神・小倉9R以降全馬偏差値表 2月28日(日)

全場の9R以降の偏差値表です

 

 

中山 2016年2月28日(日)

f:id:onix-oniku:20160228002849p:plain

 

阪神 2016年2月28日(日)

f:id:onix-oniku:20160227230517p:plain

 

小倉 2016年2月28日(日)

f:id:onix-oniku:20160227230612p:plain

 

少しいじりました。

画面のオレンジ色は厳選軸馬の該当馬です。

重賞競争も表に含まれています。

 

 

2月28日は9R以降に厳選軸馬が多いですね。

せっかくなので、レース締切5~10分前くらいまでオッズを見て買える方向けの馬券術を。

 

厳選軸馬のいるレースで、

厳選軸馬から3連複1頭軸流し

自動的に相手を偏差値順に5頭選びます。

これで3連複10点です。

そしたらオッズを見て、30倍未満の買い目はカットしていきます。

これで3点~5点くらい削れます。

そして後はちょい荒れを期待して待つだけ。

このやり方だと、人気通りで決まったら仕方ないと割り切って、30倍~100倍くらいの馬券を効率よく獲っていけるやり方です。

掛金の30~50%を減らす事ができるので回収率アップも当然期待できます。 

 

厳選軸馬がいて、実際に3着以内に来るレース(確率約77%)だと、3連複はだいたい3パターン

①ガチガチで決まる(10倍未満)

②50倍前後

③変な馬が来て大荒れ(最低人気とか)

 

①だと1,2点で取らないと厳しいですよね。

③だと下手したら総流しが必要。

よって②のところを効果的に獲っていこう、という訳です。

1点100円でもいいと思います。

 

PATでオッズ見ながら買える方にはうってつけですね。

というか、私はもうPATなしでは馬券が買えない体質になってしまいました。